133件中 11 - 20件表示
  • 1990年の野球

    1990年の野球から見た大島康徳大島康徳

    8月21日 - 日本ハムの大島康徳西宮球場での対オリックス19回戦の六回表に中前安打を打ち、プロ通算2000本安打を達成。1990年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:石川洋 解説:大島康徳・荒木大輔 リポーター:黒氏康博(ダイエー側)、広坂安伸(阪神側)2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本シリーズ

    1982年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    中日先発は都裕次郎。しかし先頭打者・石毛宏典のライナーを左足首にあててわずか打者1人、6球で降板のアクシデント。急きょ藤沢公也がマウンドに登ったが、準備不足は明らかで、山崎裕之の送りバント、スティーブ・オンティベロス、田淵に連続四球で一死満塁。ここでテリー・ウィットフィールド、大田の連打でいきなり4点を奪った。2回にも3番手の堂上から石毛、山崎、スティーブの3連打と田淵の犠牲フライで2点を追加。しかし広岡監督は、4回二死一・二塁代打大島康徳という場面で先発の杉本正を交代。代わった小林誠二が後続をぴたりと抑えた。西武が敵地2連勝で所沢に戻ることになった。1982年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 今日は一日○○三昧

    今日は一日○○三昧から見た大島康徳大島康徳

    番組担当:道谷眞平(DJ)、大島康徳(解説)、ますだおかだ(応援団長)、ファンタスティック・ピッチングマシーン・中島(野球音楽コレクター:コメンテーター)、ヨシノビズム(野球音楽コレクター:コメンテーター)、三輪秀香(場内アナウンス担当)今日は一日○○三昧 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た大島康徳大島康徳

    1982年の中日ドラゴンズと大洋ホエールズの最終戦で球審を勤めた(ドラゴンズの優勝決定試合)。この試合において中日の田尾安志と大洋の長崎慶一との間で首位打者争いがあり、敬遠攻め(一種の敗退行為)にあった田尾はタイトルを取れず、長崎が首位打者の栄冠に輝いている。中日の試合では1984年の宇野勝の前走者追い越し問題(前走者は大島康徳)の際に球審として「宇野選手が前の選手を追い越しましたのでアウトにいたします。」と判定した。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・デイエット

    ブライアン・デイエットから見た大島康徳大島康徳

    に日本ハムファイターズに入団。球団としては異例の4年契約を結び、前年35本塁打のトニー・ブリューワ、中日ドラゴンズから移籍の大島康徳とのクリーンナップに期待が集まったが、その構想は開幕前にあえなく崩壊。ブリューワは腰痛で1年を棒に振り、デイエットも開幕直前に右足の付け根部分を痛め、結局この年は35試合出場にとどまり期待を裏切った。しかしチームは、途中入団のマイク・イースラーとこの年急成長を遂げた田中幸雄の活躍で辛うじてAクラスを死守。ブライアン・デイエット フレッシュアイペディアより)

  • 山本隆造

    山本隆造から見た大島康徳大島康徳

    日本ハムファイターズの近藤貞雄・上田利治・大島康徳の3監督を退場処分にしている。上田には退場を宣告した直後に張り手を喰らうという災難に見舞われた。山本隆造 フレッシュアイペディアより)

  • 曽田康二

    曽田康二から見た大島康徳大島康徳

    1987年12月、大島康徳と共に、大宮龍男・田中富生との2対2の交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。しかしここでは公式戦での登板機会に恵まれず、1988年オフに引退した。スライダーとキレのよいシュートが武器。また、1985年6月22日のナゴヤ球場での対巨人戦では、キース・カムストックからレフトポール直撃の本塁打を放っている。曽田康二 フレッシュアイペディアより)

  • 島田芳明

    島田芳明から見た大島康徳大島康徳

    初出場:1983年4月13日、対横浜大洋ホエールズ2回戦(横浜スタジアム)、7回表に大島康徳の代走として出場島田芳明 フレッシュアイペディアより)

  • 1950年のスポーツ

    1950年のスポーツから見た大島康徳大島康徳

    10月16日 - 大島康徳(大分県、野球)1950年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「大島康徳」のニューストピックワード