51件中 31 - 40件表示
  • 修学院駅

    修学院駅から見た五山送り火五山送り火

    五山送り火「妙・法」(左京区松ヶ崎・西山および東山) - 松ヶ崎駅の方が近い。修学院駅 フレッシュアイペディアより)

  • 火

    から見た五山送り火五山送り火

    人間の思考文化の中で、火は重要な地位を占める。古代ギリシアや中国の哲学では火は元素の1つであると考えられたことがある。また火を信仰の対象とする宗教もあり、代表的なものとしては拝火教という異名を持つゾロアスター教がある。日本でもお盆の送り火(京都市の五山送り火が有名)のような例がある。信仰の場以外でも、例えばキャンプファイヤーなど多くの行事、象徴的な場などで火は用いられている。 フレッシュアイペディアより)

  • ありがとう浜村淳です

    ありがとう浜村淳ですから見た五山送り火五山送り火

    エルヴィス・プレスリーのこと(プレスリーの生後二日後に浜村は生まれた)。また、五山送り火開催日とプレスリーの命日が同じ日(8月16日)であるため、当日の送り火の行事紹介をする際に、毎年必ず「ぷーさん」が話のネタにされる。ありがとう浜村淳です フレッシュアイペディアより)

  • 百万遍交差点

    百万遍交差点から見た五山送り火五山送り火

    北西角にはMONAKO(パチンコ屋)、レブン書房(本屋)、また知恩寺の道を挟んだ正面にローソンストア100、京都情報大学院大学がある。五山送り火では、京阪電車出町柳駅付近に劣らず、大文字を見るためにこの北西角にも多くの人が集まる。百万遍交差点 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐山

    嵐山から見た五山送り火五山送り火

    鳥居形(曼陀羅山)(五山送り火嵐山 フレッシュアイペディアより)

  • 大津事件

    大津事件から見た五山送り火五山送り火

    シベリア鉄道の極東地区起工式典に出席するため、ニコライはお召し艦「パーミャチ・アゾーヴァ」以下ロシア帝国海軍艦隊を率いてウラジオストクに向かう途中、日本を訪問した。ニコライの一行は長崎と鹿児島に立ち寄った後に神戸に上陸、京都に向かった。いまだ小国であった日本は政府を挙げてニコライの訪日を接待、公式の接待係には皇族である有栖川宮威仁親王(海軍大佐)を任命、京都では季節外れの五山送り火まで行われた。次の訪問予定地である横浜、東京でも歓迎準備が進んでいた。まさに国をあげての歓迎であった。大津事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松ヶ崎駅 (京都府)

    松ヶ崎駅 (京都府)から見た五山送り火五山送り火

    北側には五山送り火の「妙」・「法」で知られる山がある。松ヶ崎駅 (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 火と汐

    火と汐から見た五山送り火五山送り火

    目黒に住む33歳の劇作家・曾根晋吉は、芝村美弥子と、秘密で京都に宿泊していた。金属会社に勤める美弥子の夫は、神奈川県の油壺と三宅島を往復するヨットレースに参戦しており、8月17日の夫の油壺到着までに、美弥子は京都から油壺に戻る算段になっていた。8月16日の夜、晋吉は美弥子と、ホテルの屋上から、大文字焼を見物していたが、その最中、晋吉の気づかぬ間に、人混みの中で美弥子が消失する。彼女のスーツケースは部屋に残されたままであった。秘密の旅行ゆえ、事情を告げるわけにもいかず、困惑したまま晋吉は東京へ戻った。8月18日の新聞記事に晋吉は驚く。美弥子の夫・芝村の乗るヨットが、油壺に帰着する途中、三浦半島沖合で、ワイルドジャイブを起こし、同乗者の上田伍郎が死亡したという。美弥子のことを言えぬまま、入院した芝村に見舞いの電話をかける晋吉。ところが、美弥子の死体が晋吉の自宅近くで発見され、芝村と顔見知りだった晋吉は、警察に参考人として呼ばれてしまう……。火と汐 フレッシュアイペディアより)

  • 日本沈没

    日本沈没から見た五山送り火五山送り火

    『日本沈没』が執筆開始された後から「SFマガジン」に連載され、出版は1966年と『日本沈没』に先んじる形になった小松の別の長編小説『果しなき流れの果に』には、短いエピソードとして、国土を失ったさらに未来の日本人の行く末に触れており、ここでは宇宙に進出する日本人の姿が描かれている。また、『お祭り』というショートショート作品では、国土を失った日本の民族が宇宙開発を率先して進めたため、その貢献への返礼としてお盆に太平洋上で巨大「大文字焼き」を行う権利を得た、ということになっている。日本沈没 フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見た五山送り火五山送り火

    めぐみとのぞみの生みの親で、忠の元妻。京都・祇園の置屋兼お茶屋「花むら」の芸妓。裕福な呉服問屋の娘だったが、祇園に憧れて舞妓となった。その後、忠との結婚、出産、離婚を経て祇園に戻り、ひとりでのぞみを育てた。今でも忠のことを心から愛している。忠のボクシングには心の底では反対していた。また、のぞみ(夢花)が舞妓を辞めた際には、精神的なダメージを受けて、一時、舞を舞うことができなくなることがあった。忠と離婚する前、赤ん坊のめぐみとのぞみに子守唄として「赤いスイートピー」を歌って聴かせていた。また、18年ぶりにめぐみとの再会を果たす2000年10月7日まで、時折赤ん坊ののぞみと一緒に写っているめぐみの写真を見たり、毎年8月16日の夜にひとりで鴨川の河原へ行き、大文字の送り火を眺めてはめぐみとのぞみの誕生日を祝って、自分の手元から離れためぐみのことも想っていた。のぞみ(夢花)は、大抵、芸舞妓、女将のときには「花雪さん姉さん」、プライベートのときには「お母ちゃん」と区別して呼んでいる。一方のめぐみは、嘉子が「お母ちゃん」のため、「お母さん」と呼んでいる。だんだん フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「大文字五山送り火」のニューストピックワード