111件中 71 - 80件表示
  • 尾身幸次

    尾身幸次から見た大島理森大島理森

    83年衆院選当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・北川正恭・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明などがいる。尾身幸次 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村洋文

    吉村洋文から見た大島理森大島理森

    衆議院議員在職中は維新の党政調副会長や、大阪維新の会の「都構想推進本部」(本部長:橋下徹)の局長も務めた。大阪都構想を推進した橋下徹大阪市長の信頼も厚く、都構想の制度設計では中心的な役割をになっていた。2015年9月26日には、橋下徹の引退に伴う大阪市長選挙に、大阪維新の会が吉村を擁立する意向が報じられる。10月1日に辞職願を大島理森衆議院議長に提出し、同日許可された。吉村の辞職に伴い、比例近畿ブロックで次点だった椎木保が繰り上げ当選した。吉村洋文 フレッシュアイペディアより)

  • 河本敏夫

    河本敏夫から見た大島理森大島理森

    リクルート事件で竹下が内閣総理大臣を辞任し、続く宇野宗佑も参議院議員選挙の惨敗を受けて退陣した1989年は、河本にとって政権獲得の最大の好機とされた。だが、竹下や金丸の若手待望論を受け、河本派の番頭格である海部俊樹が総裁候補に浮上する。河本は海部に対し「海部さん、あんたやりなさい」と促し、自らの総裁選出馬を見送った。河本が出馬を断念したことを知り、河本の側近だった大島理森は号泣したという。結果、総裁選挙では海部が林義郎と石原慎太郎を凌駕して圧勝し、新たな総裁に選出された。河本敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の喫煙

    日本の喫煙から見た大島理森大島理森

    自民党には、かつてたばこ族議員が存在し、葉たばこ農家や販売店組合が議員を支援していた。代表的な議員は松岡利勝、大島理森、藤井裕久、渡部恒三、小沢一郎ら。元JT幹部によれば、JT社長の諮問機関でJTが開催する葉たばこ価格決定の「葉たばこ審議会」に自民党の議員が大勢でやって来て、価格はほとんど据え置きの状態であった。たばこ族議員はやがて葉たばこ農家の減少、政権交代などとともに後退した。平成23年(2011年)現在、自民党本部は本部内禁煙の方向に動いている。日本の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 自社さ連立政権

    自社さ連立政権から見た大島理森大島理森

    また詳細な政策を連立各党間で調整するため、与党責任者会議に準じた意思決定機関として、与党院内総務会が設置され、与党院内総務会の下に与党政策調整会議と国対委員長会議が設置された。与党院内総務会には、自民党から深谷隆司(座長)、村岡兼造、宮下創平、保利耕輔、亀井善之、谷垣禎一、大島理森、岩崎純三、田沢智治が、社会党から森井忠良(座長)、山下八洲夫、関山信之、池端清一、鈴木和美、及川一夫、渕上貞雄が、新党さきがけから渡海紀三朗(座長)、菅直人、荒井聰が参画。与党政策調整会議には、自民党から加藤紘一、保利耕輔、岡野裕が、社会党から関山信之、田口健二、藁科満治、さきがけから菅直人、五十嵐文彦が参画した。自社さ連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 田名部匡代

    田名部匡代から見た大島理森大島理森

    2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で青森3区から出馬したが、自由民主党の大島理森に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックでも次点で落選した。2003年、日野市朗の死去により繰り上げ当選。同年の第43回衆議院議員総選挙に青森3区から民主党公認で出馬するが、再び自民党の大島に敗れ、比例東北ブロックでも惜敗率0.1%の僅差で落選した。田名部匡代 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密の保護に関する法律

    特定秘密の保護に関する法律から見た大島理森大島理森

    2018年3月28日、情報監視審査会は、特定秘密文書であるにもかかわらず、各省庁の判断で保存期間を「1年未満」の扱いにして廃棄している現状を指摘し、政府内にチェック体制をつくるよう求める調査報告書を大島理森衆議院議長に提出した。同調査報告書によれば、内閣官房、警察庁、防衛省などの6省庁は2016年だけで44万4877件の特定秘密文書を廃棄し、うち2万8272件は原本といえるものがない文書だった。特定秘密の保護に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 田名部匡省

    田名部匡省から見た大島理森大島理森

    地元八戸市では、大島理森との通称「八戸戦争」により、市を二分している状況であることで知られる。田名部匡省 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷弘

    熊谷弘から見た大島理森大島理森

    1983年、第37回衆議院議員総選挙で衆議院議員に鞍替えし当選(当選同期に田中直紀・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明らがいる)。1986年に同じ先輩議員の足立篤郎が引退したため、事実上の足立の後継者となった。当選後は田中派(のち竹下派)に所属する。第2次中曽根内閣では経済企画政務次官を務めた。熊谷弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大連立構想 (日本 2007)

    大連立構想 (日本 2007)から見た大島理森大島理森

    10月30日午前、 国会内で自民党と民主党との党首会談が行われた。自民党側は福田・伊吹と党国会対策委員長の大島理森、民主党側は党代表の小沢一郎・党幹事長の鳩山由紀夫・党国会対策委員長の山岡賢次が出向いた。最初の10分はこの6者で会談し、その後の45分間は福田と小沢だけの党首会談、最後に伊吹・鳩山が会談に加わって党首会談は終了した。この党首会談では、翌31日に予定されていた国会での党首討論の延期、再度の党首会談が約束され、福田と小沢が国会運営の鍵を握っていることを世間に明確にしたが、永田町では「45分間も密室にいて世間話はないだろう」などと、衆院解散・総選挙や大連立をめぐって憶測が飛び交い、疑心暗鬼の状態となる者も多く、各方面からその密室性を厳しく批判された。大連立構想 (日本 2007) フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「大島理森」のニューストピックワード