133件中 41 - 50件表示
  • 2002年の日本ハムファイターズ

    2002年の日本ハムファイターズから見た大島康徳大島康徳

    この年の日本ハムファイターズは、大島康徳監督の3年目のシーズンである。2002年の日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の日本ハムファイターズ

    1988年の日本ハムファイターズから見た大島康徳大島康徳

    前年4年ぶりにAクラスに浮上し、東京ドーム1年目に優勝を目指すチームはトレードで元本塁打王の大島康徳を、さらに新外国人ブライアン・デイエットを異例の4年契約で獲得。ところが開幕直前に前年35本塁打のトニー・ブリューワが腰痛で帰国、デイエットも右足の付け根を痛め、打線の破壊力が落ちたチームは5月以降下位に低迷。投手陣は西崎幸広と松浦宏明が共に15勝を挙げ最多勝、河野博文も6勝止まりながら防御率1位と、チーム防御率はリーグ1位。対照的にチーム打率はリーグ最下位だったが、5月に加入したマイク・イースラーの活躍と、5月中旬から3番に定着した田中幸雄の台頭もあり、チームは勝率5割超えこそなかったが3位を確保。しかし優勝争いについに一度も絡めず、高田監督はシーズン終了後辞任した。1988年の日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の野球

    1976年の野球から見た大島康徳大島康徳

    8月10日 - 中日の大島康徳がナゴヤ球場での対ヤクルト16回戦の六回裏に代打で出場して10号本塁打を放ち、日本プロ野球新記録のシーズン代打7本塁打を達成。1976年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 田中富生

    田中富生から見た大島康徳大島康徳

    1982年にドラフト1位指名で日本ハムファイターズに入団。1983年4月20日の南海ホークス戦で初登板。5月1日のロッテオリオンズ戦で初勝利を記録する。1984年に日本ハム先発投手陣の一角として活躍、8勝13敗の成績を残し、オールスターゲームにも初出場。翌1985年も8勝するが、1986年には3勝と低下。1988年に大宮龍男と共に大島康徳、曽田康二とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。しかし、新天地でも一軍で良い成績が残せずに1993年に引退した。引退後はプロ野球マスターズリーグにも名古屋80D'sersの一員として参加している。田中富生 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺孝博

    渡辺孝博から見た大島康徳大島康徳

    初奪三振:同上、9回表に大島康徳から渡辺孝博 フレッシュアイペディアより)

  • 谷木恭平

    谷木恭平から見た大島康徳大島康徳

    やや中腰の構えからのしぶとい打撃に加え、外野守備のカンの良さがあったが、遅いプロ入りのためかセールスポイントであった走塁には衰えが目立ち、走塁ミスや盗塁死も少なくなかった。また、8年間在籍したものの、ジーン・マーチン、井上弘昭、大島康徳、藤波行雄、田尾安志、ローン・ウッズ、ウィリー・デービスなど、強力な布陣を擁する中日外野陣の中で常にレギュラー争いを強いられたこともあり、規定打席に到達したシーズンは一度もなかった。谷木恭平 フレッシュアイペディアより)

  • 打撃 (野球)

    打撃 (野球)から見た大島康徳大島康徳

    大島康徳『ぐんぐんうまくなる!バッティング』2007年、ベースボールマガジン社、ISBN:ISBN 978-4583100531。打撃 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の野球

    1999年の野球から見た大島康徳大島康徳

    日本ハムは野球評論家の大島康徳が新監督に就任したと正式に発表。1999年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の野球

    1981年の野球から見た大島康徳大島康徳

    9月11日 - 中日の大島康徳が広島球場での対広島23回戦の3回表に二塁打を打ち、プロ通算1000本安打を達成。1981年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の野球

    1982年の野球から見た大島康徳大島康徳

    9月28日 - 中日が対巨人戦(ナゴヤ)で9回裏に江川卓を攻略し4点差を追いつき、10回裏に大島康徳のサヨナラ打で7-6と勝利し、2位ながらマジック12が点灯。1982年の野球 フレッシュアイペディアより)

133件中 41 - 50件表示

「大島康徳」のニューストピックワード