88件中 41 - 50件表示
  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た大島理森大島理森

    1983年、第37回衆議院議員総選挙に旧秋田県第1区から自民党公認で出馬し、衆院で初当選する(石田博英の地盤を継承。当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。1995年、村山改造内閣で農林水産大臣に就任し、初入閣。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

  • 平将明

    平将明から見た大島理森大島理森

    2010年3月3日、自民党執行部開催の衆院当選期別懇談会で大島理森自民党幹事長について、「記者会見などでテレビに出るたびに厳しいイメージを作られているように見え、マイナス」と訴える。同年7月22日には山崎派を脱会。平将明 フレッシュアイペディアより)

  • 憲法改正論議

    憲法改正論議から見た大島理森大島理森

    2010年には自民党・憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)が“憲法改正論点整理の要旨”を発表。天皇の明文元首化や国歌国旗の制定、永住外国人の参政権否定、徴兵制度や国民が国を守る義務を定めることについて検討すると明記されていたことが論議を呼び、大島理森幹事長があわてて「公式なものではない」と否定して回る騒ぎとなった。憲法改正論議 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た大島理森大島理森

    大島理森 自民党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た大島理森大島理森

    2008年、麻生太郎総裁の下で政調会長代理に就任した。園田は麻生内閣の経済財政政策担当大臣である与謝野馨に働きかけ、財政再建派の「正しいことを考え実行する会」を設立。上げ潮派の中川秀直元幹事長らを牽制した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、熊本県第4区で8回目の当選を果たした。同年10月、谷垣禎一総裁の下で幹事長代理に就任したが、執行部批判を強める与謝野馨に同調し、2010年3月に幹事長代理を辞任した。同年4月、新党の結成について「自民党から多くの仲間を連れて行き、党を分裂させてケンカをしようという話ではない。民主党に反対したい人たちを自民党だけで吸収できないのであれば、別の党を作ってなるべく多くの人を吸収し、左右から挟み撃ちにして民主党をやっつければいい」「今の自民党では民主党を嫌った人を吸収出来ない。政策が駄目なわけではないが、ゼロからスタートしなければ信用を得られない」「自民の分裂とは言われたくない。県内の兄弟分は誘えない」と述べ、自民党を離党し、反自民の立場ではない新党の結成を示唆した。4月5日、無所属の平沼赳夫元経済産業大臣及び与謝野の2人を中心に新党構想が持ち上がっていたたちあがれ日本に参加するため、大島理森自民党幹事長(当時)に離党届を提出した。離党届を提出した後、「参院選で与党を少数に追い込まないと何のチャンスも生まれない。政策変更さえしないだろう。憤りを感じて新党に参加する」「民主党が国民のためにそこそこのことをしていたら、僕らも政権奪還をゆっくりやる。(しかし)民主党は国民の歓心を買うことだけにいよいよ邁進している」と述べ、改めて反自民ではなく反民主の新党であるとの認識を示し、4月10日に結党したたちあがれ日本の幹事長に就任。園田の離党届は4月27日の自民党党紀委員会で了承された(なお与謝野の離党届は受理されず、除名処分が下った)。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た大島理森大島理森

    自民党の大島理森幹事長は「デフレ宣言と同時に対応策を発表すべきだった」と述べ、政府の経済政策を批判した。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 仲村正治

    仲村正治から見た大島理森大島理森

    1969年に那覇市議会議員、1976年に沖縄県議会議員となり、沖縄県政界における地位を築く。1983年に第37回衆議院議員総選挙で初当選し、1度の落選を挟んで7回当選(83年当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。1993年6月の宮澤内閣不信任案採決直前に沖縄開発庁政務次官辞任し不信任案に賛成、改革フォーラム21ごと自民党を集団離党する。新生党結成や新進党結党に参加するも、やがて自民党に復党。仲村正治 フレッシュアイペディアより)

  • 星野剛士

    星野剛士から見た大島理森大島理森

    1988年3月、大学卒業。同年4月、産経新聞社に入社し社会部に配属。1990年、政治部に配属され、首相官邸・外務省・自民党などを中心とした記者を担当した。官房副長官番として大島理森を担当。星野剛士 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た大島理森大島理森

    1983年に中川が死去すると、第37回衆議院議員総選挙で中川が生前に立候補していた中選挙区時代の北海道5区(定数5)から、自民党の公認を得られず保守系無所属で出馬。中川の長男である昭一と骨肉の争いを演じ、激戦の末共に初当選(当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・甘利明など)。期間中、支持者に対して車窓から箱乗りして手を振る姿は有名である。初当選後田中角栄派の幹部だった金丸信に掛け合い、当時の中曽根康弘総裁から追加公認された。鈴木の事前公認に反対したのは党総務局長だった小沢一郎で、鈴木はそれを知ると後々まで恨んだというが、現在は和解している。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見た大島理森大島理森

    大島理森(自民党副総裁)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示