99件中 11 - 20件表示
  • 大島理森

    大島理森から見た鈴木宗男

    青森県議会議員を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降9回連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た田中直紀

    青森県議会議員を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降9回連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た野中広務

    自由民主党国会対策委員長を2度務め、通算での在任記録は歴代1位。国対委員長時代に築いたパイプにより、党内外に幅広い人脈を持つ。野中広務、古賀誠との交流で知られたが、清和政策研究会にも太いパイプを持つ。高村派誕生時には河本系の議員を率いて大島グループ独立(及び他派との合流)も噂されたが、高村正彦への派閥移譲に尽力し、名実ともに派のナンバー2となる。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た古賀誠

    自由民主党国会対策委員長を2度務め、通算での在任記録は歴代1位。国対委員長時代に築いたパイプにより、党内外に幅広い人脈を持つ。野中広務、古賀誠との交流で知られたが、清和政策研究会にも太いパイプを持つ。高村派誕生時には河本系の議員を率いて大島グループ独立(及び他派との合流)も噂されたが、高村正彦への派閥移譲に尽力し、名実ともに派のナンバー2となる。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た中川秀直

    2008年11月、麻生総理大臣の「ホッケの煮付け」発言に対して、「そのようなものは存在しない」と指摘した(ホッケの煮付けは実在はするが一般的なものではない)。12月1日、自民党国対委員長としての通算在職日数が1128日となり、中川秀直を抜いて歴代1位となった(連続在職日数は中川が1位である)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た河野太郎

    前述の副総裁就任後、大島の部屋を訪ねた河野太郎に対し、大島は「君が早くやめろやめろというものだから、今度は陽も当たらない部屋に押し込められることになったぞ。オレと一緒に悪役商会にでも入ったらどうだ。」と軽口を叩いたという。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た藤川優里

    八戸市議会議員の藤川優里の参院選出馬が取り沙汰された際、八戸市を地盤に持つ大島も積極的に擁立に向けて動いたが、結局藤川は立候補しなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た額賀福志郎

    福田康夫内閣組閣、党人事刷新に当たり、国対委員長としての力量を買われ留任、参議院で野党過半数というねじれ国会に臨むことになった。テロ新法審議の最中に守屋武昌防衛事務次官に絡む山田洋行事件が発覚。11月15日の参議院外交防衛委員会の証人喚問で山田洋行の宮?元伸との宴席に額賀福志郎財務大臣(当時)が同席していたと答弁し、額賀に疑惑が浮上した際には党として額賀の行動を調査し、民主党の追及に対して、額賀と宮崎が宴席に同席していない証拠を提示するなどして反論した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た衛藤征士郎

    青森県議会議員を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降9回連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た野呂昭彦

    青森県議会議員を経て1983年の第37回衆議院議員総選挙で初当選し、以降9回連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示