133件中 31 - 40件表示
  • 菱川章

    菱川章から見た大島康徳大島康徳

    高校を中退し、1965年に中日ドラゴンズへ入団。長打力を期待され、新人ながら34試合に出場。同年のジュニアオールスターにも選出されるが、その後は伸び悩みが続く。1971年には、開幕すぐに四番打者を15試合任され、その後も右翼手、中堅手として82試合に先発出場を果たす。同年は13本塁打を放つが打率は低迷。翌1972年は大島康徳、江島巧の台頭もあって出場機会が減る。菱川章 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の中日ドラゴンズ

    1984年の中日ドラゴンズから見た大島康徳大島康徳

    4月22日 - 大島康徳が対巨人戦(後楽園)で通算1500試合出場。1984年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 浜松球場

    浜松球場から見た大島康徳大島康徳

    同年7月4日の中日-ヤクルト戦では、試合終盤に中日ベンチが混乱、大島康徳が5年ぶりに三塁を守ることになる等おかしな選手交代があった。翌日、山内一弘監督が休養となったため、この試合が山内にとって中日の指揮を執った最後の試合となった。浜松球場 フレッシュアイペディアより)

  • 春日一平

    春日一平から見た大島康徳大島康徳

    中津工業高校では中日入りした大島康徳とバッテリーを組んで活躍した春日一平 フレッシュアイペディアより)

  • 木元邦之

    木元邦之から見た大島康徳大島康徳

    2年目の、大島康徳監督(当時)に打撃を買われ、開幕戦で金子誠を押しのけ二塁手で先発出場し、一軍に定着。奈良原浩や金子と併用されて87試合に出場し、7本塁打を打った。木元邦之 フレッシュアイペディアより)

  • 勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー

    勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレーから見た大島康徳大島康徳

    12球団満遍なく取り上げるが、主に面白いキャラクターをプッシュする傾向も強い。当時西武ライオンズのデニー友利や松坂大輔、石井貴、福岡ダイエーホークスの田口昌徳、横浜ベイスターズの中野渡進や斎藤隆、日本ハムファイターズ当時監督の大島康徳や岩本勉らがそれに当たる。特に清原和博は「勇者番付」というコーナーで「永遠の番長部門」として毎回採り上げられ、司会の松岡昌宏は「僕はこのコーナー(清原のVTR)、一番好きっつっても過言じゃない」と発言していた。勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー フレッシュアイペディアより)

  • 福家雅明

    福家雅明から見た大島康徳大島康徳

    初奪三振:同上、7回裏に大島康徳から福家雅明 フレッシュアイペディアより)

  • 小池秀郎

    小池秀郎から見た大島康徳大島康徳

    初奪三振:同上、7回表に大島康徳から小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:道谷眞平、解説:大島康徳2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本ハムファイターズ

    2000年の日本ハムファイターズから見た大島康徳大島康徳

    この年の日本ハムファイターズは、大島康徳監督の1年目のシーズンである。2000年の日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「大島康徳」のニューストピックワード