130件中 41 - 50件表示
  • 大島理森

    大島理森から見た政治資金規正法

    大島の政党支部が、それぞれ国交省と水産庁の補助金交付が決まっていた企業から寄付を受けていたことが、2015年発覚した。政治資金規正法では、補助金交付決定から1年以内の企業からの寄付を禁じている。大島は「返金し、収支報告書を訂正した」としている。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た衆議院議員

    大島 理森(おおしま ただもり、1946年9月6日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(12期)、衆議院議長(第76代・第77代)、尾崎行雄記念財団会長。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た政治家

    大島 理森(おおしま ただもり、1946年9月6日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(12期)、衆議院議長(第76代・第77代)、尾崎行雄記念財団会長。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た鳩山由紀夫内閣

    2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山由紀夫内閣の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いた。しかし、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方で、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党・平沼赳夫との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た政治資金パーティー

    東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であったことが報じられた。議員秘書等から依頼に応じパーティー券を購入し、一回あたりの購入額を政治資金収支報告書に記載義務のない20万円以下にして東電からの資金の流れが表面化しないようにしていた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た東日本大震災

    2010年9月9日に副総裁への就任が決定。参院選で勝利した大島の交代には異論があったが、若手からの世代交代論とのバランスを取る形で、副総裁への昇格という形が取られた(後任の幹事長は石原伸晃)。このため、選挙対策や国会対策の実務においては、引き続き大島の意向が強く働き、実際選挙準備や与野党協議を巡って大島の動きが報じられることが多かった。特に東日本大震災以後の与野党協力の気運の中で、民主党の実力者であった仙谷由人らと大連立を視野に入れた協議を断続的に行っていたが、首相辞任の可能性が高まる菅直人の問題が絡み実現には至らなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た公共事業

    2003年の第43回衆議院議員総選挙直前に公共事業受注企業から1300万円の献金を受けていたと日本共産党は主張した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た国土交通省

    大島の政党支部が、それぞれ国交省と水産庁の補助金交付が決まっていた企業から寄付を受けていたことが、2015年発覚した。政治資金規正法では、補助金交付決定から1年以内の企業からの寄付を禁じている。大島は「返金し、収支報告書を訂正した」としている。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見たホッケ

    2008年11月、麻生総理大臣の「ホッケの煮付け」発言に対して、「そのようなものは存在しない」と指摘した(ホッケの煮付けは実在はするが一般的なものではない)。12月1日、自民党国対委員長としての通算在職日数が1128日となり、中川秀直を抜いて歴代1位となった(連続在職日数は中川が1位である)。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度導入に反対。大島理森 フレッシュアイペディアより)

130件中 41 - 50件表示

「大島理森」のニューストピックワード