前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 北山通

    北山通から見た五山送り火五山送り火

    松ヶ崎橋西入から宝ヶ池通交差点付近までは、一筋北の旧道沿いに旧松ヶ崎村の集落が東西に伸びる。五山送り火の一つ妙法の麓である。北山通 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市

    京都市から見た五山送り火五山送り火

    五山送り火(大文字の送り火)京都市 フレッシュアイペディアより)

  • 五山の送り火

    五山の送り火から見た五山送り火五山送り火

    五山の送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 西大路通

    西大路通から見た五山送り火五山送り火

    ほぼ南北を向いており、九条あたりから北では、真北に五山送り火のひとつ左大文字を望むことができる。西大路通 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学室町校地

    同志社大学室町校地から見た五山送り火五山送り火

    室町校地の寒梅館7階にあるフレンチレストラン。単品ではなくコースメニューがメインのため、価格は1階のアマーク・ド・パラディより高めに設定されている。学生食堂としての利用より、普通のレストランとしての利用のほうが多い。眺めがよく、五山送り火の大文字が食事をしながら見ることができる。同志社大学室町校地 フレッシュアイペディアより)

  • 御招霊

    御招霊から見た五山送り火五山送り火

    送り火が家庭の玄関先や庭で行われるものから京都の五山送り火など大規模なものまで現在も行事として行われるが、村落あげての大がかりな迎え火であるこの御招霊の慣習は高度経済成長と言われた昭和40年代中頃までで終えている場合が多い。このことは予期せぬ野火に至る恐れがあったり、農家の減少で藁が十分に集められない、若者がサラリーマン化して日程の都合がつかないな、ダムの建設で山間部を離れる、過疎化や近代化など多くの古来からのそれぞれの地域の慣習や行事が消えて行く事と共通するものがある。御招霊 フレッシュアイペディアより)

  • 大文字研二

    大文字研二から見た五山送り火五山送り火

    地元の中学校を卒業後、プロレスラーとして活躍していたが、中村部屋(師匠は、元前頭1・楯甲)の元幕下・甲潟にスカウトされたのを機に角界入り。1956年3月場所で初土俵を踏んだ。四股名は地元・京都市の祭り(五山送り火)に因んだ「大文字」を名乗り、引退まで通した。初土俵の同期には、後の関脇・開隆山や前頭・栗家山などがいる。大文字研二 フレッシュアイペディアより)

  • 浄土院 (京都市左京区)

    浄土院 (京都市左京区)から見た五山送り火五山送り火

    浄土院(じょうどいん)は、京都市左京区銀閣寺町にある浄土宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。五山送り火のひとつ「大文字」を管理することから「大文字寺」とも称される。浄土院 (京都市左京区) フレッシュアイペディアより)

  • 宝ヶ池通

    宝ヶ池通から見た五山送り火五山送り火

    妙法の送り火(五山送り火の一つ)宝ヶ池通 フレッシュアイペディアより)

  • 大文字の送り火

    大文字の送り火から見た五山送り火五山送り火

    大文字の送り火 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「大文字五山送り火」のニューストピックワード