115件中 31 - 40件表示
  • 井出竜也

    井出竜也から見た大島康徳大島康徳

    走力と強肩は入団前からプロでも1線級のレベルにあると言われ、2年目のには129試合に出場し中堅手の定位置を確保した。はオールスターに初めて選ばれ、第2戦に先発出場している。同年はゴールデングラブ賞を初めて受賞した。は4月1日の開幕戦で守備の際にチームメートと交錯して首の捻挫で1ヶ月半に渡って休んだが、自己最高となる13本塁打、56打点を上げている。はパンチ力があって走れるトップバッターとして大島康徳監督から期待をかけられたが、開幕直前に持病の腰痛を発症して一軍復帰は4月下旬となった。5月1日の大阪ドームにおける対近鉄6回戦で一番・中堅手として先発出場し、プレイボール直後の高村祐が投じた初球を本塁打にした。その後両チームとも得点できず、日本ハムがプロ野球史上初の初球本塁打による1-0の勝利を達成している。井出竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野ヘディング事件

    宇野ヘディング事件から見た大島康徳大島康徳

    打球を追いかけて後退しながら捕球体勢に入る中日の遊撃手を守っていた宇野勝を見て、球場の誰もがショートフライと思い、左翼手の大島康徳も宇野のすぐ後ろまで来て宇野に捕球を任せていた。星野は三塁側ベンチへ引き揚げかけ、観客の中には帰ろうと席を立ちかける者もいた。宇野ヘディング事件 フレッシュアイペディアより)

  • 木元邦之

    木元邦之から見た大島康徳大島康徳

    2年目の、大島康徳監督(当時)に打撃を買われ、開幕戦で金子誠を押しのけ二塁手で先発出場し、一軍に定着。奈良原浩や金子と併用されて87試合に出場し、7本塁打を打った。木元邦之 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:早瀬雄一(LK)、解説:大島康徳、リポーター:田中崇裕(G-Media、西武サイド)、上野速人(LK、ソフトバンクサイド)2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球マスターズリーグ

    プロ野球マスターズリーグから見た大島康徳大島康徳

    監督:5大島康徳(2008-、中日・日本ハム)プロ野球マスターズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 小池 秀郎

    小池秀郎から見た大島康徳大島康徳

    初奪三振:同上、7回表に大島康徳から小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林繁

    小林繁から見た大島康徳大島康徳

    シーズン開幕後、小林は15勝できるかどうかが判明する前に引退を決意することになった。6月25日の中日ドラゴンズ戦で、それまで「カモ」にしていた中日の大島康徳に「自信を持って投げた」インコースのシュートをホームランされる。この時小林はプロ野球選手になってから初めて、「ガクッと膝が抜け落ちるような虚脱感」に襲われたという。その後も小林は大島に打ち込まれ、8月に引退を決意した。引退時の心境について、小林は以下のように語っている。小林繁 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・イースラー

    マイク・イースラーから見た大島康徳大島康徳

    シーズン途中、トニー・ブリューワとブライアン・デイエットがことごとく怪我で戦線離脱し外国人助っ人選手が不足していた日本ハムファイターズに入団。同年は3番・田中幸雄、5番・大島康徳とクリーンナップを組み、結局最終戦まで4番の座を明け渡すことなく打率.304、19本塁打(いずれもチームトップ)の成績を残し、当時貧弱だったファイターズ打線の中で気を吐き前年に続くAクラス入り(3位)に大きく貢献した。極端なアッパースイングでフォロースルーでバットをすくい上げる独特のフォームが話題となった。マイク・イースラー フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    NHKラジオ第1 解説:大島康徳 ゲスト解説:立浪和義(中日)1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人、大島康徳1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示

「大島康徳」のニューストピックワード