57件中 41 - 50件表示
  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た小結

    1990年9月場所新入幕、11勝4敗で敢闘賞を獲得する。1991年5月場所より小結に昇進し、以後三役から幕内上位に定着した。1991年5月場所3日目には、千代の富士と二度目の対戦となったが、一度目の対戦だった1990年11月場所は敗戦となったが、この場所で新小結に昇進した貴闘力は取組で、千代の富士の腕をつかんで土俵外へ放り投げる「とったり」という決まり手で快勝。勝利直後のインタビューでは「憧れの大横綱に勝てて嬉しいです」と語ったが、その日の夜千代の富士がこの一番を最後に現役引退を表明。結果的に貴闘力が千代の富士に対して、引導を渡した格好となった。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た突っ張り

    平成に入って時間一杯になるまで立ち上がろうとしない力士が増えた(昭和50年代後半までは時間前に立つ力士も多かった)中で時間前の仕切も気合充分、いつでも立つぞという構えは仕切の本来あるべき姿に近いとされた。実際、時間前に立つことも多く、そうした取り組みではしばしば激しい攻防を展開して土俵を沸かせた。そうでなくとも、しばしば張り手も飛び出す(張り手の応酬もする)回転の良い突き押しの相撲内容は見ごたえ十分で、1991年7月場所での琴椿との壮絶な突っ張りの応酬など名勝負の名に値する激闘は多い。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た幕下

    2002年9月場所の12日目、十両での取組で最後の相撲となったベテランの寺尾戦で敗れて3勝9敗となり、幕下陥落が確定的になったことを機に引退。その後年寄・第16代大嶽を襲名し、大鵬部屋の部屋付き親方となった。その後部屋を継承した。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た藤島部屋

    貴闘力 忠茂(たかとうりき ただしげ、1967年9月28日 - )は、兵庫県神戸市出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士。得意技は突き、押し、張り手、いなし、引き、叩き。甥(姉の子)に元三段目若闘力がいた。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見たとったり

    1990年9月場所新入幕、11勝4敗で敢闘賞を獲得する。1991年5月場所より小結に昇進し、以後三役から幕内上位に定着した。1991年5月場所3日目には、千代の富士と二度目の対戦となったが、一度目の対戦だった1990年11月場所は敗戦となったが、この場所で新小結に昇進した貴闘力は取組で、千代の富士の腕をつかんで土俵外へ放り投げる「とったり」という決まり手で快勝。勝利直後のインタビューでは「憧れの大横綱に勝てて嬉しいです」と語ったが、その日の夜千代の富士がこの一番を最後に現役引退を表明。結果的に貴闘力が千代の富士に対して、引導を渡した格好となった。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た野球賭博

    2010年6月、週刊誌に野球賭博に関与したと報じられ、警視庁の事情聴取で関与を認めた。6月28日には日本相撲協会に退職届を提出したが、この時点では受理されなかった。6月27日、一連の賭博問題を受けて設置された特別調査委員会から、除名もしくは解雇処分の勧告案が出され、翌日の臨時理事会と評議員会で勧告案が受け入れられ、7月4日の臨時理事会で処分が決定、大関琴光喜啓司と共に解雇処分となった。当初、相撲協会は賭博関与を申告すれば厳重注意で済ませるとしていたが、琴光喜や大嶽親方は発覚時点で当初関与を否定していたことや、賭け金が他の力士に比べ多かった事などが解雇の理由となったとしている。部屋持ち親方の解雇処分は2007年の時津風部屋力士暴行死事件における元時津風の双津竜以来2例目、現役親方では元山響の前乃森から3例目である。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見たカルトQ

    当時の人気番組「カルトQ」の大相撲がテーマの回には出場を希望し、実際筆記予選ではトップクラスの成績だったが、「現役力士にはご遠慮願いたい」とやんわりと出場を断られたという。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た廻し

    力士としては小柄な部類に入る体躯だったが、古い書籍を読み漁って過去の名力士たちの逸話を参考にするなど、熱心な研究でこれを補った。廻しを取られないようにするため、塩水を吹きかけて特にきつく締めていた。こうした廻し姿は力士の大型化にともなってゆるく締める力士が増えていた時代にあって評価された。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た二丁投げ

    幕内での珍しい決まり手としては「二丁投げ」があり、貴闘力は都合3回この決まり手で勝っている。1991年5月場所2日目には、当時大関の霧島に対して鮮やかな二丁投げが決まり殊勲の星を挙げた。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

  • 貴闘力忠茂

    貴闘力忠茂から見た横綱

    1994年3月場所は一度前頭12枚目まで落ちたが12勝3敗と好成績を上げ、横綱曙、それに同部屋の新大関の貴ノ浪との優勝決定巴戦に出場した。しかし、この巴戦ではまず貴ノ浪が曙に敗れ、そして自身も曙に敗れたため、幕内優勝を果たすことが出来ず、初優勝までこれから6年の歳月を要することになる。貴闘力忠茂 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「鎌苅忠茂」のニューストピックワード