111件中 31 - 40件表示
  • 青森県第1区 (中選挙区)

    青森県第1区 (中選挙区)から見た大島理森大島理森

    大島理森(自民、1983・86・90・93年)青森県第1区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党副総裁

    自由民主党副総裁から見た大島理森大島理森

    2010年に谷垣禎一の下で副総裁に就任した大島理森の場合は、幹事長として直前の参院選で勝利した功績に報いる一方で党三役の若返りのバランスをとるため、幹事長からの昇格という形がとられた。自由民主党副総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た大島理森大島理森

    大島理森 自民党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 創生「日本」

    創生「日本」から見た大島理森大島理森

    12月2日 都内で総会を開き、民主党が成立を目指す外国人参政権に反対する決議を採択した。「(公務員の選定や罷免は国民固有の権利とする)憲法15条に違反する可能性が極めて大きく、国民の主権を脅かしかねない」とした上で「外国人参政権阻止を表明する」としており、外国人参政権への反対を明確にし、外国人参政権の憲法違反の可能性についても指摘した。また、地方議員らにも反対の動きを広げる方針を確認し、同日、会の衛藤晟一幹事長は、大島理森自民党幹事長に党として反対するよう申し入れた。創生「日本」 フレッシュアイペディアより)

  • 中山太郎

    中山太郎から見た大島理森大島理森

    自民党の内規である国政選挙の比例代表定年制の撤廃を要求していた。2010年(平成22年)5月25日、要求が通らなかったとして自民党に離党届を提出したが、幹事長(当時は大島理森)預かりとなり、現在も党籍は残っている。中山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た大島理森大島理森

    一連の離党の動きに対し、自民党執行部、特に党幹事長の大島理森が強く批判。離党した現職および元職の国会議員の内、党紀委員会での審査を経て6人(松田岩夫、清水鴻一郎、与謝野馨、舛添要一、中山成彬、水野賢一)に対して除名処分が下された。特に与謝野と舛添の除名が注目されたが、党紀委員会では政党票で当選した比例選出議員であることや新党結党首謀者として他の自民党国会議員に対して新党結党のために自民党離党を促したことを反党行為とされた。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井善之

    亀井善之から見た大島理森大島理森

    1996年(平成8年)、第1次橋本内閣で運輸大臣として初入閣。2003年(平成15年)には農林水産大臣であった大島理森が元秘書の献金流用疑惑で辞任すると、大島の後任として再び入閣した。山崎派(近未来政治研究会)の最高幹部の一人として同派の事務総長を長期にわたって務め、山崎拓を支えた。亀井善之 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県第1区

    青森県第1区から見た大島理森大島理森

    中選挙区の旧1区時代は田名部匡省、大島理森の八戸勢に、青森が地盤の津島雄二、竹中修一、革新系の関晴正、その後継の今村修らが争っていた。青森県第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸戦争

    八戸戦争から見た大島理森大島理森

    熊谷は落選後大島理森(河本派)を後継指名して引退した。大島は第36回衆議院議員総選挙で敗れるも中村が出馬しなかった第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以後連続当選を維持している。浜通りの安定した支持基盤を引き継ぎつつも大島自身は八戸市西部の農家の出身であったため、以後支持者の顔ぶれには微妙な変化が生じる。八戸戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 夏堀源三郎

    夏堀源三郎から見た大島理森大島理森

    自由民主党副総裁、自由民主党幹事長等を務めた大島理森は甥に当たる。夏堀源三郎 フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「大島理森」のニューストピックワード