96件中 71 - 80件表示
  • 大島康徳

    大島康徳から見たSportsプラス

    Sportsプラス(不定期ゲスト)大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たNHKニュースおはよう日本

    NHKニュースおはよう日本 - 火曜日7時台スポーツコーナー「大島がズバリ!」解説大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た代打

    入団からしばらくは二軍暮らしだったが入団3年目のに、助っ人外国人の故障で一軍初出場、直後にジュニアオールスターゲームでウェスタン・リーグの主砲としてMVP。翌年外野手のレギュラーとなるが、まだ荒削りで完全なレギュラー定着には至らなかった。8年目の、代打起用で勝負強さを発揮しシーズン代打本塁打7本の日本記録を樹立。翌年も調子を持続させ、三塁手のレギュラーとして打率.333、27本塁打。には30本の大台を越える36本塁打。に再び36本塁打を放ち本塁打王に輝く。その間の優勝年である74年はセンターの準レギュラー兼右の代打、82年は「5番・レフト」のレギュラーとしてそれぞれ優勝に貢献している。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た宇都宮清原球場

    300二塁打:1990年9月9日、対近鉄バファローズ26回戦(宇都宮清原球場)、6回裏に藤王康晴の代打で出場、石本貴昭から右中間適時二塁打 ※史上29人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た東京中日スポーツ

    からNHK野球解説者、東京中日スポーツ評論家。からまで日本ハムの監督を務めたが3位、最下位、5位と成績は振るわなかった。監督としては熱血漢で知られ、瞬間湯沸かし器とまで言われたが、監督時代には巨人監督の長嶋茂雄を意識した所作及び指導方法が珍プレーとしてテレビで紹介された。なお監督時代につけていた背番号77は、後年NHKスポーツニュースで星野と共演した際に星野に憧れていたからと述べている。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナインを1度も受賞していない。通算2000安打以上を記録しながらベストナイン選出がないのは大島と松原誠の2人だけ。1979年には一塁手として打撃3部門全てにおいて王貞治を上回ったにもかかわらず、その王にタイトルを持っていかれ、1983年には外野手として本塁打王を獲得したのに受賞できなかった(受賞者は本塁打王を分け合った山本浩二、盗塁王の松本匡史、最多安打の田尾安志)。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た扶養

    私生活では30代半ばまで独身を通していた(大島の実家が早くに父・兄を失い大島が母の扶養をしていた)が、郭源治の紹介で10歳年下の客室乗務員をしていた女性と結婚。息子が2人いる。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見たプロ野球監督

    大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督、野球解説者。大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た明治神宮野球場

    1000試合出場:1980年4月12日、対ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、4番・一塁手で先発出場 ※史上214人目大島康徳 フレッシュアイペディアより)

  • 大島康徳

    大島康徳から見た野球解説者

    大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督、野球解説者大島康徳 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「大島康徳」のニューストピックワード