1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • 大山加奈

    大山加奈から見た全日本バレーボール小学生大会

    小学校2年生よりひまわりバレーボールクラブでバレーボールを始めた。小学生時代は喘息の発作に襲われる日々であったが、ハンデをバレーボールに打ち込むことで克服した。6年生時で身長が175cmあり、全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇を成し遂げた事によって、バレーの金の卵と注目される存在になった。成徳学園中学に進学。成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、主将としてインターハイ・国体・春高バレーの3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇を経験した。大山加奈 フレッシュアイペディアより)

  • 大山加奈

    大山加奈から見た腰部脊柱管狭窄症

    2008年、全日本代表候補選手に登録されたが、腰痛が回復せずに辞退。同年8月開催の北京オリンピック出場を断念した。同年9月、2006年7月26日付を最後に休止していたブログを再開し、脊柱管狭窄症のため、8月に手術を受けていたことを公表した。大山加奈 フレッシュアイペディアより)

  • 大山加奈

    大山加奈から見た日本バレーボールリーグ機構

    2010年6月、現役を引退し、東レ一般社員となった後、8月3日より日本バレーボールリーグ機構に出向。2011年7月東レに復帰。当面は広報室に籍を置いて、バレーボールの普及活動にあたっている。その年のワールドカップでフジテレビバレーボール中継にリポーターデビューした。大山加奈 フレッシュアイペディアより)

  • 大山加奈

    大山加奈から見た2006年バレーボール世界選手権

    2005年、持病である腰痛治療に専念するため、ワールドグランプリを欠場したが、同年11月開催のグラチャンで全日本代表に復帰。2006年、ワールドグランプリに出場したが、同年9月より右肩関節不安定症のため長期離脱し、世界選手権の出場は果たせなかった。大山加奈 フレッシュアイペディアより)

  • 大山加奈

    大山加奈から見た東京都

    東京都江戸川区出身。実妹の大山未希はビーチバレー選手。大山加奈 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示

「大山加奈」のニューストピックワード