70件中 31 - 40件表示
  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2001年(平成13年)7月場所、十両で史上最多の8人(貴闘力、濵錦、寺尾、戦闘竜、大碇、武雄山、玉力道、若兎馬)による優勝決定戦が行われ、武雄山が優勝した。このときの成績は9勝6敗で、優勝者無しにすることも考えられた程である。2009年現在十両優勝としては15日制定着後最少勝ち星となっている。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 井岡ボクシングジム

    井岡ボクシングジムから見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    オープン当日、貴闘力忠茂らを招いて披露パーティーが開かれ、井岡の恩師であるエディ・タウンゼントの写真をリングサイドに掲げて大東旭(大鵬)が3Rのエキシビションスパーリングを行った。また、このパーティーにおいて井岡の元同門である元WBA世界ライトフライ級王者山口圭司が眼疾を理由として現役引退を表明し、以後はチーフトレーナーを務めることが発表された。井岡ボクシングジム フレッシュアイペディアより)

  • 若浪順

    若浪順から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    東前頭8枚目にあった1968年(昭和43年)3月場所、12勝2敗で千秋楽を迎える。ここまで2敗は大関豊山・関脇麒麟児(のち大麒麟)とあわせて3人であった。千秋楽、まず若浪が勝って13勝2敗。ところが後2人の2敗力士が揃って負けたため優勝が決まった。天皇賜杯制度ができてから最軽量の幕内最高優勝力士である。周囲も豊山か麒麟児の優勝と予想、まさか平幕の若浪が優勝するなどとは思っていなかったため驚いたという。場所の結果を報道する『相撲』誌も、優勝力士のカラー写真を事前に用意しておくことができずに、賜杯を抱いた若浪の白黒写真が表紙を飾った(1968年当時、日曜に撮影したカラー写真を金曜発売の月刊誌の表紙に使用することはできなかった)。翌場所は小結に返り咲いたが2勝13敗に終わった。これは前場所優勝した力士が翌場所に皆勤した成績では史上1位のワースト記録である。(後に貴闘力、旭天鵬も記録。)その後、1969年9月場所では十両でも優勝、幕内優勝経験者が下位で優勝する初の例となった(のち、多賀竜も記録)。また、この場所では横綱・大関との対戦を経ずに優勝を決めているが、横綱大関戦なしで平幕優勝しているのは若浪が今のところ最後である(過去には、1939年1月の出羽湊、1953年5月の時津山、1957年11月の玉乃海、1961年5月の佐田の山、1964年7月の富士錦らが記録している)。さらに幕内に復帰してから、1971年3月場所では小結に返り咲き、粘りを見せた。若浪順 フレッシュアイペディアより)

  • 福の花孝一

    福の花孝一から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    部屋の先輩である横綱佐田の山譲りの突っ張りが得意で、その強さは1970年1月場所で当時大関の北の富士を張り手一発で倒し脳震盪をおこさせるほどだった。このため四股名をもじってフックの花(張り手をボクシングのフックに例えた)と呼ばれた。出世は必ずしも早いとはいえなかったが、長く幕内上位で活躍した。新関脇となった1971年1月場所(初日から8連敗のあと休場、結局関脇はこの場所のみ)ですでに30歳を越していて、当時の幕内では珍しい高年齢と話題になった。部屋の後輩三重ノ海(現武蔵川)に期待を寄せ、「五郎(三重ノ海の本名)が大関になるまでは引退しない」と頑張っていた。1975年、幕内で1年6場所連続して負け越し、11月場所でついに引退を決意したが、その場所三重ノ海は13勝2敗の成績で幕内初優勝を遂げ、大関昇進を決めた。三賞はいずれも敢闘賞で、7回受賞は引退当時同賞の最多受賞記録だった(のちに貴闘力が10回で更新)。福の花孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島部屋

    藤島部屋から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    12代藤島は、独立時の内弟子からは豊ノ海、独立後の弟子からは安芸ノ島(安芸乃島)、貴闘力、貴ノ浪、そして貴花田(貴乃花)・若花田(若乃花)兄弟の関取を育てて一時代を築いた。しかしその一方で豊ノ海、五剣山などといったパワー相撲をとる巨漢力士は、巨体を活かした相撲を身につけることができず、大成しなかった。藤島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た貴闘力貴闘力忠茂

    大相撲の大阪場所で数多くの幕内力士と飲みに行ったが、たかじんと飲みに行った力士全員が一人の例外もなく全員怪我で休場に追い込まれるという事態になり、日本相撲協会がたかじんに力士との接触の自粛要請をするという異例の事態に発展した。このことに自分の番組でネタにし「俺が何悪い事したんじゃ」とぼやいていた(過去に貴闘力を引き連れてはしご酒をしたこともある。また、暴走族をはしご酒に巻き込んだこともある)。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (26代)

    式守伊之助 (26代)から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    立行司の在位期間は11場所(死跡1場所のみであった14代伊之助を除けば当時の最短記録)と短かったが、横綱千代の富士(現九重)が引退を決意するきっかけになった、1991年(平成3年)5月場所初日の前頭筆頭貴花田(後の貴乃花)戦、3日目の現役最後の一番(対小結貴闘力戦)、霧島(現陸奥)と曙が初優勝を決めた取組といった平成初期の大相撲名勝負を裁いた。式守伊之助 (26代) フレッシュアイペディアより)

  • 露鵬幸生

    露鵬幸生から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    この後、名古屋場所取材中の毎日新聞社・中日新聞社のカメラマン2人に暴行を加え、毎日新聞社のカメラマンに打撲を負わせる事件も引き起こし、露鵬には8日目から3日間の出場停止処分(休場扱い)が下され、師匠の大嶽親方が監督責任を問われる形で減俸3か月(10分の1)の処分を受けた。これについて北の湖理事長は「3日間の出場停止で勝ち越しも難しくなる。重い処分だと思う」とコメントした。露鵬幸生 フレッシュアイペディアより)

  • とったり

    とったりから見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    旭國が大関に昇進する以前、この技を得意としたびたび見せたことから、旭國の代名詞的な極まり手ともなっていた。また、1991年5月場所3日目には、小さな大横綱と言われた千代の富士が当時小結の貴闘力にこの技で敗れ1、その後引退を表明したため、これが千代の富士にとって現役最後の相撲となった。とったり フレッシュアイペディアより)

  • 光法賢一

    光法賢一から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    その後4月に入り、立浪一門から離脱し貴乃花派の大嶽部屋に入る意思を示し、時津風一門の株である錦島(当時の所有者は霜鳳)への名跡変更を図った。しかし、立浪一門内で既に年寄名跡の手配の世話が始まっていたにも関わらず、3月以降は宮城野部屋に姿を見せず一門との連絡を絶った上、他一門の名跡を取得しようとしていたことで立浪一門の困惑と怒りを買い、実質的な破門状態となった。こうした中、大相撲野球賭博問題で貴乃花派の16代大嶽(元関脇・貴闘力)が解雇され、12代二子山(元十両・大竜)が17代大嶽を襲名して部屋を継承したことにより、貴乃花が持つ二子山の名跡が空位となったため、2010年7月7日付で13代二子山を襲名し、年寄名跡・安治川を安美錦に返却した。そして、2010年8月6日に貴乃花部屋へと移籍した。光法賢一 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード