41件中 21 - 30件表示
  • 五山送り火

    五山送り火から見た日蓮宗

    涌泉寺の寺伝によると、徳治2年(1307年)、松ヶ崎の村民が日蓮宗に改宗したとき、日像が西山に「妙」の字を書き、下鴨大妙寺の日良が東山に「法」の字を書いたという。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た盂蘭盆

    山に画かれた字跡に点火する行為の起源については、平安時代とも江戸時代とも言われているが、公式な記録が存在するわけではない。場所と行為を具体的に特定した史料が登場するのは近世に入ってからである。『雍州府志』によると、盂蘭盆会や施餓鬼の行事として行われていたとあり、『花洛細見図』にも「盂蘭盆会の魂祭」として紹介されていることから、江戸時代前期?中期にはそれに類する性格を持っていた。江戸時代前期?中期には大文字、妙法、舟形、加えて所々の山、原野で火を点けていた。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た相国寺

    大の字は相国寺の僧・横川景三が画いたという説と、弘法大師が画いたという説がある。(『日次紀事』)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た国土地理院

    山名は鳥居形を除き国土地理院地形図の表記に従うが、他説も併記する。鳥居形の所在する山については、地形図に山名の記載がないため、京都市観光協会・大文字五山保存会連合会の挙げる呼称を併記する。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た左京区

    「大文字」(左京区浄土寺・大文字山。20時00分点火)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見たたいまつ

    火床は、他山と違い、木を組むのではなく、松明をそのまま突き立てる。親火床から松明を持って各火床に走るので「火が走る」とも称される。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た大谷石

    現在は大谷石で火床を作って、その上に薪などを組んで点火する(鳥居形除く)。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た地形図

    山名は鳥居形を除き国土地理院地形図の表記に従うが、他説も併記する。鳥居形の所在する山については、地形図に山名の記載がないため、京都市観光協会・大文字五山保存会連合会の挙げる呼称を併記する。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た北区 (京都市)

    「舟形万灯籠」(北区西賀茂・船山。20時15分点火)五山送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 五山送り火

    五山送り火から見た浄土院 (京都市左京区)

    保存会:浄土院の(元)檀家による世襲。五山送り火 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「大文字五山送り火」のニューストピックワード