133件中 81 - 90件表示
  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た大島康徳大島康徳

    両球団のOBで監督経験者の大島康徳も自身のブログで、「大島は代えない」と結論しつつも、「歴史的瞬間に夢を託すか?勝つことだけに徹し、必勝リレーでいくのか?どちらを選択するかは、その監督の個性である。だから僕は、采配についてどうこう言うつもりはサラサラない」とコメントした。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • ケン・モッカ

    ケン・モッカから見た大島康徳大島康徳

    に中日ドラゴンズに入団し、来日。中日在籍4年間は3番・三塁手として活躍。三塁守備は失策の多さと守備範囲の狭さから不安定だったものの、打撃では3割を超える打率を3回残し、円熟期の田尾安志・平野謙・谷沢健一・大島康徳・宇野勝・中尾孝義らとともに、強竜打線と呼ばれる打線の一員として活躍する。中日時代のヒッティング・マーチは「ミッキーマウス・マーチ」の替え歌だった。ちなみに真弓明信のヒッティング・マーチにも「ミッキーマウス・マーチ」が使用されていた。ケン・モッカ フレッシュアイペディアより)

  • 小林繁

    小林繁から見た大島康徳大島康徳

    シーズン開幕後、小林は15勝できるかどうかが判明する前に引退を決意することになった。6月25日の中日ドラゴンズ戦で、それまで「カモ」にしていた中日の大島康徳に「自信を持って投げた」インコースのシュートをホームランされる。この時小林はプロ野球選手になってから初めて、「ガクッと膝が抜け落ちるような虚脱感」に襲われたという。その後も小林は大島に打ち込まれ、8月に引退を決意した。引退時の心境について、小林は以下のように語っている。小林繁 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本スポーツ

    西日本スポーツから見た大島康徳大島康徳

    かつて1面に三行風刺コラム「斜光線」があり、人気を博していたが、たびたび球団や選手を中傷する記事が少なくなく、読者から抗議の電話が相次いでいた。2001年4月25日付けのコラムで阪神タイガースの野村克也監督と日本ハムファイターズの大島康徳監督を中傷する記事を掲載して、両球団から抗議があり、2001年4月29日限りで打ち切りになった。西日本スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高井保弘

    高井保弘から見た大島康徳大島康徳

    高井は守備力に難があり、当時のNPBでは指名打者制度が採用されていなかったこともあって、その後も代打での起用が中心であった。1970年からは、試合終盤の要所で代打に起用されることが多くなる。一軍とファームを行き来していたころは見抜いたクセを実戦に応用する機会は少なかったが、一軍に帯同する機会が多くなった1972年ごろから、クセ盗みの有用性に確信を持つようになる。1974年に高井は太平洋クラブライオンズの東尾修から通算14本目の代打本塁打を放ち、中西太、穴吹義雄が保持していた当時の代打本塁打日本記録を塗り替える。同年のオールスターに選出され、第2戦の9回裏・1死1塁の場面に山崎裕之の代打として出場する。松岡弘の投じた2球目をレフトスタンドにはじき返し、オールスター史上初の代打逆転サヨナラ本塁打を放った。松岡の変化球を投げる際のクセはすでに見抜いており、1死1塁という場面からシュートが投げられると予想していた。高井のオールスター選出はこの年のみ、しかもスイングはホームランを打った時の1回きり(第3戦でも代打で出場したがストレートの四球)であり、代打男の真骨頂と言えるパフォーマンスであった。このホームランを観ていたアメリカ人記者の提唱によって指名打者制度が検討されるようになった。1974年に代打本塁打6本を記録し、当時のシーズン最多代打本塁打数を更新するが、後に大島康徳によって記録を更新される。高井保弘 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た大島康徳大島康徳

    文化放送 解説:東尾修 ゲスト解説:大島康徳(日本ハム、この年をもって引退)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • Sportsプラス

    Sportsプラスから見た大島康徳大島康徳

    大島康徳(NHKプロ野球解説者)Sportsプラス フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩二

    山本浩二から見た大島康徳大島康徳

    も43本塁打、103打点で2年連続の二冠を手にした。より長嶋清幸と山崎隆造が台頭してきたこともあり、左翼手にコンバート。同年は開幕戦から好調を維持し、4月30日の対阪神戦(甲子園)ではサイクル安打を記録した。前半戦を打率.371で折り返すなど三冠王を狙えるほどだったが、腰痛にも関わらず無理して出場を続けたため、打率が2割台に落ちるなど急失速した。最終的に復調してリーグ4位の打率.316を残し、大島康徳と並ぶ36本塁打で自身4度目の本塁打王を獲得。打点はリーグ2位の101を記録するが、原辰徳に2打点及ばず打点王のタイトルは逃した。から打撃コーチを兼任し、この年はタイトルを逃したものの好成績を残して日本一に貢献、王貞治(現役最終年の1980年当時)を抜いて球界最高額となる年俸8500万円で契約した。山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 大島

    大島から見た大島康徳大島康徳

    大島康徳( - やすのり) :プロ野球選手。大島 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た大島康徳大島康徳

    他球団の投手で景浦との対戦が多かったのは阪急の山田久志、ロッテの村田兆治、太平洋・クラウン・西武の東尾修である。これに前述の鈴木を加えて景浦は「四天王」と称し、88巻「素晴らしき戦友たち」では「大虎」で酒を酌み交わした。代打屋時代の景浦における最大のライバルは阪急の高井保弘。落合博満とは、本塁打王や三冠王をめぐる好勝負が描かれた。また、西武の松沼博久も登場が多かった。しかし、大抵は景浦をはじめとする南海に打たれるケースが多かった。また、リーグは異なるものの中日時代の大島康徳も代打男として登場し、料亭で対談した(大島は後に日本ハムに移籍してからも登場する)。なお、その際の電話が混線し、たまたま同じ料亭でコーチ会議を開いていたロッテの金田監督が水谷則博に先発を告げた電話を傍受してしまう(「テレホン・スチール」)。あぶさん フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示

「大島康徳」のニューストピックワード