70件中 21 - 30件表示
  • 上田慶行

    上田慶行から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    大相撲の元大嶽親方(元関脇貴闘力)とは幼なじみであり小学校時代は同級生だった。上田慶行 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ嶺明彦

    貴ノ嶺明彦から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    取的時代が長く何度も辞めようと思ったが、努力の甲斐あって、1988年7月場所では東幕下10枚目の地位で琴錦(19歳で十両に昇進したものの、当時は幕下に陥落していた)や久島海・小城ノ花・貴闘力といった当時のホープ達を次々と破って全勝優勝を遂げた。翌9月場所、初土俵から苦節14年で新十両に昇進。すると気持ちが吹っ切れたのか、十両で3場所連続勝ち越して、一気に入幕を果たした。所要84場所での新十両、同87場所での新入幕はともに当時の最スロー記録(新十両の記録は後に出羽の郷が、新入幕のそれは星岩涛が更新)。左上手から、振り回すような上手投げが得意であった。貴ノ嶺明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 出場停止

    出場停止から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2010年(平成22年)7月場所では、大相撲野球賭博問題に関して大量処分者が発生し、野球賭博に関与した多くの関取が謹慎、実質的な出場停止となった。特に大嶽親方や大関琴光喜は解雇処分となり、大関以上では前例のない「実質的な永久追放」となった。出場停止 フレッシュアイペディアより)

  • 木村玉治郎 (6代)

    木村玉治郎 (6代)から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2002年9月場所12日目、十両の寺尾?貴闘力戦。全盛期の対戦を髣髴とさせる激しい突っ張り合いの末、寺尾が貴闘力を叩き込みで破った直後、寺尾が労うように貴闘力の肩を手でそっと叩き、敗れた貴闘力が号泣しながら花道を下がった姿が印象的だったこの取組。裁いていた行司は当時十両格雅之助時代の彼だった。なお、貴闘力はこの取組の翌日、寺尾は千秋楽取組終了後にそれぞれ引退を表明している。木村玉治郎 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 駿傑悠志

    駿傑悠志から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    しかし、東前頭15枚目で迎えた翌2006年1月場所も先場所と同じように序盤から絶不調で、先場所と同じく11日目を終えた時点で2勝9敗だったが、先場所のような終盤の巻き返しはなく、終始絶不調で4勝11敗という幕内に入ってからは自己最低の成績で大きく負け越してしまい、翌3月場所は十両に陥落。その場所も本来の力が出せず西十両5枚目で6勝9敗に終わり、翌5月場所も東十両9枚目で先場所と同じ成績に終わり、7月場所の番付は西十両13枚目と、いよいよ負け越せば成績次第で幕下陥落の危機に追い込まれたが、10勝5敗の好成績で危機を脱した。2007年7月場所では番付を十両筆頭まで戻した。しかし5勝10敗と大負けし、久しぶりに幕内に上がることは出来なかった。西十両11枚目で臨んだ2008年3月場所では3勝12敗と大きく負け越し、引退を表明した。かつて力士の「32歳全盛説」を唱えていたが、自身はそれに届かぬまま相撲協会には残らず、現役を退くこととなった。引退後、元関脇貴闘力が経営する焼肉『ドラゴ』に勤務していた。そして2012年4月29日に開店した元大関琴光喜の焼肉店『やみつき』の料理長となった。駿傑悠志 フレッシュアイペディアより)

  • 大竜忠博

    大竜忠博から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2010年7月、16代大嶽(元関脇貴闘力)が大相撲野球賭博問題で日本相撲協会から解雇処分を受けたため、17代大嶽として年寄名跡を取得・再襲名した上で部屋を継承した。事務能力に長けており、協会内での評価も高いという。大竜忠博 フレッシュアイペディアより)

  • のたり松太郎

    のたり松太郎から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    貴道力→貴討力(貴闘力忠茂のたり松太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 好角家

    好角家から見た貴闘力貴闘力忠茂

    松村邦洋 - タレント、芸人、モノマネの持ちネタに貴乃花や貴闘力がある。好角家 フレッシュアイペディアより)

  • 霧島一博

    霧島一博から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    翌年1991年(平成3年)1月場所では、3日目に安芸ノ島に敗れたものの、1敗を保持して単独トップで千秋楽へ。そして千秋楽では横綱北勝海を得意の吊り出しで下して14勝1敗、ついに自身念願の幕内初優勝を果たした。なお初土俵から96場所目、及び31歳9か月での幕内初優勝は当時年6場所制のもとでの1位のスロー最長記録だった(現在の1位は、初土俵から121場所及び37歳8ヶ月で幕内初優勝の旭天鵬(旭天鵬は優勝制度発足後の最長でもある)。2位は102場所目及び32歳5か月で幕内初優勝の貴闘力で、霧島は現在共に6場所制での3位)。霧島一博 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬部屋

    大鵬部屋から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    大鵬の娘婿である二子山部屋所属の貴闘力(1993年に三女と結婚していた)は2002年(平成14年)9月場所限りで引退し、年寄・16代大嶽を襲名した。直後に大鵬部屋に移籍し、部屋付の親方として後進の指導に当たっていたが、2005年(平成17年)5月の大鵬の定年に先立ち、2004年(平成16年)1月1日付けで16代・大嶽が大鵬部屋を継承。大鵬部屋から「大嶽部屋」に改称した。大鵬部屋 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード