115件中 91 - 100件表示
  • 野口寿浩

    野口寿浩から見た大島康徳大島康徳

    にはチームが優勝争いする中でチーム3位の打率.298を残した。8番を打たせる大島康徳監督のユニークな起用が功を奏し、チームは1試合の平均打率.278を記録。これは平成時代の歴代3位の記録である。さらに平均打点は5・4打点で、歴代1位の近鉄バファローズ(2001年度)を上回る。野口は「ビッグバン打線の恐怖の8番」と言われた。同年は松井稼頭央と同数の、捕手としては珍しいリーグ最多三塁打(11本)を放ち、得点圏打率もリーグトップを記録した。オールスターにも二度出場。エース岩本の不調等がありダイエーと西武に敗れて3位に終わる。野口寿浩 フレッシュアイペディアより)

  • 金村曉

    金村曉から見た大島康徳大島康徳

    は初の開幕投手を務めた。故障がちだったため監督の大島康徳が完投させず起用した結果、故障なく初めて1年ローテーションを守りきり、規定投球回にも到達という最低限の役割を果たしたものの、7勝13敗、防御率4.89と不振。故障のリハビリでウェイトトレーニングなどで肩を鍛え、この年から故障での離脱はしなくなった。金村曉 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松球場

    浜松球場から見た大島康徳大島康徳

    同年7月4日の中日-ヤクルト戦では、当時最下位のヤクルト相手に中日は大敗し、しかも試合終盤には変な選手変更をした結果、大島康徳が5年ぶりに三塁を守ることになる等中日ベンチが混乱。翌日、山内一弘監督の休養が発表されたため、この試合が山内にとって中日の指揮を執った最後の試合となった。浜松球場 フレッシュアイペディアより)

  • 打撃 (野球)

    打撃 (野球)から見た大島康徳大島康徳

    大島康徳『ぐんぐんうまくなる!バッティング』2007年、ベースボールマガジン社、ISBN:ISBN 978-4583100531。打撃 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の野球

    2002年の野球から見た大島康徳大島康徳

    10月5日 - 日本ハム・大島康徳監督の解任が発表される。2002年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 満塁

    満塁から見た大島康徳大島康徳

    最年長満塁本塁打 - 43歳6ヶ月、大島康徳(1994年5月4日)満塁 フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た大島康徳大島康徳

    同郷の後輩であり、中日コーチ時代のチームメイトでもある大島康徳を「ヤス」と呼んで弟のように可愛がっていた。また、ロッテ監督時代の教え子だった落合博満から良き理解者として慕われ、ロッテ監督を解任された際、落合は「稲尾さんのいないロッテにいる必要がない」と中日ドラゴンズに移籍した(詳しくは落合の項を参照)。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の野球

    1974年の野球から見た大島康徳大島康徳

    巨人の長嶋茂雄の引退試合が行われる(対中日ダブルヘッダー、後楽園)。中日は与那嶺要監督や星野仙一ら主力選手が名古屋市内で優勝パレードを行なっていたため、近藤貞雄ヘッドコーチが監督代行として指揮を取り、大島康徳を始めとする控え選手で試合を行った。1974年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 正田樹

    正田樹から見た大島康徳大島康徳

    ルーキーの、新人監督大島康徳に一軍で登板機会を与えられ、同年のフレッシュオールスターゲームに1歳上の同僚実松一成と共にイースタン・リーグ選抜先発バッテリー務めウェスタン・リーグ選抜先発投手の同じ1位指名の高卒新人左腕河内貴哉と投げ合った。この年は日本ハムの商品「ナポリピザ」のCMにも起用されていた。正田樹 フレッシュアイペディアより)

  • NHKプロ野球

    NHKプロ野球から見た大島康徳大島康徳

    大島康徳(1995年 - 1999年、2003年 - )●NHKプロ野球 フレッシュアイペディアより)

115件中 91 - 100件表示

「大島康徳」のニューストピックワード