51件中 21 - 30件表示
  • 迎え火

    迎え火から見た五山送り火五山送り火

    また迎え火の変形として盆提灯がある。これも同じく先祖の霊を迎え入れるための目印であり、また先祖の霊が滞在しているしるしであるとされる。この風習は鎌倉時代から行われている。さらに竿燈や五山送り火のように発展したり、送り火に変化したものもある。迎え火 フレッシュアイペディアより)

  • 西賀茂橋

    西賀茂橋から見た五山送り火五山送り火

    1991年に架設され、橋長は78m、有効幅員は15m。川の中に2つの橋脚がある。東行1車線、西行2車線(右側車線は右折専用レーン)の車道およびその外側に歩道が設けられている。舟形万灯籠で有名な西賀茂船山など周辺の自然景観との調和をはかるために、曲線美にこだわった欄干を配し、かつ橋全体を青灰色の抑えた色で構成させた。西賀茂橋 フレッシュアイペディアより)

  • 横川景三

    横川景三から見た五山送り火五山送り火

    後年、江戸時代前期に記された『菟芸泥赴』などの史料によると、京都の晩夏を彩る五山送り火の大文字山(如意ヶ岳)の「大」の字は、横川の筆跡によるものだという(「大」の字の筆者については多くの説が存在する)。横川景三 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学西部講堂

    京都大学西部講堂から見た五山送り火五山送り火

    1972年8月16日は、京大農学部グラウンドから、如意ヶ岳の大きな「大文字」が見える日。そのグラウンドで行われたコンサートが、「三里塚空港粉砕」をスローガンにした「幻野祭」である。三里塚の野火と京都の大文字の送り火をつなぐコンセプトで、ウエスト・ロード・ブルース・バンドや頭脳警察、豊田勇造らが出演した。京都大学西部講堂 フレッシュアイペディアより)

  • 束稲山

    束稲山から見た大文字の送り火五山送り火

    ツツジの名所で、8月16日には山腹で大文字の送り火の行事が行われる。頂上からは中尊寺、衣川古戦場などが一望できる。また一関テレビ・FM中継局が設置されている。束稲山 フレッシュアイペディアより)

  • アカマツ

    アカマツから見た五山送り火五山送り火

    材には松脂を多く含み、火付きがよく火力も強い。そのため薪の原料として重視されていた。化石燃料が普及した現在でも、陶芸の登り窯にくべる薪やお盆の松明などに使われている。京都の五山送り火でも、大量のアカマツの薪が組まれて焚かれ、それぞれ文字の形になる。アカマツ フレッシュアイペディアより)

  • 左右

    左右から見た五山送り火五山送り火

    平城京や平安京の北部にある御所において天皇が南むきに玉座に座ったときに、街の東側は左側に、街の西側は右側にみえることから、東側は左京、西側は右京と呼んだ。京都市の左京区、右京区は、平安京とは地域的にずれるがこれに倣ったものであり、地図上の左右、つまり地図の北を上にしたときの東西とは一致しない。しかしながら、京都の五山送り火には西と東に二つの「大文字」があるが、こちらは西側の大文字が「左大文字」と呼ばれる。左右 フレッシュアイペディアより)

  • 何有荘

    何有荘から見た五山送り火五山送り火

     庭内は山沿いに道が完備されており、鐘楼や複数の滝、水車小屋などを見ながら、山上の草堂まで登ると京都の町並みが一望できるスポットも備えている。また南禅寺の三門から岡崎界隈までを見渡すことができ、京の風物詩である五山送り火も見ることができる。何有荘 フレッシュアイペディアより)

  • 涌泉寺

    涌泉寺から見た五山送り火五山送り火

    涌泉寺は平安時代に建立された松崎寺(円明寺)と言われている。関西で初めて日蓮宗の檀林(松ヶ崎檀林)が開かれた。江戸時代に始まる五山送り火のうち「妙法」の文字を灯す寺院として知られている。涌泉寺 フレッシュアイペディアより)

  • いとしのエリー (漫画)

    いとしのエリー (漫画)から見た五山送り火五山送り火

    連載は上野が高校1年生の夏休みから始まり、ほぼ実際の季節に準じて学校行事やスキー、五山送り火などのイベントが進行。連載初期はHをしたがる上野と、それをかわす串田をコミカルに描いていたが、上野の恋敵となる真名古や平石、そして一途に上野を想う今泉の登場以降はさまざまな人間関係が入り乱れる恋愛ドラマとなっていくと同時に、上野の精神的な成長を描く物語となる。最終回は高校生活最後の行事である卒業式で幕を閉じた。いとしのエリー (漫画) フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「大文字五山送り火」のニューストピックワード