130件中 81 - 90件表示
  • 大島理森

    大島理森から見た特別会

    2017年11月、第48回衆議院議員総選挙の後に召集された第195回国会(特別国会)にて再び衆議院議長に選出された。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た三バン

    八戸市議会議員の藤川優里の参院選出馬が取り沙汰された際、八戸市を地盤に持つ大島も積極的に擁立に向けて動いたが、結局藤川は立候補しなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た三権分立

    2003年3月、資金団体の会計責任者の秘書が、八戸スカイビルオーナーから選挙資金として600万円を受け取ったにもかかわらず、収支報告書に記載がなかった。元秘書によるこの資金流用疑惑に関して、大島が答弁に備え衆院法制局に想定問答の作成を依頼したとされる。大島は協力を求めたことは認めたものの、「答弁作成の依頼はしていない」と否定。衆院法制局は「国会答弁で使われると認識していなかった」と釈明している。野党からは「法制局の公正中立や三権分立に反する」と批判され、鈴木宗男に倣って「疑惑のデパート」や「疑惑の総合商社」と呼ばれた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た八戸市立市民病院

    2002年に、政策秘書が公共工事などに絡み数千万円の口利き料を得ていたとの疑惑が浮上した。政策秘書は八戸市立市民病院や八戸赤十字病院、八戸スカイビルや東日本旅客鉄道(JR東日本)八戸駅のほか町村などの工事にも絡み、「営業手数料」などの名目で口利き料を得ていたとされる。事務所は「本人からは『心配ない。きちっと対応したい』という連絡があった。事務所としての対応もこれから詰めていく」とコメントしていたが、2003年3月の農林水産大臣辞任へと繋がった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た青森県立八戸高等学校

    青森県八戸市尻内町出身。衆議院議員などを歴任した夏堀源三郎は叔父にあたる。八戸市立三条小学校、八戸市立三条中学校、青森県立八戸高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科を卒業し、法学士を持つ。大学卒業後は、毎日新聞社に勤務した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た国務大臣

    青森県議会議員(2期)、国務大臣環境庁長官(第32代)、文部大臣(第128代)、科学技術庁長官(第61代)、原子力委員会委員長(第61代)、農林水産大臣(第34代)、内閣官房副長官(政務 第2次海部内閣)、自由民主党幹事長(第44代)、自由民主党副総裁(第12代)、自民党たばこ議員連盟顧問などを歴任。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た八戸赤十字病院

    2002年に、政策秘書が公共工事などに絡み数千万円の口利き料を得ていたとの疑惑が浮上した。政策秘書は八戸市立市民病院や八戸赤十字病院、八戸スカイビルや東日本旅客鉄道(JR東日本)八戸駅のほか町村などの工事にも絡み、「営業手数料」などの名目で口利き料を得ていたとされる。事務所は「本人からは『心配ない。きちっと対応したい』という連絡があった。事務所としての対応もこれから詰めていく」とコメントしていたが、2003年3月の農林水産大臣辞任へと繋がった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た第43回衆議院議員総選挙

    2003年の第43回衆議院議員総選挙直前に公共事業受注企業から1300万円の献金を受けていたと日本共産党は主張した。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た強行採決

    2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山由紀夫内閣の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いた。しかし、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方で、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党・平沼赳夫との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た日本における外国人参政権

    2010年1月12日、民主党が成立を目指す外国人参政権について「各県の議会などで反対の意見書が数多く出ている。今の時点で明確な結論は出ていないが、そういう声を尊重しながら議論したい」と述べ、慎重な姿勢を示した。なお、大島は2009年の時点で外国人参政権について「主権にかかわる問題だから党議拘束なしには抵抗感を持つ」と述べており、外国人参政権については党議拘束をかける可能性を示唆している。大島理森 フレッシュアイペディアより)

130件中 81 - 90件表示

「大島理森」のニューストピックワード