前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 五山送り火

    五山送り火から見た空海

    大の字は弘法大師が画いたものである。(『山城四季物語』・『雍州府志』・『都名所車』・『都名所図会』など)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た足利義政

    大の字は足利義政の命により、横川景三と芳賀掃部が画いたものである。芳賀掃部は義政の臣であると同時に横川景三の筆道の弟子でもあった。(『山州名跡志』・『山城名跡巡行志』)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た横川景三

    大の字は相国寺の僧・横川景三が画いたという説と、弘法大師が画いたという説がある。(『日次紀事』)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た日像

    涌泉寺の寺伝によると、徳治2年(1307年)、松ヶ崎の村民が日蓮宗に改宗したとき、日像が西山に「妙」の字を書き、下鴨大妙寺の日良が東山に「法」の字を書いたという。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た円仁

    船の形は、承和14年(847年)、唐からの帰路に暴風雨にあった、西方寺の開祖・慈覚大師円仁が「南無阿弥陀仏」と名号を唱えたところ無事到着できたという故事にちなむという。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た近衛信尹

    大の字は三藐院(さんみゃくいん)(近衛信尹(このえのぶただ)を指す)が画いたものである。(『案内者』)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た施餓鬼

    山に画かれた字跡に点火する行為の起源については、平安時代とも江戸時代とも言われているが、公式な記録が存在するわけではない。場所と行為を具体的に特定した史料が登場するのは近世に入ってからである。『雍州府志』によると、盂蘭盆会や施餓鬼の行事として行われていたとあり、『花洛細見図』にも「盂蘭盆会の魂祭」として紹介されていることから、江戸時代前期?中期にはそれに類する性格を持っていた。江戸時代前期?中期には大文字、妙法、舟形、加えて所々の山、原野で火を点けていた。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た青蓮院

    大の字は青蓮院門主が画いたものである。(『洛陽名所集』・『出来斎京土産』)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た慈照寺

    五山の中では、一般の人間が原則として自由に登れる唯一の山である。登り口は、送り火の時にも使われる銀閣寺の北側からのものが主ルート。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た葵祭

    京の夏の夜空を焦がす京都の名物行事・伝統行事。葵祭・祇園祭・時代祭とともに京都四大行事の一つとされる。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「大文字五山送り火」のニューストピックワード