71件中 21 - 30件表示
  • 八木智哉

    八木智哉から見た大引啓次大引啓次

    ''、1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズへ移籍。6月27日に移籍後初先発を果たすも、2回を投げ5失点と結果を残せず、翌日登録抹消された。9月に入って2度先発するも、いずれも結果を残せなかった。結局、この3試合の登板に終わり、プロ入り初のシーズン未勝利に終わった。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見た大引啓次大引啓次

    ''、新人選手から投手の海田智行と共に開幕一軍入りを果たすと、3月30日に福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)8回裏から、右翼手として一軍デビュー。このカードを終えた後にいったん出場選手登録を抹消された。抹消後に11試合出場したウエスタン・リーグ公式戦で打率.295、10打点と好調だったことや、一軍で正右翼手が決まらなかったことから、4月21日の対北海道日本ハムファイターズ5回戦(ほっともっとフィールド神戸)で「9番・右翼手」としてスタメンで一軍に復帰。この試合で、一軍公式戦での初安打を放った。後にT-岡田が左太もも裏の肉離れで戦線を離れたことから、岡田に代わる左翼手としてレギュラーに定着。セ・パ交流戦では、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、11回表に満塁の局面からの打席で走者一掃の決勝適時二塁打を放ったことによって、チームに交流戦7試合目での初勝利をもたらした。さらに、5月22日の対阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)では、一軍公式戦での初本塁打をランディ・メッセンジャーからの満塁本塁打で記録した。オリックスの新人選手による一軍公式戦での初本塁打が満塁本塁打であった事例は、阪急ブレーブス時代の1956年4月11日に投手の米田哲也が記録して以来56年振り。オリックスではこの試合で、1番打者としてスタメンに起用された入団2年目の宮崎祐樹も1回裏に一軍公式戦初本塁打を先頭打者本塁打で記録したことから、「同じチームで2人の選手が同じ試合の初回先頭打者本塁打と満塁本塁打によって一軍公式戦初本塁打を記録」というNPB史上3例目のチーム記録も達成した。川端自体は、6月に月間打率を.140まで下げたものの、7月には.371、8月には.340と復調。8月18日の対ソフトバンク戦から9月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)まで15試合連続安打を記録するとともに、9月3日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)3回表の安打で、一軍公式戦での安打数が通算100本に到達した。NPBがプロ野球ドラフト会議を導入した以降に新人扱いで阪急・オリックスへ入団した野手で、入団1年目に一軍公式戦でシーズン100安打を記録した事例は、当時のチームメイトで入団の大引啓次以来3人目であった。9・10月には月間打率が.176にとどまるなど大幅に調子を落としたが、シーズン全体では、一軍公式戦125試合の出場でパ・リーグの最終規定打席に到達。阪急時代のに熊野輝光が樹立した新人野手としての一軍公式戦シーズン通算安打数の記録(114安打)に並んだほか、打率.266、2本塁打、6盗塁という成績を残すなど、最下位に低迷するチームにあって孤軍奮闘の働きを見せた。川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た大引啓次大引啓次

    11月20日 - ヤクルトは日本ハムからFA宣言した大引啓次の獲得を発表。2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 横山徹也

    横山徹也から見た大引啓次大引啓次

    オリックス時代には、下山真二、大引啓次、金子千尋など、歴代のチームメイトのブログに登場。「ゴンゾウ」の愛称で、選手やファンに親しまれていた。また2012年は登場曲に「行くぜっ!怪盗少女」(ももいろクローバーZ)を採用していた。横山徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た大引啓次大引啓次

    、後藤光尊の故障による長期離脱、阿部真宏・一輝の不振により、二塁手としてスタメン出場するようになる。5月22日の対阪神戦で自身初の1試合3打点をあげ、試合後に4年ぶりにお立ち台に上がった。6月30日の対ソフトバンク戦で高校で1年先輩の田上秀則に対し隠し球を成功させ、セ・パ両リーグでの隠し球成功という珍しい記録を作り、オリックスからも記念Tシャツが発売されることとなった。交流戦終盤から打撃の調子がやや落ちたことに加え、7月から一輝が復調したのもあって、一時は控えに回った。しかし、8月後半からは再び打撃好調となり定位置を再獲得し、9月1日に大引啓次が故障離脱してからは遊撃手として出場した。9月5日の対ロッテ戦では9回裏にブライアン・シコースキーから同点ソロ、9月20日の対日本ハム戦では8回裏に宮西尚生から決勝3ランなど3本塁打を放ち、自己最高の打率.297を記録した。自己最多の97試合に出場し、守備でも内野4ポジションを全て守った。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た大引啓次大引啓次

    は大学の後輩である大引啓次が遊撃手のレギュラーとなり、2番・二塁手で開幕スタメン出場した。しかし、シーズン序盤に離脱して復帰後も8月に絶不調に陥るなど好不調の波が激しく、右投手に極端に弱いこともあって後藤との併用が最後まで続いた。6月2日の対横浜ベイスターズ戦で復帰・スタメン出場を果たし、0-0で迎えた7回裏に三浦大輔から決勝適時二塁打を放った。この試合はナイターだったが、試合後のヒーローインタビューでは「2軍はほとんどデーゲームなんで、いまの時間は昨日までならもう疲れて寝ている時間です」と答え、場内の爆笑を誘った。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 植村祐介

    植村祐介から見た大引啓次大引啓次

    初奪三振:同上、3回裏に大引啓次から空振り三振植村祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤信介

    齊藤信介から見た大引啓次大引啓次

    初奪三振:2008年5月28日、対オリックス・バファローズ1回戦(ナゴヤドーム)、7回表に大引啓次から空振り三振齊藤信介 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た大引啓次大引啓次

    ''1月25日、糸井嘉男・八木智哉との交換トレードで赤田将吾・大引啓次と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍。同年5月20日の巨人戦では7回を1失点で勝利投手となり、史上12人目の全球団(近鉄を除く12球団)からの勝利を達成した。なお、この試合では高校時代に投げ合った巨人先発の杉内に投げ勝ち、1998年夏の全国高等学校野球選手権鹿児島大会の決勝で投げ負けて以来、約15年ぶりの投げ合いを制している。同年シーズン終了まで先発ローテーションの一角を担い、2桁勝利には届かなかったものの、最終的にはブライアン・ウルフと並んでチームトップタイとなる9勝をマークした。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 井上雄介

    井上雄介から見た大引啓次大引啓次

    初奪三振:2010年7月1日、対オリックス・バファローズ12回戦(京セラドーム大阪)、7回裏に大引啓次から空振り三振井上雄介 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「大引啓次」のニューストピックワード