115件中 81 - 90件表示
  • Sportsプラス

    Sportsプラスから見た大島康徳大島康徳

    コメンテーター(不定期出演): 大島康徳(プロ野球評論家)、山野孝義(サッカー評論家)、北の富士(大相撲評論家、主に大相撲本場所の前後)Sportsプラス フレッシュアイペディアより)

  • 實松一成

    實松一成から見た大島康徳大島康徳

    ルーキーイヤーのは一軍昇格出来なかったが、大島康徳監督1年目のに一軍昇格し、フレッシュオールスターゲームに出場。實松一成 フレッシュアイペディアより)

  • 10月16日

    10月16日から見た大島康徳大島康徳

    1950年 - 大島康徳、元プロ野球選手、野球評論家10月16日 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た大島康徳大島康徳

    1968年のドラフトでは山本浩司(広島1位)、田淵幸一(阪神1位)、有藤通世(東京1位)、野村収(大洋1位)、星野仙一(中日1位)、山田久志(阪急1位)、東尾修(西鉄1位)、大橋穣(東映1位)、加藤秀司(阪急2位)、大島康徳(中日3位)、金田留広(東映4位)、福本豊(阪急7位)、島谷金二(中日9位)、門田博光(阪急12位・入団せず)、藤原満(南海4位)、稲葉光雄(広島6位・入団せず)、長崎慶一(阪神8位・入団せず)、水谷則博(中日2位)など、1970年代から1980年代のプロ野球を代表する選手が数多く指名された。阪急が指名した15名のうち、3名が2000本安打を達成(加藤、福本、門田)し、1名が200勝を達成(山田)している。巨人はこの時、田淵が他球団に指名されてしまった場合には星野を1位で指名すると公言していたが、実際には星野ではなく島野修を指名し、それを聞いた星野が「ホシとシマの間違いじゃないのか」と発言したことも有名である。島野はこの後、選手としては大成出来なかったが、日本のプロスポーツにおけるチームマスコットのスーツアクターの先駆者となる。100メートルの日本記録を更新し、東京オリンピックとメキシコシティオリンピックに出場した陸上選手飯島秀雄が東京の9位で指名されたことでも話題を呼んだ。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見た大島康徳大島康徳

    バットを短く持ち、重心の低い構えからのコンパクトなスイングで安打を放つ。大島康徳からは「コンパクトな構えからの巧みなバットコントロールが際立つ巧打者」と評されている。身体に近いポイントにボールを呼び込み緩急に対応し、2ストライクからの打撃にも長ける。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た大島康徳大島康徳

    他球団の投手で景浦との対戦が多かったのは阪急の山田久志、ロッテの村田兆治、太平洋・クラウン・西武の東尾修である。これに前述の鈴木を加えて景浦は「四天王」と称し、88巻「素晴らしき戦友たち」では「大虎」で酒を酌み交わした。代打屋時代の景浦における最大のライバルは阪急の高井保弘。落合博満とは、本塁打王や三冠王をめぐる好勝負が描かれた。また、西武の松沼博久も登場が多かった。しかし、大抵は景浦をはじめとする南海に打たれるケースが多かった。また、リーグは異なるものの中日時代の大島康徳も代打男として登場し、料亭で対談した(大島は後に日本ハムに移籍してからも登場する)。なお、その際の電話が混線し、たまたま同じ料亭でコーチ会議を開いていたロッテの金田監督が水谷則博に先発を告げた電話を傍受してしまう(「テレホン・スチール」)。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    NHKラジオ第1 実況:坂梨哲士(IK) 解説:大島康徳 リポーター:大蔵哲士(中日サイド・CK)、上野速人(ロッテサイド・AK)2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 景浦安武

    景浦安武から見た大島康徳大島康徳

    ライバル球団、阪急ブレーブスの高井保弘に「わいの記録もいずれこいつに破られちまうわい」と言わしめその予言通り1980年には大島康徳のシーズン代打本塁打の日本記録を更新、更新の時の相手捕手はかつての監督である野村克也だった。1982年には代打だけで落合博満と本塁打王を争った。この年には死球の影響と思われる飛蚊症も発症したが、終盤戦までに治っている。また、1981年には西本幸雄監督の推薦でオールスターに出場し3試合連続代打本塁打を打ち、3試合連続でMVPとなっている(オールスター初出場は1976年)。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本シリーズ

    1999年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    NHK衛星第1 解説:森祇晶、大島康徳1999年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤ球場

    ナゴヤ球場から見た大島康徳大島康徳

    優勝争いをしていた巨人との最後の直接対決3連戦。当時の中日は先発江川卓を苦手にしていたが2-6で迎えた9回裏、大学時代から江川キラーといわれた代打・豊田誠佑のヒットを皮切りに中尾孝義のタイムリーで同点に追いつく。延長10回裏に満塁とし、大島康徳が江川の後を継いだ角からタイムリーヒットを打ってサヨナラ勝ち。中日はこの時点で巨人よりも残り試合数が多かったため「逆」マジック12が点灯。中日はレギュラーシーズン最終戦の横浜スタジアムでの対横浜大洋ホエールズ戦で優勝を決めた。ナゴヤ球場 フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「大島康徳」のニューストピックワード