88件中 21 - 30件表示
  • 偏向報道

    偏向報道から見た大島理森大島理森

    日刊ゲンダイは、以前より自民党を批判し、同紙が支持する小沢一郎を擁護する報道を行っていたが、小沢が民主党に所属していた2010年参院選期間中の7月1日より「もう一度民主党へ投票を」という見出しで民主党への投票を呼びかける記事を掲載している。また、その他にも「今更『自民に投票』は時代おくれだ」(同6月30日付)、「民主党へ投票が最良の選択」(同6月29日付)、「迷わずに民主党へ投票しよう」(同7月3日付)など、一貫して民主党に肩入れする記事を掲載した。これに対し、自民党は大島理森幹事長名義で、中央選挙管理委員会に公職選挙法違反の疑いがあるとして質問状を提出した。偏向報道 フレッシュアイペディアより)

  • 農林水産大臣

    農林水産大臣から見た大島理森大島理森

    省庁再編後、2001年に就任した武部勤はBSE問題を巡る失言などで批判を浴び、翌年の内閣改造で事実上の更迭、後任の大島理森は様々な疑惑から事実上更迭された。続く亀井善之は離任後まもなく病に倒れて死去している。2004年に就任した島村宜伸は翌年の郵政解散直前、閣議で衆議院の解散に反対して閣議決定への署名を拒否し、辞表を提出したが、小泉純一郎首相により罷免された。島村の罷免を受け、副大臣から昇格した岩永峯一も離任後に献金問題を指摘された。2005年に2度目の就任を果たした中川昭一(初代農林水産大臣・中川一郎の子息)は無難に職務をこなし退任したが、4年後には財務大臣辞任、落選の憂き目を見て、2009年10月に父・一郎より1歳若い56歳で急逝した。農林水産大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た大島理森大島理森

    2002年10月 - 小泉純一郎総裁の下、自民党国会対策委員長に就任。小泉首相の信任も厚く側近中の側近として知られる。その政治手腕を買われて異例の長期留任となり、2005年7月に国対委員長連続在職期間最長記録を更新。在任1127日(通算2位。通算1位は大島理森中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年自由民主党総裁選挙

    2007年自由民主党総裁選挙から見た大島理森大島理森

    麻生派以外の全派閥の支持を取り付けた福田の圧勝が予想されていただけに、わずか16人という自派母体しかもたない麻生が200票近くを獲得したことは驚きをもって受け止められた。福田支持を決めた各派は、派閥の領袖間では福田支持で固まっていたものの、派閥のナンバー2クラス(津島派における鳩山邦夫、伊吹派における中川昭一、山崎派における甘利明、高村派における大島理森、古賀派における菅義偉など)がほとんどが麻生支持に回り、ほとんどの派閥が福田支持と麻生支持で二分してしまった結果である。福田の所属派閥である町村派も保守系議員を中心に麻生支持に回ったとされ、派閥として福田支援で固まったのは、谷垣派と二階派の二派のみと目されている。2007年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生包囲網

    麻生包囲網から見た大島理森大島理森

    大島理森(8)、赤城徳彦(6)、江渡聡徳(3)、河本三郎(3)麻生包囲網 フレッシュアイペディアより)

  • 大連立構想 (日本 2007)

    大連立構想 (日本 2007)から見た大島理森大島理森

    10月30日午前、 国会内で自民党と民主党との党首会談が行なわれた。自民党側は福田・伊吹・党国会対策委員長大島理森、民主党側は党代表小沢一郎・党幹事長鳩山由紀夫・党国会対策委員長山岡賢次が出向いた。最初の10分はこの6者で会談し、その後の45分間は福田と小沢だけの党首会談、最後に伊吹・鳩山が会談に加わって党首会談は終了した。この党首会談では、翌31日に予定されていた国会での党首討論の延期、再度の党首会談が約束され、福田と小沢が国会運営の鍵を握っていることを世間にハッキリさせはしたが、永田町では「45分間も密室にいて世間話はないだろう」などと、衆院解散・総選挙や大連立をめぐって憶測が飛び交い、疑心暗鬼の状態となる者も多く、各方面からその密室性を厳しく批判された。大連立構想 (日本 2007) フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た大島理森大島理森

    【副会長兼常任幹事】衆院=保岡興治、鳩山邦夫、大島理森、船田元、金子一義(以上自民)、参院=鴻池祥肇、☆泉信也(以上自民)新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸戦争

    八戸戦争から見た大島理森大島理森

    熊谷は落選後大島理森を後継指名して引退した。大島は第36回衆議院議員総選挙で敗れるも中村が出馬しなかった第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以後連続10回当選している。浜通りの安定した支持基盤を引き継ぎつつも大島自身は八戸市西部の農家の出身であったため、以後支持者の顔ぶれには微妙な変化が生まれる。八戸戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 松 あきら

    松あきらから見た大島理森大島理森

    2000年11月2日、第150回国会の参議院文教・科学委員会にて、質問に立った松は、江本の著書『水は語る――Water, it tells us precious things』の実験内容を詳細に語り、持参した水の結晶の写真を委員会室で回覧させ、「やはり水も言葉がわかる」「私もこのお水の実験を実際してみたいなと思う」「授業の中で子供たちに、こういう人がいてこういう実験をしたらこうなったんだってよと、水でもわかるのかしら、このクラスでも一遍やってみようかとか、そういうことも子供たちが心というものを考える、あるいは命というものを考える一つの手助け」と発言している。答弁に立った文部大臣(兼科学技術庁長官)の大島理森は「写真でございますが、拝見してみて、これはボトルに貼るだけでこういうふうに変わるというのは……」と発言したが、松はさらに科学技術庁に対し「ぜひ実験してみてください」と要請した。松あきら フレッシュアイペディアより)

  • 創生「日本」

    創生「日本」から見た大島理森大島理森

    12月2日 都内で総会を開き、民主党が成立を目指す外国人参政権に反対する決議を採択した。「(公務員の選定や罷免は国民固有の権利とする)憲法15条に違反する可能性が極めて大きく、国民の主権を脅かしかねない」とした上で「外国人参政権阻止を表明する」としており、外国人参政権への反対を明確にし、外国人参政権の憲法違反の可能性についても指摘した。また、地方議員らにも反対の動きを広げる方針を確認し、同日、会の衛藤晟一幹事長は、大島理森自由民主党幹事長に党として反対するよう申し入れた。創生「日本」 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示