70件中 41 - 50件表示
  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    その後は1993年9月場所から6場所連続、1995年11月場所から4場所連続で関脇を保つなど常に三役から幕内上位で活躍する。このころから貴乃花や曙には歯が立たなくなっていたが、若乃花に対しては1995年1月場所から4連勝するほか、武蔵丸や貴ノ浪の大関陣をたびたび破るほか、次の大関を狙う魁皇や武双山などに対しても重要なところで痛い黒星をつけるなど存在感を示した。1998年1月場所では武双山に対して、同年5月場所では貴闘力に対して八艘飛びの奇襲を仕掛けともに勝利するなどファンを驚かせる相撲を見せた。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    八角部屋の力士が四股名に付ける「北勝」は、通常「ほくと」と読ませているが、彼だけは「ほくとう(りき)」とした。入門以来、師匠に理由を聞いても教えてもらえず、本人は「貴闘力にあやかって」と思い込んでいたが、2004年5月場所の活躍の折、師匠に『北勝海の「北勝」は「ほくとう」。だから一番弟子のお前の四股名は「ほくとう(りき)」と読ませた。』という旨を教えられたという。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 時津風部屋力士暴行死事件

    時津風部屋力士暴行死事件から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    こうした事態を受け、日本相撲協会は2007年10月5日に15代時津風を解雇した。相撲協会が年寄を解雇したのは1997年1月の16代山響(元小結・前乃臻)以来2例目、部屋持ち親方としては史上初のことであった。なおその後、2010年の大相撲野球賭博問題でも部屋持ち親方が解雇されている。時津風部屋力士暴行死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 双津竜順一

    双津竜順一から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2007年10月5日に日本相撲協会から1997年1月の山響親方(元小結前乃森)以来2例目、部屋持ち親方としては史上初となる、処分としては最も厳しい解雇処分が下り、相撲界より永久追放された(以降、報道等では本名の山本順一で紹介されるようになった)。なおその後、大嶽親方(元関脇貴闘力)が2010年の大相撲野球賭博問題関与で、谷川親方(元西小結海鵬)が2011年の大相撲八百長問題に関与し退職勧告に従わなかったためいずれも解雇処分になっている。双津竜順一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本悠介

    藤本悠介から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    金田町の米店で、8人兄弟の4人目として生まれ、幼少期は仕事を手伝って米袋を担いだりしていた。小学校4年次に貴闘力(元関脇)と出会ったことがきっかけとなり相撲を始めるようになり、小学生時代には既に力士になることを志していた。中学はアマチュア相撲の名門である明徳義塾中学校に進学し、相撲部に入部。中学3年次(2001年度)の全国都道府県中学生相撲選手権大会では、明徳義塾中学を優勝に導いた。中学卒業後はそのまま同高校に進学しており、同級生には栃煌山、?勝龍らがいる。藤本悠介 フレッシュアイペディアより)

  • 森麗勇気

    森麗勇気から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    37場所連続負け越しとなった2009年7月場所の際には、7月25日のデイリースポーツで1面を飾り、同場所で改名して話題になった弟弟子の右肩上り博保(現在は「右肩上」に再改名)や、デビュー以来連敗を続けて話題になった地方競馬のハルウララにあやかって「下げ止まり」や「森うらら」に改名するプランがあると報じられた。連続負け越しをさらに38場所に更新して迎えた2009年11月場所を前に、前述の「ハルウララ」をアレンジした「森麗」(もりうらら)に改名。二子山は「ハルウララと重なる部分はある。負け続けてもみんなに愛される力士になってほしいと願って師匠(大嶽)と相談して決めた」と説明した(なお当時の大嶽は翌年に大相撲野球賭博問題より解雇されたため、現在は二子山が大嶽に改名して部屋の師匠になっている)。改名の際には序ノ口力士としては異例の記者会見が行われ、約20人の報道陣が集まった。森麗勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 右肩上博保

    右肩上博保から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2009年7月場所から、それまで本名のままとしていた四股名を、師匠の大嶽親方(元関脇・貴闘力)が「全体が暗いのでみんなが幸せになれるように」との思いを込めて名づけた右肩上りに改名した。この珍名には新四股名発表と同時に世間からの注目を浴びることとなる(もともと当時の大嶽親方は、珍名をよく力士に名づける傾向にあった)。しかし改名後は2場所続けて負け越したため、験を直すため同年11月場所から読みはそのまま四股名を右肩上とした。この再改名場所では4場所ぶりの勝ち越しを決め、それ以降順調に番付を戻し続けた。2011年1月場所では久々の自己最高位更新を決め、しかもその場所を勝ち越している。以降はしばらく幕下の番付を維持し続けていた。しかし、2012年3月場所では幕下下位で負け越し、翌5月場所で三段目へ陥落する事となってしまった。右肩上博保 フレッシュアイペディアより)

  • 錦戸親方

    水戸泉政人から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    新十両の場所の8日目から付人の奄美富士の進言により大量の塩を撒くようになった。初めの頃は1回目から大きく撒いていたが後に制限時間いっぱいの時にのみ大きく撒くようになった。1回にとる塩の量は何と600gにもなったという。イギリス巡業で「ソルトシェイカー」と紹介され、日本でもあだ名として定着した。塩を撒いた後に顔、まわしを叩く仕草も有名である。同様に大量の塩を撒く力士には朝乃若がおり、対戦した際には豪快に撒き上げる水戸泉と叩きつける朝乃若の両者の塩撒きに観客が沸いた。また、両者はどちらも黄色系の回しを締めていた時期がありその興味でも沸いた。なおその一方で、これは制限時間まで立つ気がない仕切りを繰り返していることでもあって、一部の好角家からも批判されることも多かった。貴闘力、浪ノ花ら時間前でも度々立つ力士との対戦で興をそぐことも多かった。水戸泉政人 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ☆タレント名鑑

    クイズ☆タレント名鑑から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    司会:田村淳・実況:初田啓介・解説:貴闘力・行司:角田信朗・解答者:田村亮、水道橋博士、FUJIWARA、おぎやはぎ、有吉弘行・控え室インタビュー:枡田絵理奈クイズ☆タレント名鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 三賞

    三賞から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    敢闘賞最多受賞 貴闘力忠茂 10回三賞 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード