96件中 31 - 40件表示
  • 大島康徳

    大島康徳から見た水原茂

    高校入学まで野球経験はない。今津中学時代はバレーボールをやっており、大分県選抜チームのレギュラーだった。また、相撲が強かったため相撲部に助っ人で参加することもあった。相撲の大会を観戦に来ていた中津工業の小林監督が惚れ込み、本人は当初、乗り気でなかったもののスパイクとグローブをプレゼントされたのをきっかけに同校に入学。野球部ではエース、4番打者として活躍する。に中日ドラゴンズ(少年時代は阪神タイガースが贔屓のチームだったという)の入団テストで本多逸郎の目に留まり合格、同年秋のプロ野球ドラフト会議で3位指名され入団した。投手として入団したが、入団間もない投球練習でコーチから一球で「投手失格」を言い渡され、更に当時の監督だった水原茂が素質を見抜いて打者転向させた。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た石岡康三

    初本塁打・初打点:同上、9回裏に石岡康三から左越3ラン大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た園川一美

    1000打点:1988年9月23日、対ロッテオリオンズ24回戦(東京ドーム)、4回裏に園川一美から右越ソロ ※史上20人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た佐々木修 (野球)

    350本塁打:1989年8月13日、対近鉄バファローズ21回戦(東京ドーム)、3回裏に佐々木修から左越ソロ ※史上13人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た曽田康二

    に西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる。しかしオフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生・大宮龍男との交換で日本ハムファイターズへ曽田康二とともに移籍。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で通算2000本安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録だった。さらに到達までに要した試合数2290は、プロ野球史上1位であり、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成も史上初であった。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た石本貴昭

    300二塁打:1990年9月9日、対近鉄バファローズ26回戦(宇都宮清原球場)、6回裏に藤王康晴の代打で出場、石本貴昭から右中間適時二塁打 ※史上29人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た本多逸郎

    高校入学まで野球経験はない。今津中学時代はバレーボールをやっており、大分県選抜チームのレギュラーだった。また、相撲が強かったため相撲部に助っ人で参加することもあった。相撲の大会を観戦に来ていた中津工業の小林監督が惚れ込み、本人は当初、乗り気でなかったもののスパイクとグローブをプレゼントされたのをきっかけに同校に入学。野球部ではエース、4番打者として活躍する。に中日ドラゴンズ(少年時代は阪神タイガースが贔屓のチームだったという)の入団テストで本多逸郎の目に留まり合格、同年秋のプロ野球ドラフト会議で3位指名され入団した。投手として入団したが、入団間もない投球練習でコーチから一球で「投手失格」を言い渡され、更に当時の監督だった水原茂が素質を見抜いて打者転向させた。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た郭源治

    私生活では30代半ばまで独身を通していた(大島の実家が早くに父・兄を失い大島が母の扶養をしていた)が、郭源治の紹介で10歳年下の客室乗務員をしていた女性と結婚。息子が2人いる。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た上田利治

    、代打起用がメインだったものの43-44歳にして.323の高打率を記録したが、同年オフ就任した新監督の上田利治の構想から漏れ現役引退。現役26年は山本昌(時点で30年)、工藤公康(29年)、野村克也(27年)に次ぐ記録。通算代打本塁打20本は歴代2位。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た梶間健一

    250本塁打:1984年6月21日、対ヤクルトスワローズ13回戦(ナゴヤ球場)、5回裏に梶間健一から左越2ラン ※史上22人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「大島康徳」のニューストピックワード