111件中 21 - 30件表示
  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た大島理森大島理森

    1983年、第37回衆議院議員総選挙に旧秋田1区から自民党公認で出馬し、衆議院議員に初当選(石田博英の地盤を継承。当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・衛藤征士郎・金子原二郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。1995年、村山改造内閣で農林水産大臣に就任し、初入閣した。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

  • 第173回国会

    第173回国会から見た大島理森大島理森

    しかし、天皇の政治利用だとして、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は「おことばを政治的にあれこれいうのは極めて不適切だ」、福島瑞穂消費者担当大臣は「慎重に考えるべきだ。現状でいい」、自民党の大島理森幹事長は、「行き過ぎた発言で、民主党のおごりを感じる」と与野党から批判の声があがった。第173回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た大島理森大島理森

    自由民主党の役員改選が行われ、大島理森幹事長が副総裁、新幹事長には石原伸晃元政調会長、政調会長は石破茂が留任し、総務会長には小池百合子元防衛相が女性で初めて党3役に就任。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷義雄

    熊谷義雄から見た大島理森大島理森

    1979年 第35回衆議院議員総選挙で落選し、政界引退。大島理森を後継者に選ぶ熊谷義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 北川正恭

    北川正恭から見た大島理森大島理森

    1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙で自由民主党から出馬し、初当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。自民党時代は福田派→安倍派→三塚派に所属していたが、1994年(平成6年)の細川内閣総辞職を機に、鹿野道彦ら自民党議員5名と共に離党して、鹿野を党首とする新党みらいを結党。その後、他の政党会派と合併して、新進党に加わった。北川正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た大島理森大島理森

    伊藤忠治は、国会議員として1999年(平成11年)5月2日(伊藤忠治議員の65歳の誕生日)から1999年(平成11年)5月6日までの4日間でイギリスに行き英国議会を視察をした。自由民主党の2名(大島理森団長と熊代昭彦)と民主党2名(伊藤忠治副団長と島聡)と公明党・改革クラブの東順治と自由党の井上喜一と日本共産党の東中光雄と社会民主党の深田肇の8名の国会議員団で実質3日の短い期間で「政府委員制度廃止・副大臣制度導入」の参考とするため「衆議院英国副大臣制及び議会制度実情調査議員団」8名の1人に指名されて、生き生きと過熱した討論のブレア(英国首相)とヘイグ(野党の保守党の党首)のディベートに感銘した。伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊博史

    渡邊博史から見た大島理森大島理森

    山岡の電話は内閣が国会に対し渡辺副総裁案を提示する前に掛けられていることから、「人事案の決定前に、国会議員が候補者に反対だと直接伝えるのは、辞退するよう政治的圧力をかけたようなものだ」と自民党幹部は語った。委員会質疑において、西田も「事実なら人事への政治介入で重大問題だ」と指摘し、また自民党国会対策委員長の大島理森は山岡の参考人招致の検討を表明し、政治問題化することとなった。渡邊博史 フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た大島理森大島理森

    幹事 - 大島理森、尾身幸次、久間章生、小坂憲次、小杉隆、塩谷立、島村宜伸、下村博文、武部勤、中馬弘毅、渡海紀三朗、中山成彬、西村康稔、額賀福志郎、鳩山邦夫、福田康夫、細田博之、柳沢伯夫、尾辻秀久、小野清子、北川イッセイ、中曽根弘文、舛添要一平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見た大島理森大島理森

    4日 - 自民党の副総裁高村正彦が高村派会長を辞任。後任に大島理森(前副総裁)が就任し、高村派から大島派に改称。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年自由民主党総裁選挙

    2007年自由民主党総裁選挙から見た大島理森大島理森

    麻生派以外の全派閥の支持を取り付けた福田の圧勝が予想されていただけに、わずか16人という自派母体しかもたない麻生が200票近くを獲得したことは驚きをもって受け止められた。福田支持を決めた各派は、派閥の領袖間では福田支持で固まっていたものの、派閥のナンバー2クラス(津島派における鳩山邦夫、伊吹派における中川昭一、山崎派における甘利明、高村派における大島理森、古賀派における菅義偉など)がほとんどが麻生支持に回り、ほとんどの派閥が福田支持と麻生支持で二分してしまった結果である。福田の所属派閥である町村派も保守系議員を中心に麻生支持に回ったとされ、派閥として福田支援で固まったのは、谷垣派と二階派の二派のみと目されている。2007年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「大島理森」のニューストピックワード