96件中 21 - 30件表示
  • 大島康徳

    大島康徳から見た宇野勝

    輝かしい打撃成績を残したにもかかわらず代打起用が多かったのは、バッティングの調子の波が激しすぎた他、守備に難があったためである。殊勲打を打っても失策でふいにしてしまうことが多々あった。中日ファンであったイチローは少年時代に、大島が三塁手から左翼手にコンバートされたのを知った時、もうすぐ引退かと思ったという。当時チームメイトだった星野仙一も、「宇野は捕れば安心できたけど、大島は捕球しても審判がアウトを宣告するまでまったく安心できなかった」と述べている。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た渡辺孝博

    1972年8月2日、対ヤクルトスワローズ18回戦(明治神宮野球場)、2回表先頭で渡辺孝博から左越ソロ、2死後井原慎一朗から左越満塁本塁打 ※史上7度目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た大宮龍男

    に西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる。しかしオフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生・大宮龍男との交換で日本ハムファイターズへ曽田康二とともに移籍。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で通算2000本安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録だった。さらに到達までに要した試合数2290は、プロ野球史上1位であり、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成も史上初であった。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た北別府学

    1000本安打:1981年9月11日、対広島東洋カープ23回戦(広島市民球場)、3回表に北別府学から ※史上121人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た加藤初

    1500本安打:1986年4月16日、対読売ジャイアンツ4回戦(後楽園球場)、4回表に加藤初から ※史上50人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た田中富生

    に西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる。しかしオフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生・大宮龍男との交換で日本ハムファイターズへ曽田康二とともに移籍。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で通算2000本安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録だった。さらに到達までに要した試合数2290は、プロ野球史上1位であり、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成も史上初であった。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た井原慎一朗

    1972年8月2日、対ヤクルトスワローズ18回戦(明治神宮野球場)、2回表先頭で渡辺孝博から左越ソロ、2死後井原慎一朗から左越満塁本塁打 ※史上7度目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た田尾安志田尾 安志

    ベストナインを1度も受賞していない。通算2000安打以上を記録しながらベストナイン選出がないのは大島と松原誠の2人だけ。1979年には一塁手として打撃3部門全てにおいて王貞治を上回ったにもかかわらず、その王にタイトルを持っていかれ、1983年には外野手として本塁打王を獲得したのに受賞できなかった(受賞者は本塁打王を分け合った山本浩二、盗塁王の松本匡史、最多安打の田尾安志)。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たクライド・ライト

    1977年8月9日、対読売ジャイアンツ15回戦(ナゴヤ球場)、6回表先頭でクライド・ライトから右中間へソロ、2死後小俣進から左中間へ満塁本塁打 ※史上8度目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たマット・ウィンタース

    1000得点:1991年5月28日、対ロッテオリオンズ9回戦(川崎球場)、1回表にマット・ウィンタースの2ランで生還 ※史上22人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「大島康徳」のニューストピックワード