76件中 61 - 70件表示
  • 大引啓次

    大引啓次から見た内野手

    大引 啓次(おおびき けいじ、1984年6月29日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(内野手)。愛称は「ビッキー」。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た宮城球場

    初本塁打:2007年7月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス9回戦(フルキャストスタジアム宮城)、4回表に永井怜から左越ソロ大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た浪速高等学校・中学校

    浪速高校では1年夏からベンチ入りし、1年秋から遊撃手のレギュラーの座を獲得。2年春の第73回選抜高等学校野球大会に出場し8強入りに貢献。3年夏の大阪大会では5本塁打を放った。高校通算15本塁打。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た第73回選抜高等学校野球大会

    浪速高校では1年夏からベンチ入りし、1年秋から遊撃手のレギュラーの座を獲得。2年春の第73回選抜高等学校野球大会に出場し8強入りに貢献。3年夏の大阪大会では5本塁打を放った。高校通算15本塁打。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た神戸総合運動公園野球場

    初打点:2007年3月29日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(スカイマークスタジアム)、8回裏に押本健彦から左中間2点適時二塁打大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た大晦日

    大阪府大阪市住吉区出身。創建2000年の歴史を持つ神須牟地(かみすむち)神社の宮司の二男として生まれ、物心ついた頃から恒例行事や大晦日には必ず神社を手伝っていた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見たスターティングメンバー

    3月24日の開幕戦に八番・遊撃手として先発出場。オリックスで新人が開幕戦に先発出場したのは、指名打者で出場したの後藤光尊以来、遊撃手としてはの田口壮以来だった。プロ初打席で斉藤和巳から初安打を記録し出塁すると、直後に初盗塁も決めた。7月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で永井怜からプロ初本塁打。シーズン通して遊撃手のレギュラーの座をほぼ掴んでいたが終盤は調子を崩し、好調だった後藤に先発を譲ることも多かった。規定打席には2打席不足したが、最終的には出塁率.329を記録するなど新人野手としてはトップクラスの成績を残した。リーグ3位、遊撃手としては同2位の17失策を記録したがレンジファクターではリーグの遊撃手の中で1位だった。一方で打率.274に対し得点圏打率.212とチャンスで打てなかったことなどの課題も残した。シーズン後の秋季キャンプでは臨時コーチを務めたロサンゼルス・ドジャース・ストレングス・コンディショニングコーチのダグ・ジャローが俊敏性を試すために独自に考案した「球拾いテスト」でチームトップの好タイムを記録。「素晴らしい才能を持った選手がいた」と絶賛された。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た住吉区

    大阪府大阪市住吉区出身。創建2000年の歴史を持つ神須牟地(かみすむち)神社の宮司の二男として生まれ、物心ついた頃から恒例行事や大晦日には必ず神社を手伝っていた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見たレンジファクター

    3月24日の開幕戦に八番・遊撃手として先発出場。オリックスで新人が開幕戦に先発出場したのは、指名打者で出場したの後藤光尊以来、遊撃手としてはの田口壮以来だった。プロ初打席で斉藤和巳から初安打を記録し出塁すると、直後に初盗塁も決めた。7月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で永井怜からプロ初本塁打。シーズン通して遊撃手のレギュラーの座をほぼ掴んでいたが終盤は調子を崩し、好調だった後藤に先発を譲ることも多かった。規定打席には2打席不足したが、最終的には出塁率.329を記録するなど新人野手としてはトップクラスの成績を残した。リーグ3位、遊撃手としては同2位の17失策を記録したがレンジファクターではリーグの遊撃手の中で1位だった。一方で打率.274に対し得点圏打率.212とチャンスで打てなかったことなどの課題も残した。シーズン後の秋季キャンプでは臨時コーチを務めたロサンゼルス・ドジャース・ストレングス・コンディショニングコーチのダグ・ジャローが俊敏性を試すために独自に考案した「球拾いテスト」でチームトップの好タイムを記録。「素晴らしい才能を持った選手がいた」と絶賛された。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た主将

    法政大学(法学部政治学科)進学後は、1年の東京六大学野球春季リーグ開幕戦で九番・三塁手としてデビュー。以後不動のレギュラーとして活躍し、3年時の秋季リーグでは同校5年ぶりとなる優勝、4年時には主将となり春季リーグで2季連続優勝を達成した。主将として「法大史上最高の主将」「学生野球の鑑」と他大学からも称賛された。大学では首位打者を2度、最多打点と最多盗塁を1度ずつ記録し、ベストナインには5度選出され、小早川毅彦が作ったチーム最多安打記録(114)を更新し、慶應義塾大学の高橋由伸を抜いてリーグ歴代単独4位となる通算121安打を記録した。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「大引啓次」のニューストピックワード