88件中 31 - 40件表示
  • 中山太郎

    中山太郎から見た大島理森大島理森

    自民党の内規である国政選挙の比例代表定年制については撤廃を要求していたが、2010年(平成22年)5月25日、要求が通らなかったとして自民党に離党届を提出したが、幹事長(当時は大島理森)預かりとなり、現在も党籍は残っている。。中山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た大島理森大島理森

    山岡の電話は内閣が国会に対し渡辺副総裁案を提示する前に掛けられていることから、「人事案の決定前に、国会議員が候補者に反対だと直接伝えるのは、辞退するよう政治的圧力をかけたようなものだ」と自民党幹部は語った。委員会質疑において、西田も「事実なら人事への政治介入で重大問題だ」と指摘し、また自民党国会対策委員長の大島理森は山岡の参考人招致の検討を表明し、政治問題化することとなった。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た大島理森大島理森

    国会対策委員長 大島理森第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 北川正恭

    北川正恭から見た大島理森大島理森

    1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙で自由民主党から出馬し、初当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。自民党時代は福田派→安倍派→三塚派に所属していたが、1994年(平成6年)の細川内閣総辞職を機に、鹿野道彦ら自民党議員5名と共に離党して、鹿野を党首とする新党みらいを結党。その後、他の政党会派と合併して、新進党に加わった。北川正恭 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県議会

    青森県議会から見た大島理森大島理森

    大島理森(衆議院議員・自由民主党副総裁)青森県議会 フレッシュアイペディアより)

  • 尾身幸次

    尾身幸次から見た大島理森大島理森

    83年衆院選当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・北川正恭・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明などがいる。尾身幸次 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀征

    田中秀征から見た大島理森大島理森

    1983年の第37回衆議院議員総選挙では、自民党のベテラン・小坂善太郎(小坂憲次の父)を破り、最初の立候補から11年目にして当選を果たした(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・野呂田芳成・衛藤征士郎・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・鈴木宗男・甘利明など)。当選後自由民主党に入党し、鈴木→宮澤派に所属。派内では同じ東大卒の宮澤喜一から厚い信任を得ていたが、リクルート事件で政治改革が叫ばれるようになると元滋賀県知事の武村正義らと共にユートピア政治研究会を結成する。田中秀征 フレッシュアイペディアより)

  • 石川知裕代議士の逮捕を考える会

    石川知裕代議士の逮捕を考える会から見た大島理森大島理森

    会の結成について、自民党の大島理森幹事長は、証拠に基づく捜査に対する政治的プレッシャーをかけるようなやり方は品性に欠けると批判し、同党の川崎二郎国会対策委員長は「小沢紅衛兵」と呼び、非難した。石川知裕代議士の逮捕を考える会 フレッシュアイペディアより)

  • 第173回国会

    第173回国会から見た大島理森大島理森

    しかし、天皇の政治利用だとして、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は「おことばを政治的にあれこれいうのは極めて不適切だ」、福島瑞穂消費者担当大臣は「慎重に考えるべきだ。現状でいい」、自民党の大島理森幹事長は、「行き過ぎた発言で、民主党のおごりを感じる」と与野党から批判の声があがった。第173回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜

    昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜から見た大島理森大島理森

    同年8月3日の『ハチミツの日』に日本養蜂はちみつ協会と共同で開催されたみつばちを救うPRイベントでは、キャラクターと共に、(当時の)自由民主党幹事長・大島理森や参議院議員の三原じゅん子もゲスト出演し、三原は映画を観て号泣したことを語っている。昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示