99件中 41 - 50件表示
  • 大島理森

    大島理森から見た津島雄二

    2012年10月には副総裁を退任。新たに副総裁となった高村正彦と入れ替わる形で番町政策研究所会長となり、大島派が発足した。青森県から派閥領袖が出るのは平成研究会の津島雄二に続き2人目である。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た政治家

    大島 理森(おおしま ただもり、1946年9月6日 ‐ )は、日本の政治家、自由民主党所属の衆議院議員(10期)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た東日本大震災

    2010年9月9日に副総裁への就任が決定。参院選で勝利した大島の交代には異論があったが、若手からの世代交代論とのバランスを取る形で、副総裁への昇格という形が取られた(後任の幹事長は石原伸晃)。このため、選挙対策や国会対策の実務においては、引き続き大島の意向が強く働き、実際選挙準備や与野党協議を巡って大島の動きが報じられることが多かった。特に東日本大震災以後の与野党協力の気運の中で、民主党の実力者であった仙谷由人らと大連立を視野に入れた協議を断続的に行なっていたが、実現には至らなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た公共事業

    2003年の第43回衆議院議員総選挙直前に公共事業受注企業から1300万円の献金を受けていた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た環境庁

    1995年8月8日:環境庁長官に就任。(-1996年1月11日)大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た慶應義塾大学

    青森県八戸市出身。衆議院議員などを歴任した夏堀源三郎は叔父にあたる。青森県立八戸高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業し、法学士号を持つ。大学卒業後は、毎日新聞社に勤務した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見たホッケ

    2008年11月、麻生総理大臣の「ホッケの煮付け」発言に対して、「そのようなものは存在しない」と指摘した(ホッケの煮付けは実在はするが一般的なものではない)。12月1日、自民党国対委員長としての通算在職日数が1128日となり、中川秀直を抜いて歴代1位となった(連続在職日数は中川が1位である)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た創価学会

    河本直系として三木派の流れを汲み、番町政策研究所に所属しているが(幹事長就任後は形式的に離脱)、外交・安全保障政策ではタカ派色が比較的強い高村正彦会長を支え、町村派や麻生太郎、安倍晋三などの党内保守派との関係も総じて良好である一方、公明党や創価学会とも蜜月関係にある。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た大連立

    2010年9月9日に副総裁への就任が決定。参院選で勝利した大島の交代には異論があったが、若手からの世代交代論とのバランスを取る形で、副総裁への昇格という形が取られた(後任の幹事長は石原伸晃)。このため、選挙対策や国会対策の実務においては、引き続き大島の意向が強く働き、実際選挙準備や与野党協議を巡って大島の動きが報じられることが多かった。特に東日本大震災以後の与野党協力の気運の中で、民主党の実力者であった仙谷由人らと大連立を視野に入れた協議を断続的に行なっていたが、実現には至らなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た内閣官房副長官

    1990年2月28日:内閣官房副長官に就任。(-1991年11月5日)大島理森 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示