70件中 51 - 60件表示
  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    引退後は大鵬部屋を創立し、関脇巨砲丈士・幕内嗣子鵬慶昌たちを育成した。定年後、部屋は娘婿の貴闘力忠茂(現役時代は二子山部屋所属)に譲ったが、部屋名は「大鵬」が一代年寄であったので、もともと所有していた「大嶽」部屋とした。しかし、貴闘力は賭博問題で2010年(平成22年)7月4日に解雇となってしまい、その後は大鵬の直弟子の大竜忠博(最高位は十両)が部屋を継ぐことになった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭歌武蔵

    三遊亭歌武蔵から見た貴闘力貴闘力忠茂

    1983年3月 - 武蔵川部屋(元横綱三重ノ海)へ入門、四股名は森武蔵。怪我がもとで半年で廃業。現役中、貴闘力とも対戦。戦績は1勝1敗だったらしい。三遊亭歌武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市

    神戸市から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂(元大相撲関脇)神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年

    1967年から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    9月28日 - 貴闘力忠茂、元大相撲力士・関脇、元・大嶽親方1967年 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    現役最後の場所となった2002年9月場所の12日目、元関脇貴闘力と十両の地位で対戦したが、寺尾に敗れて負け越し幕下陥落が確定的となった貴闘力は、その日限りで現役引退を表明。その取り組み後には、寺尾が土俵上で貴闘力の肩をそっと叩き、互いの労をねぎらうというシーンが見られた。また同じ関脇同士ながら栃司には圧倒的に強く、幕内昇進前も含め13戦全勝と一方的に勝っている。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 舞の海秀平

    舞の海秀平から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    関取に昇進し、四股名を郷里の舞戸町と部屋の出羽海に因んだ舞の海へと改名した後は、その相撲センスと100kgにも満たない小柄な体格を活かし、多彩な技で大型力士を倒すその取り口から「技のデパート」、「平成の牛若丸」という異名を得て人気力士となる。「猫騙し」の活用に始まり、「後退する立合い」、「くるくる舞の海」と言われた目回し作戦、1991年11月場所の曙戦でみせた「三所攻め」、1992年1月場所の貴闘力戦でみせた「居反り・襷反り」(技は成功せず)、当時の二子山理事長に「八艘跳び」と呼ばれた1992年1月場所・北勝鬨戦での立合いジャンプ作戦など、四十八手を駆使した取り口で大相撲ファンを魅了し、1994年9月場所には小結に昇進。また通算では5度の技能賞を獲得している。舞の海秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 破門

    破門から見た貴闘力貴闘力忠茂

    大相撲の世界では師匠より破門された力士はほぼ全てが引退及び相撲協会からの離脱(かつての廃業)を余儀なくされる(例:横綱双羽黒光司)一方で現役を引退し親方となった元力士に対する破門は必ずしもそうなるとは言えない。これには一門からの破門と相撲協会からの破門があり一門からの破門としては過去には九重が後継者争いに敗れ独立を申し出て出羽海一門から破門され高砂一門に移籍、最近では高田川部屋の先代師匠(前の山)が高砂一門の推薦を受けることなく理事に立候補(当選)して破門され、2011年1月に現師匠(元関脇安芸乃島)が現役時に所属していた二所ノ関一門に加入するまで無所属となっていた。一方相撲協会からの破門としては先代時津風(元小結双津竜)が弟子の死亡に関与したとして事実上の破門となった(相撲協会からは解雇)。2010年1月の理事選挙を巡って二所ノ関一門の総意に反して理事選挙への出馬を明言した貴乃花(元横綱貴乃花)が一門を「離脱」したが、その後、貴乃花親方を支持する間垣(元横綱2代目若乃花)、音羽山(元大関貴ノ浪)、大嶽(元関脇貴闘力)、阿武松(元関脇益荒雄)、常盤山(元小結隆三杉)、二子山(元十両大竜)の6人の親方が事実上の一門からの破門となった。但し、二所ノ関一門の幹部自らは「破門」という言葉は使ってはおらず、総意に従わないものが一門を「離脱」したというのが表向きの格好であり、貴乃花親方らは現在も形式上は二所ノ関一門として扱われている。しかし、6人の親方は自ら望んで、一門を離脱したわけではないので、一門からの事実上の「破門」として当人たちは受け止め、世間でもそう解釈された。過去に、一門からの大量の「破門」は例がなく、今後の動静が注目される。破門 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    1991年1月場所初日に幕内通算805勝目を挙げ、当時の大相撲史上単独1位(現在は史上2位)の記録を達成したが、翌日の逆鉾伸重戦で左腕を痛めて途中休場。翌場所も全休した。復帰場所となった1991年5月場所は初日に、当時新鋭だった貴花田光司と対戦するが、まわしが取れず頭をつけられて寄り切りで破れる。この時は再燃した引退説を否定するも、翌日の板井圭介戦は勝利したものの納得いく相撲とは程遠く、「もう1敗したら引退する」との決意を固めて翌日の貴闘力忠茂戦に挑んで敗戦。取組後に記者会見を開き、気力・体力の限界として現役引退を表明、「小さな大横綱」として歴史に名を刻んだ。引退と同時に、陣幕親方(元前頭1・嶋錦)と自身が所有していた年寄・八角を名跡交換したため、年寄・陣幕を襲名し九重部屋の部屋付きの親方となった。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢秀行

    藤沢秀行から見た貴闘力貴闘力忠茂

    また書道の方でも豪放な作品を発表しており、各地で個展を開いているほか、1992年には大相撲の貴闘力の化粧まわしに「気」の文字を揮毫、厳島神社などにも作品が奉納されている。さらに、2007年にはニコニコ動画のコンテンツ「ニコニコニュース」の題字を手掛けた。1藤沢秀行 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    1996年1月場所9日目、小結土佐ノ海?前頭筆頭貴闘力戦。当たり合ったあと、貴闘力は左からいなし、残した土佐ノ海が頭を下げて一気に出てくるところを強引に叩き込んだ。土佐ノ海は右手から落ち、貴闘力も右足から土俵を割り微妙だったが、行司8代式守勘太夫(のち30代伊之助)の軍配は土佐ノ海に挙がった。その直後、5人の審判員よりも真っ先に、東の控えに座っていた現役大関の貴ノ浪が、すかさず手を挙げ物言いをつけるという異例の事態が起こった。協議の結果は、勘太夫の差し違えで貴闘力の勝利となった。物言い フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード