前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • 住友製薬

    住友製薬から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    2005年10月1日に大日本製薬株式会社と合併し、国内6位の製薬会社『大日本住友製薬株式会社』が発足し、解散会社となったため現在は消滅している。住友製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 高松高等商業学校

    高松高等商業学校から見た大日本製薬大日本住友製薬

    宮武徳次郎〔2回卒〕- 大日本製薬社長、会長。高松高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

  • グローバルヘルス技術振興基金

    グローバルヘルス技術振興基金から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund = GHIT Fund)は日本に本部を置く公益社団法人で、日本政府(外務省、厚生労働省)と製薬関連企業16社(アステラス製薬、中外製薬、エーザイ、第一三共、富士フイルム、グラクソ・スミスクライン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、協和発酵キリン、メルク、田辺三菱製薬、ニプロ、大塚製薬、塩野義製薬、大日本住友製薬、シスメックス、武田薬品)、ビル%26メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、及びUNDP(国連開発計画)と連携する国際的な官民パートナーシップである。主に開発途上国で蔓延する感染症の医薬品、ワクチン、診断薬の研究開発に投資を行う12。ビル・ゲイツは、「GHIT Fundは日本の製薬会社、大学、研究機関の多大な革新能力を活用し、グローバルヘルス分野におけるワクチン、治療薬、診断薬の開発を加速させる」と述べている3。WHO前事務局長のマーガレット・チャンは 「GHIT Fundは先駆的なパートナーシップモデルであり、日本のイノベーション、投資、リーダーシップを世界における感染症との戦いに投入するものである」と述べている4。GHIT Fundは政府、国連機関、製薬関連企業、国際慈善財団が参画する、世界初の官民パートナーシップ基金である56。グローバルヘルス技術振興基金 フレッシュアイペディアより)

  • 興和

    興和から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    2005年(平成17年)6月 - 大日本製薬(現在の大日本住友製薬)から一般用医薬品(大衆薬)・ヘルスケア事業を譲受。興和 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤英彦

    佐藤英彦から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大日本住友製薬監査役(2011年6月)佐藤英彦 フレッシュアイペディアより)

  • グラクソ・スミスクライン

    グラクソ・スミスクラインから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    ザンタックとタガメットは同薬理をもつ同効の競合品であり、自社品同士での競合を避けるために、タガメットは他社販売へ移管している。日本では、タガメットは大日本住友製薬が販売、ザンタックは第一三共との共同販売活動を行っていたが、2008年4月1日から自社流通のみに変更した。グラクソ・スミスクライン フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三菱製薬

    田辺三菱製薬から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    11月1日 - アニマルヘルス(動物薬)事業を「旧:大日本製薬株式会社(現在の大日本住友製薬株式会社)」に営業譲渡する。田辺三菱製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本製薬

    大日本製薬から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大日本製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪製薬

    大阪製薬から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大阪製薬 フレッシュアイペディアより)

  • ケンコー産業

    ケンコー産業から見た大日本製薬大日本住友製薬

    大日本製薬(現在・大日本住友製薬):4%ケンコー産業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「大日本住友製薬」のニューストピックワード