前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示
  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た大島康徳大島康徳

    、新人の西崎幸広が15勝を挙げる活躍を見せ、チーム成績は3年ぶりのAクラスとなる3位。同年をもって、後楽園球場は閉鎖。同地(文京区後楽)で建設中の東京ドームへ巨人とともに移転することとなる。オフに大宮龍男・田中富生が大島康徳・曽田康二との交換トレードで中日に移籍。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た大島康徳大島康徳

    は、移籍してきた大島康徳から野球に対する姿勢やバッテイングについて大きな影響を受けた。キャンプ中盤で右太もも痛でリタイアして小川浩一にレギュラーの座を脅かされかけたが、オープン戦中盤には復帰し、5月中旬にはクリーンナップで起用されるようになった。同年のオールスターゲームにはファン投票1位で選出され、第3戦では7番・遊撃手としてスタメンで起用されている。同年は打率.277、16本塁打の成績で初のベストナインとゴールデングラブ賞を獲得した。なお、この受賞については「この年も失策は17個で、石毛宏典が三塁手にコンバートされるなど、たまたま他球団のスタメンが固まっていなかっただけ」と田中自身は後に語っている。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:石川洋、解説:大島康徳2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:小野塚康之、解説:大島康徳2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:石川洋、解説:大島康徳2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た大島康徳大島康徳

    2000年頃から「引退後は吉本興業へ」と周りに薦められていた。当時の大島康徳監督からも「目立つのはいいことだから、どんどんやりなさい」と言われたことがある。この頃からお立ち台ではアントニオ猪木ばりに「1、2、3、まいど!」と挨拶したり(これをやる前にインタビュアーに「マイクを貸してください」といって自らがマイクを持つ場合があった)、背中に「まいど!」と書かれたTシャツを着るなどのパフォーマンスを始めていた。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本シリーズ

    1982年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    中日先発は都裕次郎。しかし先頭打者・石毛宏典のライナーを左足首にあててわずか打者1人、6球で降板のアクシデント。急きょ藤沢公也がマウンドに登ったが、準備不足は明らかで、山崎裕之の送りバントで1死二塁となったあと、スティーブ・オンティベロス、田淵に連続四球で1死満塁。ここでテリー・ウィットフィールド、大田の連打でいきなり4点を奪った。2回にも3番手の堂上から石毛、山崎、スティーブの3連打と田淵の犠牲フライで2点を追加、第1戦に続いて西武の一方的ペースとなった。しかし広岡監督は用心深い采配を見せ、4回2死一・二塁代打大島康徳という場面で先発の杉本正をあっさり交代。代わった小林誠二が後続をぴたりと抑えた。中日は9回、森繁和から1点を奪い完封負けを逃れるのがやっと。西武が敵地2連勝で所沢に戻ることになった。1982年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た大島康徳大島康徳

    1981年から近藤貞雄が監督に就任。初年度は5位に終わるも、翌1982年には星野や木俣達彦などのベテランに代わり、平野謙や中尾孝義、上川誠二らの若手を登用した。他の野手では大島康徳や田尾安志、ケン・モッカ、宇野勝、谷沢ら、先発には郭源治、都裕次郎ら、リリーフには牛島和彦の活躍があった。「野武士野球」と呼ばれる攻撃的な打線、継投を駆使する投手起用を見せた。シーズン後半になると巨人との優勝争いになるが、日本プロ野球記録の19引き分けを記録したため、シーズン終盤に2位で優勝マジックナンバーが点灯。10月18日、横浜スタジアムでの対横浜大洋ホエールズ最終戦は中日が勝てば中日優勝、大洋が勝てば巨人優勝という天王山。この試合は小松辰雄の完封勝利によって8年ぶり3度目のリーグ優勝を決める。結果としては2位の巨人とは0.5ゲーム差という大接戦だった。日本シリーズは西武ライオンズと対戦、2勝4敗で敗退。この年限りで星野仙一が引退。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    NHK衛星第1・NHK-BSハイビジョン 実況:石川洋 解説:大島康徳・荒木大輔2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・デイエット

    ブライアン・デイエットから見た大島康徳大島康徳

    に日本ハムファイターズに入団。球団としては異例の4年契約を結び、前年35本塁打のトニー・ブリューワ、中日ドラゴンズから移籍の大島康徳とのクリーンナップに期待が集まったが、その構想は開幕前にあえなく崩壊。ブリューワは腰痛で1年を棒に振り、デイエットも足の付け根を痛め開幕に間に合わず、結局この年は35試合出場にとどまり期待を裏切った。しかしチームは、途中入団のマイク・イースラーとこの年急成長を遂げた田中幸雄の活躍で辛うじてAクラスを死守。ブライアン・デイエット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
115件中 1 - 10件表示

「大島康徳」のニューストピックワード