1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
86件中 81 - 86件表示
  • 大引啓次

    大引啓次から見た住吉区

    大阪府大阪市住吉区出身。創建2000年の歴史を持つ神須牟地(かみすむち)神社の宮司の次男として生まれ、物心ついた頃から恒例行事や大晦日には必ず神社を手伝ったりしていた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た打点

    法政大学(法学部政治学科)進学後は、1年の東京六大学野球春季リーグ開幕戦で9番三塁手としてデビュー。以後不動のレギュラーとして活躍し、3年時の秋季リーグでは同校5年ぶりとなる優勝、4年時には主将となり春季リーグで2季連続優勝を達成した。大学では首位打者を2度、打点王と盗塁王を1度ずつ記録し、ベストナインには5度選出され、小早川毅彦が作ったチーム最多安打記録(114本)を更新し、慶應義塾大学の高橋由伸を抜いてリーグ歴代単独4位となる通算121安打を記録した。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た宮司

    大阪府大阪市住吉区出身。創建2000年の歴史を持つ神須牟地(かみすむち)神社の宮司の次男として生まれ、物心ついた頃から恒例行事や大晦日には必ず神社を手伝ったりしていた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た大阪ドーム

    3月18日、阪神の選手などが多く所属するオフィスS.I.Cとマネジメント契約を締結。同年も8番遊撃手として開幕戦に出場。開幕直後は打撃不振に苦しんだが、徐々に復調。5月7日のロッテ戦(京セラドーム大阪)では、延長10回裏に荻野忠寛からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。しかし、6月9日の阪神戦で久保田智之から右手人さし指に死球を受けて骨折し戦線離脱。8月27日のソフトバンク戦で復帰し、以後は再び遊撃手のレギュラーとして出場。最終的には故障の影響もあって88試合の出場にとどまり打率.258に終わったが、得点圏打率.319を記録するなど成長の跡も見せた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た得点圏打率

    は3月24日の開幕戦に8番遊撃手としてスタメン出場。オリックスで新人が開幕スタメン出場したのは、指名打者で出場したの後藤光尊以来、遊撃手としてはの田口壮以来だった。プロ初打席で斉藤和巳から初安打を放ち出塁すると、直後に初盗塁も決めた。3月29日の日本ハム戦では8回裏1死満塁から左中間に飛球を放ち、プロ初打点がプロ初本塁打・初満塁本塁打かと思われたが、観客がグラブを差し出して打球を掴んだため、適時二塁打となった。7月6日の楽天戦で永井怜からプロ初本塁打を記録。シーズン通して遊撃手のレギュラーをほぼつかんでいたが終盤は調子を崩し、好調だった後藤にスタメンを譲ることも多かった。このため規定打席には2打席足りなかったが、最終的には出塁率.329を記録するなど新人野手としてはトップクラスの成績を残した。リーグ3位、遊撃手としては同2位の17失策を記録したがレンジファクターではリーグの遊撃手の中で一位を獲得した。一方で打率.274に対し得点圏打率.212とチャンスで打てなかったことなど課題も残した。シーズン後の秋季キャンプでは臨時コーチを務めたロサンゼルス・ドジャースストレングス・コンディショニングコーチのダグ・ジャローが俊敏性を試すために独自に考案した「球拾いテスト」でチームトップの好タイムを記録。「素晴らしい才能を持った選手がいた」と絶賛された。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た大阪府

    大阪府大阪市住吉区出身。創建2000年の歴史を持つ神須牟地(かみすむち)神社の宮司の次男として生まれ、物心ついた頃から恒例行事や大晦日には必ず神社を手伝ったりしていた。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
86件中 81 - 86件表示

「大引啓次」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画