133件中 51 - 60件表示
  • 古屋英夫

    古屋英夫から見た大島康徳大島康徳

    は新しく加入したパット・パットナムが四番に入ったため五番に回り、2年ぶりに全試合に出場してゴールデングラブ賞を受賞している。には中日から大島康徳が移籍して五番打者となり、古屋は六番を務めた。に監督に就任した近藤貞雄は二村を三塁手にコンバートしようとしたが、打撃の伸び悩みもあってすぐに外野手に戻っている。同年は5月5日の対阪急戦で九番打者として本塁打を放ち、史上初の全打順本塁打を達成した。この年はトニー・ブリューワに次ぐチーム2位の打率.272、同じくチーム3位の14本塁打を記録している。古屋英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平野謙 (野球)

    平野謙 (野球)から見た大島康徳大島康徳

    この年のシーズンオフには戦力外になりかけるが新監督に就任した近藤貞雄の進言により残留となる。近藤は打力偏重のチーム構成もあって野手の分業制を掲げ、守備や走塁のスペシャリストを発掘しようとした。翌のオープン戦で補殺を成功させたことなどから開幕一軍入りを果たし、シーズン中は主にチャーリー・スパイクスの守備固めなどで試合に出場した。しかし引き続き打撃が課題だったため、この年は一軍に帯同して110試合に出場しながら昼は二軍の試合にも出場している。同年オフにスパイクスとレイ・コージが解雇されると、左翼手には大島康徳がコンバートされ右翼手も田尾安志がレギュラーだったものの、中堅手のポジションが空白となった。平野謙 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た大島康徳大島康徳

    実況:田中崇裕、解説:大島康徳2009年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 10月16日

    10月16日から見た大島康徳大島康徳

    1950年 - 大島康徳、元プロ野球選手、野球評論家10月16日 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球マスターズリーグ

    プロ野球マスターズリーグから見た大島康徳大島康徳

    監督:5大島康徳(2008-、中日・日本ハム)プロ野球マスターズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 勝利の叫び

    勝利の叫びから見た大島康徳大島康徳

    1950年(昭和25年)に制定された初代球団歌「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」に代わる2代目球団歌として1978年(昭和53年)に制定された。歌唱は朝倉隆で、バックコーラスに当時の主力選手であった星野仙一・鈴木孝政・大島康徳・藤波行雄・田尾安志が参加している。日本コロムビアより発売されたシングル盤のB面収録曲は「燃えろ若竜」。勝利の叫び フレッシュアイペディアより)

  • 1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た大島康徳大島康徳

    のちに名球会会員となる大島康徳、山田久志、加藤秀司、福本豊、東尾修もこの年にプロ入りしている(山本、有藤も同会会員。同じく会員の門田博光も指名されたが、入団せず)。また山本、田淵、星野、大島、山田、東尾、有藤は現役引退後に一軍監督を務めている。1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た大島康徳大島康徳

    NHK-BS1 実況小野塚康之 解説大島康徳 リポート:石川洋(ダイエー)、田中崇裕(西武) 放送時間18:00-21:152004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 満塁

    満塁から見た大島康徳大島康徳

    最年長満塁本塁打 - 43歳6ヶ月、大島康徳(1994年5月4日)満塁 フレッシュアイペディアより)

  • 山田憲

    山田憲から見た大島康徳大島康徳

    日本ハム入団時、当時の監督の大島康徳のイメージを聞かれ「珍プレーを見て、面白い人だなと思ってました」と発言していた。山田憲 フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示

「大島康徳」のニューストピックワード