71件中 61 - 70件表示
  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た大引啓次大引啓次

    原則として球団生え抜きで、なおかつそれに見合う実績を挙げた選手にのみ使用させる「準永久欠番」。背番号1は「ミスタースワローズ」という称号とワンセットになっている。自身が使用を熱望し、若松の推薦もあったことから池山隆寛(36から変更)が使用していたが、若松が監督に就任した際、池山が返上して36番に戻したため1年間欠番となった後、2001年からは岩村明憲が使用。岩村のMLB移籍後に再び欠番となり(ヤクルト復帰時は入団時と同じ48を着用)、2010年から青木宣親が使用したが、2011年限りでMLBへ移籍したため、再度欠番となった(ヤクルト復帰時は入団時と同じ23を着用)。2015年には日本ハムから移籍してきた大引啓次に提示されたが、本人は辞退して2を選択した。そして、2016年から前年にトリプルスリーを達成した山田哲人が着用することになった。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 6月29日

    6月29日から見た大引啓次大引啓次

    1984年 - 大引啓次、プロ野球選手6月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た大引啓次大引啓次

    、シーズン前の3月10日に行われた東日本大震災復興支援ベースボールマッチの対台湾戦において初の日本代表に選出され、4回から途中出場し、2打数1安打1四球の活躍を見せた。開幕戦では1番・中堅手として先発出場を果たしたが、この年もここ数年同様に春先から打撃不振、守備でも失策を喫するなど精彩を欠いたことから、5月5日の日本ハム戦ではスタメン落ち。この試合で2010年9月19日から続いたフルイニング出場が179試合で途切れた。それでも一向に調子が上がらないまま、5月17日の対巨人戦で、初回に坂本勇人の放った飛球をダイビングキャッチで好捕したが、この際に右肩を地面に強打し負傷退場。検査の結果、右肩肩鎖関節の脱臼、さらに靭帯も断裂と診断され、長期離脱を余儀なくされた。シーズン復帰は絶望的と言われていたが、なんとかその後9月7日のウエスタンリーグ・中日戦で戦線復帰(岡田彰布監督が坂口の復帰を一軍戦の試合中に初めて知った)。しかし、打撃は問題はないが、守備で投げられるほどには万全ではなかったため、専らDHまたは代打として守備に就かずに二軍戦に出場し続け、公式戦終了間際の10月5日に一軍登録され、同日の対ソフトバンク戦で7回裏に代打として復帰を果たすと、大隣憲司からダメ押しの適時打を放った。同月7日の対西武戦でも代打で安打を放ったが、一軍定着後最少となる40試合の出場に留まり、最下位に低迷したチームにとって坂口の戦線離脱が攻守に手痛いシーズンとなってしまった。この年のオフに伊藤光と共にオリックスの副選手会長に就任するも、新選手会長の大引啓次がトレードで移籍したのに伴い、選手会長に就任した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た大引啓次大引啓次

    1月25日、木佐貫洋・大引啓次・赤田将吾との交換トレードで、八木智哉と共にオリックス・バファローズへ移籍することが発表された。激震が走った大型トレードに、チームメイトの武田勝は「痛手であることは間違いない。僕らも気持ちの整理をつけてキャンプに臨みたい」と語り、日本ハム時代に一緒にトレーニングをする仲だったという元同僚で当時テキサス・レンジャースのダルビッシュ有も「糸井さんトレードとか、ありえん」と自身のツイッターにツイートし、衝撃が走ったことを素直に表現した。翌26日にほっともっとフィールド神戸で記者会見した糸井は、「関西出身なので、小さいころからよくテレビで見ていた。優勝目指して頑張りたい」と抱負を語った。なお背番号は日本ハム時代と同じ「7」となった。2月20日に第3回WBC日本代表選手28人に選出された。この大会では全7試合に出場し、打率.286、1本塁打、7打点、OPS1.024を記録した。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 安達了一

    安達了一から見た大引啓次大引啓次

    ''、春季キャンプで右手親指付け根を骨折した影響で、開幕を二軍で迎えた。5月10日に一軍昇格を果たすも打撃不振とウイルス性胃腸炎で二軍落ち。2度目の昇格後の7月7日の対ロッテ戦でようやくプロ入り初打点・初安打を記録した。その後も腰痛を抱える大引啓次に代わって遊撃手として先発出場することもあったが、守っては自身の悪送球から失点を招いたり、走塁では一塁への帰塁の際に二塁ベースを踏み忘れアウトになるなどミスが目立ち、9月17日に二軍降格。9月30日に一軍再昇格すると、10月7日の西武戦で初の猛打賞、翌8日のソフトバンク戦でシーズン最終打点となる適時打を放ち、終盤戦で活躍をみせた。1年目は50試合に出場して打率.159、4打点の成績に終わり、シーズン通して活躍した同期入団の川端崇義とは対照的となった。二軍では34試合の出場で打率.269、2本塁打11打点を記録した。安達了一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤健介

    近藤健介から見た大引啓次大引啓次

    はプロ3年目で初めての開幕一軍登録を果たすと、大野奨太・市川友也と交互に、捕手として公式戦へスタメン出場。5月2日の対オリックス戦(札幌ドーム)からは、レギュラー三塁手・小谷野栄一の故障による戦線離脱を背景に、「横浜高校時代以来」という三塁手として連日スタメンに起用されている。「7番・三塁手」として出場した同月16日の対ロッテ戦(札幌ドーム)では、1回裏の第1打席で、一軍公式戦での初本塁打を2点本塁打を記録した。「2番・三塁手」としてスタメンに起用された同月29日の東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)では、3回表の第2打席で、「人生で初めて」という満塁本塁打をバックスクリーンへ放った。さらに、この本塁打を放った時点での年齢が20歳9ヶ月であったことから、「パ・リーグの公式戦で満塁本塁打を放った最年少選手」のチーム記録(張本勲が東映フライヤーズ時代の1961年に21歳1ヶ月で達成)を更新している。その後も三塁手としてスタメン出場を続けたが、6月15日の対東京ヤクルトスワローズ戦(札幌ドーム)で走塁中に左太腿裏に筋挫傷を発症したため、同月17日に出場選手登録を抹消。後に一軍へ復帰してからは、三塁手でのスタメン出場を中心に、本来のポジションである捕手としても出場。9月15日の対オリックス・バファローズ戦(札幌ドーム)では、同期入団である上沢直之とのバッテリーで先発すると、上沢を一軍公式戦初完封勝利に導いた。さらに、レギュラー遊撃手の大引啓次が足腰を痛めていた時期には、大引に代わって遊撃の守備に就くこともあった。結局、一軍公式戦には通算で80試合に出場。捕手としてマスクを被ったのは16試合で、70試合で三塁、2試合で遊撃の守備に就いた。打撃面では、打率.258ながら、4本塁打、28打点、チーム最多の20二塁打を記録するなど長打力を発揮。その活躍が評価されたことから、シーズン終了後の第1回21U野球ワールドカップでは、日本代表の「4番・一塁手」に起用された。近藤健介 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た大引啓次大引啓次

    1000奪三振:2013年8月8日、対北海道日本ハムファイターズ17回戦(西武ドーム)、9回表に大引啓次から空振り三振 ※史上135人目涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 森福允彦

    森福允彦から見た大引啓次大引啓次

    ''、開幕から一度も抹消されること無く一軍で過ごし、5年連続となるWHIP1未満を達成。前年後半と同様「火消し」を中心とした便利屋的起用法で、前任者が残した走者を43人背負い(得点圏からの登板は24試合)、生還させたのは7人だった。5月5日対日本ハム戦では5回同点二死満塁から登板し、西川遥輝からストレートで見逃し三振を奪い、6回も無失点に抑え、長谷川勇也の勝ち越し二塁打を呼んでシーズン1勝目を手にした。8月は8月31日の対楽天戦でサヨナラ負けするなど同点からの登板で3度の救援失敗とやや調子を崩した。9月2日本拠地福岡 ヤフオク!ドームでオリックスを迎えた首位攻防戦では延長11回同点から登板し2イニングを6者連続の凡退に抑え、引き分けに持ち込んだ。9月9日の対日本ハム戦で8回3点ビハインド無死一二塁から敬遠などで満塁とし、大引啓次に走者一掃二塁打、西川遥輝の二塁打で大量5失点でイニング途中に降板という失態はあったものの、9月11日から9月28日までチームが1勝9敗と苦しんだ期間は5試合に登板し全てビハインドからの登板だったが走者を1人も生還させなかった。森福允彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山口義治

    山口義治から見た大引啓次大引啓次

    2016年6月19日のヤクルト対西武戦(神宮球場)にて一塁塁審を務めたが、3回裏の大引啓次の三塁ゴロと6回裏の中村悠平のバントを、いずれもアウトと判定。これに対して真中満監督が2度とも抗議したが判定は覆らず、試合後に名指しで批判された。山口義治 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た大引啓次大引啓次

    木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾と日本ハムの糸井嘉男、八木智哉との3対2のトレードが成立。その糸井は3番ライトを担い、4番でこの年も24本塁打を記録した李大浩、5番のバルディリスと共に強力なクリーンアップを築いた。エース金子千尋はケガのため、オープン戦に登板できなかったものの、ぶっつけ本番で開幕投手を任され好投した。また、西も先発ローテーションに入り、2人とも成績を残した。交流戦は13勝10敗で、巨人・日本ハム・ロッテと同率の3位とした。金子千尋は24勝無敗の偉業を成し遂げた楽天の田中将大に沢村賞は譲ったが、田中もできなかった沢村賞の選考基準全項目を満たし、奪三振王のタイトルを獲得した。また、糸井嘉男も移籍一年目にもか関わらず共に5年連続となる打率3割・ゴールデングラブ賞を達成し、自己最多の安打、本塁打、盗塁を記録するなど投打の柱は共に活躍した。しかし、チームとしては10月1日の対ソフトバンク戦に2対9で敗れて5年連続のBクラスが確定、クライマックスシリーズ進出を逃し、10月6日の対ロッテ戦に3対1で勝利して3年ぶりの5位を確定させた。この年のオフ、4番の李大浩が退団しソフトバンクに移籍。また、後藤光尊が鉄平とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。これにより、ブルーウェーブ時代から一貫してオリックスに在籍し続けた選手は姿を消した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「大引啓次」のニューストピックワード