88件中 11 - 20件表示
  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た大島理森大島理森

    逢沢一郎(岡山1)、赤澤亮正(鳥取2)、秋葉賢也((比)東北)、麻生太郎(福岡8)、安倍晋三(山口4)、あべ俊子((比)中国)、甘利明((比)南関東)、石田真敏((比)近畿)、石破茂(鳥取1)、石原伸晃(東京8)、伊東良孝(北海道7)、稲田朋美(福井1)、井上信治(東京25)、伊吹文明((比)近畿)、今津寛((比)北海道)、今村雅弘((比)九州)、岩屋毅((比)九州)、江渡聡徳(青森2)、江藤拓(宮崎2)、遠藤利明((比)東北)、大島理森(青森3)、大野功統(香川3)、小里泰弘(鹿児島4)、小野寺五典(宮城6)、小渕優子(群馬5)、梶山弘志(茨城4)、加藤勝信(岡山5)、加藤紘一(山形3)、金子一義(岐阜4)、金子恭之(熊本5)、金田勝年((比)東北)、鴨下一郎((比)東京都)、河井克行((比)中国)、川崎二郎((比)東海)、河村建夫(山口3)、城内実(静岡7)、岸田文雄(広島1)、北村茂男((比)北陸信越)、北村誠吾((比)九州)、木村太郎(青森4)、小池百合子((比)東京都)、小泉進次郎(神奈川11)、小泉龍司(埼玉11)、河野太郎(神奈川15)、高村正彦(山口1)、古賀誠(福岡7)、後藤田正純(徳島3)、近藤三津枝((比)近畿)、齋藤健((比)南関東)、坂本哲志(熊本3)、佐田玄一郎((比)北関東)、佐藤勉((比)北関東)、塩崎恭久(愛媛1)、塩谷立((比)東海)、柴山昌彦((比)北関東)、下村博文(東京11)、新藤義孝((比)北関東)、菅義偉(神奈川2)、菅原一秀((比)東京都)、平将明((比)東京都)、高市早苗((比)近畿)、高木毅(福井3)、竹下亘(島根2)、武田良太(福岡11)、武部勤((比)北海道)、竹本直一((比)近畿)、橘慶一郎(富山3)、田中和徳((比)南関東)、棚橋泰文(岐阜2)、谷公一((比)近畿)、谷垣禎一(京都5)、谷川弥一((比)九州)、谷畑孝((比)近畿)、田野瀬良太郎(奈良4)、田村憲久((比)東海)、徳田毅(鹿児島2)、永岡桂子((比)北関東)、長島忠美((比)北陸信越)、長勢甚遠((比)北陸信越)、中谷元(高知2)、中村喜四郎(茨城7)、二階俊博(和歌山3)、西野あきら(大阪13)、西村康稔(兵庫9)、丹羽秀樹(愛知6)、額賀福志郎((比)北関東)、野田聖子((比)東海)、野田毅((比)九州)、馳浩((比)北陸信越)、浜田靖一(千葉12)、林幹雄((比)南関東)、平井たくや((比)四国)、平沢勝栄(東京17)、福井照(高知1)、福田康夫(群馬4)、古川禎久(宮崎3)、古屋圭司((比)東海)、細田博之(島根1)、保利耕輔(佐賀3)、町村信孝(北海道5)、松浪健太((比)近畿)、松野博一((比)南関東)、松本純((比)南関東)、三ツ矢憲生(三重5)、宮腰光寛(富山2)、村上誠一郎(愛媛2)、村田吉隆((比)中国)、望月義夫((比)東海)、茂木敏充(栃木5)、森英介(千葉11)、森喜朗(石川2)、森山裕(鹿児島5)、柳本卓治((比)近畿)、山口俊一((比)四国)、山本公一(愛媛4)、山本幸三((比)九州)、山本拓(福井2)、山本有二(高知3)、吉野正芳((比)東北)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 松田岩夫

    松田岩夫から見た大島理森大島理森

    2009年(平成21年)12月に、改選となる2010年(平成22年)7月の第22回参議院議員通常選挙には立候補せず、政界を引退する意向を表明。その後、2010年(平成22年)3月1日に、自身の政策秘書であった小見山幸治が、自身の選挙区であった岐阜県選挙区で民主党から立候補することになったため、自身も党幹事長の大島理森宛に離党届を提出した。しかし1993年(平成5年)に離党し、その後復党、更にまた離党という経緯が著しい背信行為として問題視され、岐阜県連も小見山が発表の時点でまだ自民党籍を持ったままだったことを厳しく非難。県連は翌2日、小見山が提出した離党届を受理せず除名にした上で、県連会長の金子一義が松田自身についても厳しい処分を行うよう党本部に要請する事態となった。このため離党届は11日に開かれた党紀委員会会合で了承されず、逆に除名処分が決まった。松田岩夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次海部内閣

    第2次海部内閣から見た大島理森大島理森

    内閣官房副長官(政務) - 大島理森第2次海部内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次海部内閣 (改造)

    第2次海部内閣 (改造)から見た大島理森大島理森

    内閣官房副長官(政務) - 大島理森第2次海部内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党副総裁

    自由民主党副総裁から見た大島理森大島理森

    2010年に谷垣禎一の下で副総裁に就任した大島理森の場合は、幹事長として直前の参院選で勝利した功績に報いる一方で党三役の若返りのバランスをとるため、幹事長からの昇格という形がとられた。自由民主党副総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の喫煙

    日本の喫煙から見た大島理森大島理森

    自民党には、かつてタバコ族議員が存在し、葉タバコ農家や販売店組合が議員を支援していた。代表的な議員は松岡利勝、大島理森、藤井裕久、渡部恒三、小沢一郎ら。元JT幹部によれば、JT社長の諮問機関でJTが開催する葉タバコ価格決定の「葉たばこ審議会」に自民党の議員が大勢でやって来て、価格はほとんど据え置きの状態であった。タバコ族議員はやがて葉タバコ農家の減少、政権交代などとともに後退した。平成23年(2011年)現在、自民党本部は本部内禁煙の方向に動いている。日本の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た大島理森大島理森

    大島理森自民党幹事長は「(このような事態は)立法府たる衆議院の良識ある倫理観が問われる」、山口那津男公明党代表は「(実刑判決確定で失職することが十分予想できることでありながら、)鈴木氏の委員長就任に賛成したとすれば、国民を愚弄する行いだ」、佐藤正久参議院議員は「(民主党が反対を押し切って刑事被告人を外務委員長に就任させた結果、)安全保障の中核をつかさどる外務委員長が犯罪者となり収監されることになり、国民を愚弄するような行為」と野党政治家は民主党を批判した。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • 菅おろし

    菅おろしから見た大島理森大島理森

    しかし5月に入り、菅民主党執行部に不満を持っている反主流派の民主党議員から不信任案賛成者を集めているとして、不信任案提出を極秘に依頼された自民党派閥領袖が、党執行部に早期提出を促す。また公明党も早期提出を求めてくる。国対のプロであり慎重派であった大島理森自民党副総裁は、早期提出に転じた。与党執行部からの造反への切り崩し工作や国会会期の大幅延長、第2次補正予算提出など、審議をする口実が出てきて不信任案が提出しにくくなる懸念が生じたため、谷垣禎一自民党総裁は不信任案提出を決意する。菅おろし フレッシュアイペディアより)

  • 田名部匡代

    田名部匡代から見た大島理森大島理森

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で青森県第3区から出馬したが、自由民主党の大島理森に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックでも次点で落選した。2003年、比例東北ブロック選出の日野市朗元郵政大臣の死去により、繰り上げ当選。同年の第43回衆議院議員総選挙に青森3区から民主党公認で出馬するが、再び自民党の大島に敗れ、比例東北ブロックでも惜敗率0.1%の僅差で落選した。田名部匡代 フレッシュアイペディアより)

  • 清水鴻一郎

    清水鴻一郎から見た大島理森大島理森

    2月17日 - みんなの党公認で第22回参議院議員通常選挙に立候補するため、大島理森幹事長に離党届を提出。清水鴻一郎 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示