前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た大島康徳大島康徳

    新人の西崎幸広が15勝を挙げる活躍を見せ、チーム成績は3年ぶりのAクラスとなる3位。同年をもって、後楽園球場は閉鎖。同地(文京区後楽)で建設中の東京ドームへ巨人とともに移転することとなる。オフに大宮龍男・田中富生が大島康徳・曽田康二との交換トレードで中日に移籍。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た大島康徳大島康徳

    は、移籍してきた大島康徳から野球に対する姿勢やバッティングについて大きな影響を受けた。キャンプ中盤で右太もも痛でリタイアして小川浩一にレギュラーの座を脅かされかけたが、オープン戦中盤には復帰し、5月中旬にはクリーンナップで起用されるようになった。同年のオールスターゲームにはファン投票1位で選出され、第3戦では7番・遊撃手としてスタメンで起用されている。同年は打率.277、16本塁打の成績で初のベストナインとゴールデングラブ賞を獲得した。なお、この受賞については「この年も失策は17個で、石毛宏典が三塁手にコンバートされるなど、たまたま他球団のスタメンが固まっていなかっただけ」と田中自身は後に語っている。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た大島康徳大島康徳

    キャンプイン直前に西沢監督が十二指腸潰瘍の悪化により辞任、杉下茂が監督に復活。4月20日から5月1日まで9連勝するが翌日から8連敗を喫するなどチーム状態が安定せず。5月16日、ノースリーブユニフォームが登場した阪神戦で連敗が止まるが、5月29日から11連敗。6月12日に止まったものの翌日から連敗。3回目の7連敗となった6月24日に杉下監督が解任。本多逸郎二軍コーチが監督代行となるものの8月24日から再び11連敗を喫するなど立ち直る気配が見られず、2リーグ分立以降初めて同一リーグの全球団に負け越しての最下位となる。オフに元巨人・東映監督の水原茂が監督に就任。ドラフトでは1位で星野仙一、3位で大島康徳、6位で竹田和史、9位で島谷金二と、後に1974年の優勝に主力として活躍する選手を獲得。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:石川洋、解説:大島康徳2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ベースボール

    週刊ベースボールから見た大島康徳大島康徳

    週ベが創刊以来売りにしてきた企画として、各選手の打撃フォーム、投球フォーム紹介も挙げられる。これは、各選手のフォームの連続写真を掲載し、OB選手の解説を加えたもの。8ミリやアイモ改造機を経て、現在はビデオ撮影したものが誌面に掲載されている。創刊当初は今ほどビデオなどが普及していなかった時代背景もあいまって、選手のみならず、プロ野球選手を志す少年の読者層にも人気を博した。現在は薮恵壹、大島康徳、柴原洋が解説を務めている。週刊ベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:小野塚康之、解説:大島康徳2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:石川洋、解説:大島康徳2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の野球

    1987年の野球から見た大島康徳大島康徳

    9月17日 - 中日の大島康徳がナゴヤ球場での対大洋26回戦の六回裏に代打で出場して12号3点本塁打を放ち、これで通算代打本塁打が16となり淡口憲治の持つセ・リーグ最多代打本塁打15を更新。1987年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の野球

    1988年の野球から見た大島康徳大島康徳

    日本ハムの大島康徳が東京ドームでの対近鉄11回戦に出場し、プロ通算2000試合出場を達成。1988年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:横山哲也(BK)、解説:大島康徳、リポーター:小野塚康之(PP、オリックスサイド・ヒーローインタビュアー)、宮田貴行(IK、日本ハムサイド・監督インタビュアー)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「大島康徳」のニューストピックワード