115件中 41 - 50件表示
  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    文化放送 解説:東尾修 ゲスト解説:大島康徳(日本ハム、この年をもって引退)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 宇野勝

    宇野勝から見た大島康徳大島康徳

    1984年5月5日の対大洋戦(横浜)でライトのエラーで出塁したものの、一塁走者の大島康徳を追い抜いてアウトになるという珍プレーをやらかし、やはり年末の『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』に大きく取り上げられることとなった。ただしこれに関しては、打球を追い続けて走り出そうとしなかった大島のミスであったという説もある。それでもこれは宇野の珍プレーとして、特に前述のヘディングと共に、フジテレビ系の番組でみのもんたのナレーションで放送されることが多く、フジ系のゲストに呼ばれることが多い。宇野勝 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見た大島康徳大島康徳

    、中日ドラゴンズとの首位攻防戦で無死一・二塁の場面で送りバントをした際、相手投手の郭源治が三塁へ悪送球し、外野へ転がったがそのボールを左翼手の大島康徳がトンネルし、さらに大島が追いかけて捕ったボールが三塁手に中継され本塁へ投げたが、捕手の中尾孝義が取り損ない、その間に打者走者の篠塚もホームインした(記録上は失策であったがランニング・ホームランのような出来事だった)。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 古屋英夫

    古屋英夫から見た大島康徳大島康徳

    は新しく加入したパット・パットナムが四番に入ったため五番に回り、2年ぶりに全試合に出場してゴールデングラブ賞を受賞している。には中日から大島康徳が移籍して五番打者となり、古屋は六番を務めた。に監督に就任した近藤貞雄は二村を三塁手にコンバートしようとしたが、打撃の伸び悩みもあってすぐに外野手に戻っている。同年は5月5日の対阪急戦で九番打者として本塁打を放ち、史上初の全打順本塁打を達成した。この年はトニー・ブリューワに次ぐチーム2位の打率.272、同じくチーム3位の14本塁打を記録している。古屋英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た大島康徳大島康徳

    のちに名球会会員となる大島康徳、山田久志、加藤秀司、福本豊、東尾修もこの年にプロ入りしている(山本、有藤も同会会員。同じく会員の門田博光も指名されたが、入団せず)。また山本、田淵、星野、大島、山田、東尾、有藤は現役引退後に一軍監督を務めている。1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 川又米利

    川又米利から見た大島康徳大島康徳

    もとは一塁手であったが、1985年から1988年には右翼手のレギュラーを務めた。その後は中日の代打の切り札、準レギュラーとして活躍し、特に相性の良い巨人戦には勝負強さを発揮した。町田公二郎に次ぐ代打本塁打16本(大島康徳に並ぶ)のセ・リーグ記録を持つ。ナゴヤドームが完成した1997年に引退。川又米利 フレッシュアイペディアより)

  • 今日は一日○○三昧

    今日は一日○○三昧から見た大島康徳大島康徳

    番組担当:ますだおかだ、大島康徳、ファンタスティック・ピッチングマシーン(野球音楽コレクター)、道谷眞平今日は一日○○三昧 フレッシュアイペディアより)

  • 高井保弘

    高井保弘から見た大島康徳大島康徳

    1975年からパ・リーグで指名打者が導入され、指名打者として1978年と1979年には2年連続3割を記録し、ベストナインにも選ばれた。1982年に引退。通算代打本塁打27本の世界記録を残した(シーズン最多代打本塁打記録は大島康徳が更新)。「右の高井・左の藤井」の代打陣はパリーグ最強と恐れられた。高井保弘 フレッシュアイペディアより)

  • 町田公二郎

    町田公二郎から見た大島康徳大島康徳

    までは日本記録となる9年連続代打本塁打を放つなど、一時は日本記録及び世界記録でもある高井保弘の27本に迫る勢いを見せたが、以降は故障や若手の台頭などもあり、出場機会は大幅に減少した。それでも、生涯の通算代打本塁打数は20本となり、大島康徳と並ぶ歴代2位に名を連ねた。セ・リーグで通算20本台に到達したのは史上初のことで、両リーグでも史上3人目となる快挙であった。町田公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:渡辺憲司(BK)、解説:大島康徳、リポーター:宮田貴行(AK、巨人サイド)、浅井僚馬(CK、中日サイド)2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

115件中 41 - 50件表示

「大島康徳」のニューストピックワード