1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示
  • 大島理森

    大島理森から見た衆議院議長

    2008年初頭の、ガソリン国会に絡み与党内で検討された「つなぎ法案」については、つなぎ法案に慎重な福田康夫首相の意を汲み、アジア・アフリカ問題研究会結成以来、親交の深い河野洋平衆議院議長に斡旋を要請。両院議長斡旋案による与野党合意に至ったが、この合意でガソリン暫定税率維持法案が期限までに可決できず、1ヶ月間ガソリン税が下がり、ガソリン料金が乱高下する事態を招いた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た科学技術庁

    2000年7月4日:文部大臣・科学技術庁長官に就任。(-12月5日)大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た平成研究会

    2012年10月には副総裁を退任。新たに副総裁となった高村正彦と入れ替わる形で番町政策研究所会長となり、大島派が発足した。青森県から派閥領袖が出るのは平成研究会の津島雄二に続き2人目である。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た卒業

    青森県八戸市出身。衆議院議員などを歴任した夏堀源三郎は叔父にあたる。青森県立八戸高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業し、法学士号を持つ。大学卒業後は、毎日新聞社に勤務した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た高村派

    自由民主党国会対策委員長を2度務め、通算での在任記録は歴代1位。国対委員長時代に築いたパイプにより、党内外に幅広い人脈を持つ。野中広務、古賀誠との交流で知られたが、清和政策研究会にも太いパイプを持つ。高村派誕生時には河本系の議員を率いて大島グループ独立(及び他派との合流)も噂されたが、高村正彦への派閥移譲に尽力し、名実ともに派のナンバー2となる。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た科学技術庁長官

    青森県議会議員(2期)、衆議院議院運営委員長(第57代)、衆議院予算委員長、環境庁長官(第32代)、文部大臣(第128代)、科学技術庁長官(第61代)、農林水産大臣(第34代)、自由民主党国会対策委員長(第45・49代)、自由民主党幹事長(第44代)、自由民主党副総裁(第12代)を歴任した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た議員

    青森県議会議員(2期)、衆議院議院運営委員長(第57代)、衆議院予算委員長、環境庁長官(第32代)、文部大臣(第128代)、科学技術庁長官(第61代)、農林水産大臣(第34代)、自由民主党国会対策委員長(第45・49代)、自由民主党幹事長(第44代)、自由民主党副総裁(第12代)を歴任した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た参議院一人区

    2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山政権の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いたが、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た小泉内閣

    国対委員長としての働きも評価されて小泉内閣では農林水産大臣として再入閣したが、2002年10月の就任後、様々な疑惑が取りざたされたため、2003年4月1日に辞任した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示

「大島理森」のニューストピックワード