57件中 31 - 40件表示
  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た力士

    貴闘力 忠茂(たかとうりき ただしげ、1967年9月28日 - )は、兵庫県神戸市出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士。得意技は突き、押し、張り手、いなし、引き、叩き。甥(姉の子)に元三段目若闘力がいた。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た警視庁

    2010年6月、週刊誌に野球賭博に関与したと報じられ、警視庁の事情聴取で関与を認めた。6月28日には日本相撲協会に退職届を提出したが、この時点では受理されなかった。6月27日、一連の賭博問題を受けて設置された特別調査委員会から、除名もしくは解雇処分の勧告案が出され、翌日の臨時理事会と評議員会で勧告案が受け入れられ、7月4日の臨時理事会で処分が決定、大関琴光喜啓司と共に解雇処分となった。当初、相撲協会は賭博関与を申告すれば厳重注意で済ませるとしていたが、琴光喜や大嶽親方は発覚時点で当初関与を否定していたことや、賭け金が他の力士に比べ多かった事などが解雇の理由となったとしている。部屋持ち親方の解雇処分は2007年の時津風部屋力士暴行死事件における元時津風の双津竜以来2例目、現役親方では元山響の前乃森から3例目である。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た大関

    幼い頃から相撲が好きで力士に憧れ、小学生の頃は既に自分は力士になると決めていた。小学校を卒業後、一応面識のあった大関貴ノ花に入門を願った。しかし日本相撲協会の規定にて義務教育を終了しないと力士になれなかったため、とりあえず体験入門はさせたが「3年経ったらまたおいで」と1度は帰された。その後、地元に戻り、花畑中学2年時から柔道を始めた。同中柔道部の一年先輩にプロレスラー佐々木健介がいる。 3年時には全国大会に出場し団体戦の準決勝に進出したが古賀稔彦のいた弦巻中学に敗れた。中学校を卒業後、本当に元大関貴ノ花の藤島親方が師匠を務める藤島部屋(のちの二子山部屋)に入門した。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た義務教育

    幼い頃から相撲が好きで力士に憧れ、小学生の頃は既に自分は力士になると決めていた。小学校を卒業後、一応面識のあった大関貴ノ花に入門を願った。しかし日本相撲協会の規定にて義務教育を終了しないと力士になれなかったため、とりあえず体験入門はさせたが「3年経ったらまたおいで」と1度は帰された。その後、地元に戻り、花畑中学2年時から柔道を始めた。同中柔道部の一年先輩にプロレスラー佐々木健介がいる。 3年時には全国大会に出場し団体戦の準決勝に進出したが古賀稔彦のいた弦巻中学に敗れた。中学校を卒業後、本当に元大関貴ノ花の藤島親方が師匠を務める藤島部屋(のちの二子山部屋)に入門した。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た金星 (相撲)

    横綱である曙に対して相性が良く、通算15勝(28敗・決定戦1敗)を挙げ金星だけでも7個もせしめた。これは、高見山(対輪島)と並ぶ、ひとりの横綱からの金星獲得の最多タイ記録である。こうした曙に対する強さから『優勝するのはうちの横綱(貴乃花)。俺は曙を倒すのが仕事』と公言したことすらある。逆に曙からすれば天敵と言える相手で、翌日の相手が貴闘力だと決まると「どちらが横綱かわからない」と言われるほどの気落ち、気負いぶりだった。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見たイタリア語

    2010年10月1日、かつての自身の部屋の近くの江東区扇橋2丁目に、焼肉店「焼肉本店ドラゴ(Drago : )」を開店している。店の命名者は弟弟子だった貴乃花で看板を揮毫し、開店日にも店を訪れている。開店時に元幕内駿傑を雇用するなど、引退力士の再就職支援も行っている。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た尿管結石

    なぜか11月場所に弱く、1992年から最後の11月場所となった2001年まで10年連続で11月場所は負け越した。特に1996年11月場所は、同年7月に10勝、同年9月に11勝を挙げ大関昇進のチャンスだったが、場所中に尿管結石で入院するアクシデントも有って、結局6勝9敗に終わり大関昇進はならなかった。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た福岡市立花畑中学校

    幼い頃から相撲が好きで力士に憧れ、小学生の頃は既に自分は力士になると決めていた。小学校を卒業後、一応面識のあった大関貴ノ花に入門を願った。しかし日本相撲協会の規定にて義務教育を終了しないと力士になれなかったため、とりあえず体験入門はさせたが「3年経ったらまたおいで」と1度は帰された。その後、地元に戻り、花畑中学2年時から柔道を始めた。同中柔道部の一年先輩にプロレスラー佐々木健介がいる。 3年時には全国大会に出場し団体戦の準決勝に進出したが古賀稔彦のいた弦巻中学に敗れた。中学校を卒業後、本当に元大関貴ノ花の藤島親方が師匠を務める藤島部屋(のちの二子山部屋)に入門した。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た二子山部屋

    貴闘力 忠茂(たかとうりき ただしげ、1967年9月28日 - )は、兵庫県神戸市出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士。得意技は突き、押し、張り手、いなし、引き、叩き。甥(姉の子)に元三段目若闘力がいた。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た優勝決定戦 (相撲)

    1994年3月場所は一度前頭12枚目まで落ちたが12勝3敗と好成績を上げ、横綱曙、それに同部屋の新大関の貴ノ浪との優勝決定巴戦に出場した。しかし、この巴戦ではまず貴ノ浪が曙に敗れ、そして自身も曙に敗れたため、幕内優勝を果たすことが出来ず、初優勝までこれから6年の歳月を要することになる。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード