88件中 51 - 60件表示
  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た大島理森大島理森

    政府・民主党は内閣法を改正して閣僚の定員を一時的に3人増員して20人とし、震災への対策を強化し、野党から入閣を求めて「挙国一致」体制を築くことも合わせて検討された。3月19日、自由民主党の谷垣禎一総裁に原発問題担当相、大島理森副総裁に震災対策担当相としての入閣が打診されたと新聞各紙朝刊が報じた。その日の午後には菅が谷垣へ電話で副総理兼震災復興担当相での入閣を要請したが、谷垣は拒否した。自民党は震災対策では全面協力する方針だが、当初から同党から閣僚を出すことには否定的であり、閣僚増員が提案された18日の「各党・政府震災対策合同会議」では石原伸晃自民党幹事長が岡田克也民主党幹事長に対し、「首相が思いつきで総裁に電話すると混乱するので気をつけてほしい」と牽制していた。閣僚の増員に関しても与党で連立を組む国民新党の代表であった亀井静香などから反対され、改正は見送られた。その後、亀井は首相の菅から副総理としての入閣を打診されたが固辞し、首相補佐官に就任している。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た大島理森大島理森

    この他、野田内閣で防衛大臣に起用された一川保夫は「あぜ道内閣」、コピーライターの岩永嘉弘は「どんぐりころころ内閣」、政治評論家の小林吉弥は「どじょう鍋内閣」、漫画家の弘兼憲史は「これでいいノダ内閣」、教育評論家の尾木直樹は「課題乗り越え内閣」、漫画家の倉田真由美は「花より団子内閣」、愛知県知事の大村秀章は「超地味内閣」、佐賀県知事の古川康は「実務堅実内閣」、民主党政調会長の前原誠司は「ドジョウ宰相公約実現内閣」、民主党最高顧問の渡部恒三は「民主党最後の内閣」、自由民主党副総裁の大島理森は「グループ均衡内向き内閣」、政治アナリストの伊藤惇夫は「掃除機内閣」、みんなの党代表の渡辺喜美は「増税一直線の論功行賞内閣」と、日本共産党書記局長の市田忠義は「財界直結内閣」、新党改革代表の舛添要一は「党内向けの気遣い内閣」と呼んだ。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 田名部匡省

    田名部匡省から見た大島理森大島理森

    地元八戸市では、大島理森との通称「八戸戦争」により、市を二分している状況であることで知られる。田名部匡省 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県第2区

    青森県第2区から見た大島理森大島理森

    中選挙区時代の旧青森1区の時代は、県都青森市を抱える現青森1区選出の津島雄二、現青森3区の八戸戦争に代表される、田名部匡省、大島理森に、ほか1名の4名が選出されていたが、二北地区(上北(上十三)、下北)からの立候補がほぼなかった。そのため、小選挙区制になり、自民系の江渡聡徳と新進系の三村申吾の争いとなる。1996年の第41回は江渡、2000年の第42回は三村が勝利したが、2003年、三村が青森県知事選挙に出馬したため失職。同年の第43回衆議院議員総選挙では江渡が返り咲き、2005年の第44回衆議院議員総選挙では小泉自民党への追い風から、民主党候補に比例復活を許さず江渡が再選された。2009年の第45回衆議院議員総選挙では一転、自民党に猛烈な逆風が吹いたものの、再び江渡が民主党の中野渡詔子を下し、連続当選を果たした(中野渡も比例復活)。2012年の第46回衆議院議員総選挙でも江渡が大差を付けて当選し、次点以下に比例復活を許さなかった。青森県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県第1区

    青森県第1区から見た大島理森大島理森

    旧1区時代は田名部匡省、大島理森の八戸勢に、青森が地盤の津島雄二、竹中修一、革新系の関晴正、その後継の今村修らが争っていた。青森県第1区 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県第3区

    青森県第3区から見た大島理森大島理森

    中選挙区時代の旧1区は、現1区うちの東青地区、現2区の上北・下北地区、現3区の三八地区(八戸市・三戸郡)が選挙区域で、そこから4人が選ばれていた。東青では津島雄二、竹中修一、革新系候補、三八上北では自由民主党の田名部匡省と大島理森らが立候補していた。そのうち、八戸地区は、田名部と大島が、地区を二分する選挙戦を行っていた(通称・八戸戦争)。政治改革が焦点となった1993年に、田名部が自由民主党を離脱(その後新生党入党・県民協会設立)。青森県第3区 フレッシュアイペディアより)

  • 河本敏夫

    河本敏夫から見た大島理森大島理森

    リクルート事件で竹下登が首相を辞任、続く宇野宗佑首相も参院選の惨敗を受けて退陣した1989年は、河本にとって政権獲得の最大の好機とされたが、党内の若手待望論を受けて、河本派の番頭格である海部俊樹が浮上。河本は海部に対し「海部さん、あんたやりなさい」と促し、総裁選出馬を見送った。河本の出馬断念を聞き、河本の側近だった大島理森は号泣したという。結果は海部が林義郎、石原慎太郎の2名を凌駕し圧勝。河本敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た大島理森大島理森

    伊藤忠治は、国会議員として1999年(平成11年)5月2日(伊藤忠治議員の65歳の誕生日)から1999年(平成11年)5月6日までの4日間でイギリスに行き英国議会を視察をした。自由民主党の2名(大島理森団長と熊代昭彦)と民主党2名(伊藤忠治副団長と島聡)と公明党・改革クラブの東順治と自由党の井上喜一と日本共産党の東中光雄と社会民主党の深田肇の8名の国会議員団で実質3日の短い期間で「政府委員制度廃止・副大臣制度導入」の参考とするため「衆議院英国副大臣制及び議会制度実情調査議員団」8名の1人に指名されて、生き生きと過熱した討論のブレア(英国首相)とヘイグ(野党の保守党の党首)のディベイトに感銘した。伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 自民党ネットサポーターズクラブ

    自民党ネットサポーターズクラブから見た大島理森大島理森

    自民党本部で開催された2010年6月9日の設立総会は、参加者の申込数が会場収容人数予想以上のため、受付を6月2日で締め切った。設立総会に参加した自民党国会議員は他に安倍晋三・大島理森・松本純・義家弘介・丸川珠代・小泉進次郎・河野太郎がいる。自民党ネットサポーターズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見た大島理森大島理森

    2012年時点、徴兵制復活を唱える個人の政治家は石原慎太郎日本維新の会代表等が存在するが、国会に議席を持つ政党で、徴兵制度の復活を党是や公約に掲げている政党は存在しない。自由民主党が着手している日本国憲法改正は徴兵制を復活させようとするものであるという批判がしばしば行われるが、自民党側はこれを認めていない。2010年3月4日には、共同通信社は自由民主党の「憲法改正推進本部が徴兵制度を検討することを示唆した」と報じられたが、幹事長大島理森は直後にこれを否定している徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示