1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • 旭天鵬勝

    旭天鵬勝から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    2012年4月に師匠の大島親方が定年退職を迎えて大島部屋が閉鎖されたため、他の所属力士と共に友綱部屋へと移籍した。友綱部屋の所属としては初の場所となった同年5月場所では、西前頭7枚目の位置で5日目までは黒星と白星が交互に続く2勝3敗の成績だったものの、そこから一転して快調に白星を重ねていき、14日目には大関・琴欧洲を豪快な上手投げで破り、千秋楽には関脇・豪栄道にも勝利して10連勝し、12勝3敗の成績で優勝決定戦まで進出した。優勝決定戦では、対戦相手である琴欧洲が前日の旭天鵬戦で右足根骨靱帯を損傷し休場したために千秋楽は不戦勝となった栃煌山と、現行制度では初となる平幕力士同士の対戦となり、その優勝決定戦で栃煌山を叩き込みで破り、自身初となる幕内最高優勝を果たした。37歳8ヶ月での初優勝は、優勝制度が制定された1909年(明治42年)6月場所以降では1916年(大正5年)1月場所における西ノ海の35歳11ヶ月を96年ぶりに更新する史上最年長記録、昭和以降でも1930年(昭和5年)1月場所における豊國の35歳6ヶ月を大きく更新する史上最年長記録となり、年長優勝記録としても太刀山の持つ38歳9ヶ月・37歳9ヶ月に次ぐ史上3位、年6場所制となった1958年以降では1990年11月場所における千代の富士の35歳5ヶ月を上回る最年長記録となった。また、初土俵から所要121場所・新入幕から所要86場所での初優勝は2000年3月場所における貴闘力の同103場所・58場所を抜いて1909年以降では史上1位のスロー記録、平幕優勝は2001年9月場所の琴光喜以来10年8ヶ月ぶり、モンゴル出身力士としては朝青龍・白鵬・日馬富士に続く4人目、モンゴル出身力士通算では50回目となる幕内最高優勝となり、日本国籍を持つ力士の優勝は2006年1月場所の栃東以来37場所ぶりのこととなった。同時に6回目の敢闘賞も受賞した。旭天鵬勝 フレッシュアイペディアより)

  • 米粒写経

    米粒写経から見た貴闘力貴闘力忠茂

    2009年から、元大川興業のプチ鹿島と共同司会をつとめる「思わず聞いてしまいました!」では、村西とおる、鈴木邦男、大槻ケンヂ、河野太郎(衆議院議員)、勝谷誠彦、重村智計(早大教授)、上祐史浩(元オウム真理教)、元貴闘力、吉田豪、宮嶋茂樹、山本太郎、久田将義(実話ナックルズ発行人)といった話題の著名人ばかりを迎え、新宿ロフトプラスワンの看板イベントとして、好評につき現在も定期開催中である。米粒写経 フレッシュアイペディアより)

  • 武双山正士

    武双山正士から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    廻しの色には、自分のお気に入りの「銀鼠(ぎんねず)」を用いた(NHKの大相撲中継ではいぶし銀またはガンメタリックと言われることもあった)。「平成の怪物」と呼ばれ、当時時代を築きつつあった曙や貴乃花の好敵手として期待された。若乃花には最初2連敗したもののその後8連勝した(最終的な対戦成績は若乃花が上)。1994年9月場所では最後まで大関貴ノ花(当時、のち貴乃花)と優勝を争い、一歩及ばなかったが13勝2敗の準優勝。翌11月場所は早くも大関取りの期待が膨らんだが、場所前左肩の亜脱臼のケガによる稽古不足が影響して、7勝8敗と初の負け越しとなった。小結に下がった1995年1月では初日に新横綱貴乃花を下し、連勝記録を30で止める殊勲の星を挙げたが、6日目の貴闘力戦で左肩を脱臼してしまい途中休場に追い込まれた。その後も左肩脱臼の再発や、足の親指の負傷など怪我が重なった事も有り、6年間大関候補と言われながらも伸び悩んでいた。武双山正士 フレッシュアイペディアより)

  • 立合い

    立合いから見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    現在では、大相撲をはじめ多くの土俵に2本の仕切り線が引かれ、それより前に手を着いて立ってはならないと定められている。これも、制限時間導入とともに定められた。古くは、互いの立ち位置まですべて立合う両力士の合意にもとづいておこなわれた。両者が頭をくっつけあって仕切る写真も現存する。相手を特定範囲の外へ出せば勝ちとなるスポーツで、競技開始位置まで競技者同士の判断にゆだねられていたというのは、近代的な視点ではおおらかというより大雑把と言うべきであるが、それで問題が生じたという逸話もなく、ことさら立ち位置によって有利を得ようとする力士もいなかったのだろう、と解釈されている。近年では、舞の海の奇策を警戒して、貴闘力が徳俵いっぱいまでさがって立合った逸話が有名。立合い フレッシュアイペディアより)

  • 二子山部屋

    二子山部屋から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂(藤島部屋から)二子山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花利彰

    貴ノ花利彰から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    なお、後年に「昭和の大横綱」へ成長した千代の富士が、1991年(平成3年)5月場所限りで引退を決意したのは、奇しくも貴ノ花(のち藤島親方・当時)の実子である貴花田に、同場所初日の初対戦で敗れた事がきっかけと言われている。また、千代の富士の現役最後の一番となった同場所3日目の取組相手は、これも同じく藤島親方の愛弟子だった貴闘力であった。貴ノ花利彰 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    新大関の3月場所では12勝3敗となり、千秋楽では同じく12勝3敗の曙と貴闘力との優勝決定戦に進出、勝てば清國以来となる新大関優勝のチャンスだった。優勝決定巴戦で貴ノ浪は、同部屋の貴闘力には勝ったものの、次の曙には負けてしまい、曙は続けて貴闘力も破ったため、結果、幕内優勝は曙にさらわれた。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    9月8日 - 日本相撲協会は理事会を開き2日尿から大麻成分が検出された2人の力士を解雇処分、2人の師匠である北の湖理事長は理事長を辞任。大嶽親方は委員から平年寄への2階級降格処分を発表、新理事長に武蔵川親方が就任。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 板井圭介

    板井圭介から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    1991年7月場所では、東前頭14枚目の地位で15戦全敗を喫し十両へと陥落(幕内皆勤全敗は、これ以降、現在(2013年1月場所後)まで誰も記録していない)。途中休場した翌9月場所中、廃業を表明した。因みに同年7月場所の「幕内皆勤全敗」は、当時のラジオ番組で投稿ハガキのネタにされるほど印象的な出来事であった。初土俵・新十両・新入幕・廃業がすべて同じ9月場所でのことだったという、珍しい経歴を残している。また同1991年5月場所2日目には、「昭和の大横綱」と言われた千代の富士と対戦して敗れるも、千代の富士は同場所翌3日目に貴闘力に敗れて引退したため、板井が千代の富士の現役最後の白星相手となった。板井圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力

    貴闘力から見た貴闘力忠茂貴闘力忠茂

    貴闘力 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード