96件中 51 - 60件表示
  • 大島康徳

    大島康徳から見た広島東洋カープ

    1000本安打:1981年9月11日、対広島東洋カープ23回戦(広島市民球場)、3回表に北別府学から ※史上121人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たトレード

    に西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる。しかしオフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生・大宮龍男との交換で日本ハムファイターズへ曽田康二とともに移籍。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で通算2000本安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録だった。さらに到達までに要した試合数2290は、プロ野球史上1位であり、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成も史上初であった。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た広島市民球場 (初代)

    1000本安打:1981年9月11日、対広島東洋カープ23回戦(広島市民球場)、3回表に北別府学から ※史上121人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たジュニアオールスターゲーム

    入団からしばらくは二軍暮らしだったが入団3年目のに、助っ人外国人の故障で一軍初出場、直後にジュニアオールスターゲームでウェスタン・リーグの主砲としてMVP。翌年外野手のレギュラーとなるが、まだ荒削りで完全なレギュラー定着には至らなかった。8年目の、代打起用で勝負強さを発揮しシーズン代打本塁打7本の日本記録を樹立。翌年も調子を持続させ、三塁手のレギュラーとして打率.333、27本塁打。には30本の大台を越える36本塁打。に再び36本塁打を放ち本塁打王に輝く。その間の優勝年である74年はセンターの準レギュラー兼右の代打、82年は「5番・レフト」のレギュラーとしてそれぞれ優勝に貢献している。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た客室乗務員

    私生活では30代半ばまで独身を通していた(大島の実家が早くに父・兄を失い大島が母の扶養をしていた)が、郭源治の紹介で10歳年下の客室乗務員をしていた女性と結婚。息子が2人いる。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た東京ヤクルトスワローズ

    初出場・初先発出場:1971年 6月17日、対サンケイアトムズ8回戦(中日スタヂアム)、7番・三塁手で先発出場大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た珍プレー

    からNHK野球解説者、東京中日スポーツ評論家。からまで日本ハムの監督を務めたが3位、最下位、5位と成績は振るわなかった。監督としては熱血漢で知られ、瞬間湯沸かし器とまで言われたが、監督時代には巨人監督の長嶋茂雄を意識した所作及び指導方法が珍プレーとしてテレビで紹介された。なお監督時代につけていた背番号77は、後年NHKスポーツニュースで星野と共演した際に星野に憧れていたからと述べている。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た北海道日本ハムファイターズ

    に西武ライオンズからトレード要請があったが、マスコミに漏れてしまい破談となる。しかしオフ、監督の星野仙一のチーム改革により、田中富生・大宮龍男との交換で日本ハムファイターズへ曽田康二とともに移籍。すでに37歳であったが、日本ハムでは一塁手としての起用が多く、チームの得点力不足もあって主軸として活躍し、8月21日の対オリックス・ブレーブス戦で通算2000本安打を達成。39歳10ヶ月での達成は当時最年長記録だった。さらに到達までに要した試合数2290は、プロ野球史上1位であり、1・2年目ともに出場試合数ゼロでの達成も史上初であった。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た千葉ロッテマリーンズ

    1000打点:1988年9月23日、対ロッテオリオンズ24回戦(東京ドーム)、4回裏に園川一美から右越ソロ ※史上20人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た日本放送協会

    からNHK野球解説者、東京中日スポーツ評論家。からまで日本ハムの監督を務めたが3位、最下位、5位と成績は振るわなかった。監督としては熱血漢で知られ、瞬間湯沸かし器とまで言われたが、監督時代には巨人監督の長嶋茂雄を意識した所作及び指導方法が珍プレーとしてテレビで紹介された。なお監督時代につけていた背番号77は、後年NHKスポーツニュースで星野と共演した際に星野に憧れていたからと述べている。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「大島康徳」のニューストピックワード