133件中 21 - 30件表示
  • ユニック (企業)

    ユニック (企業)から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    取引メーカー:武田薬品工業・第一製薬・住友製薬・大塚製薬・明治製菓・東京田辺製薬・大日本製薬ユニック (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ナカノ薬品

    ナカノ薬品から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    アステラス製薬、エーザイ、MSD、大鵬薬品工業、大塚製薬、第一三共ヘルスケア、大日本住友製薬、協和発酵キリン、日本化薬、塩野義製薬、大正富山医薬品、日本ケミファ、ファイザー、Meiji Seika ファルマ 他多数ナカノ薬品 フレッシュアイペディアより)

  • クラヤ薬品

    クラヤ薬品から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    1955年から田辺製薬・大日本製薬・山之内製薬・鳥居薬品・中村滝商店・稲畑産業・武田薬品工業・藤沢薬品工業・日本衛材との順次直接取引開始クラヤ薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 井上一誠堂

    井上一誠堂から見た大日本製薬大日本住友製薬

    大日本製薬(現在・大日本住友製薬)井上一誠堂 フレッシュアイペディアより)

  • アボットジャパン

    アボットジャパンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    アボット ジャパン株式会社(ABBOTT JAPAN CO., LTD.)は、日本のヘルスケアカンパニー、製薬会社。米国アボット・ラボラトリーズの日本法人。2003年(平成15年)2月1日、ダイナボット株式会社と北陸製薬株式会社が合併し設立された。ダイナボットは長く診断薬・機器事業が主力であり、医療用医薬品は大日本製薬(現 大日本住友製薬)から販売を行っていたが、北陸製薬との合併後は完全自社販売体制となり医療用医薬品を主力としていた。アボット・ラボラトリーズは2013年に研究開発型医療用医薬品事業(いわゆる新薬事業)を分離し、全世界的にアッヴィ(日本法人はアッヴィ合同会社)として分社した。新薬事業からの撤退により、今後アボット・ラボラトリーズの医薬品事業はエスタブリッシュ製品(長期収載品やブランド後発品)を軸に新興市場に注力することが表明されており、他の事業と共に多角化されたヘルスケアカンパニーとして展開される。アボットジャパン フレッシュアイペディアより)

  • メディセオ

    メディセオから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    なお、当社の親会社であるメディパルホールディングスは現在も武田薬品が筆頭株主となっているが、同業他社であるアステラス製薬・第一三共・大日本住友製薬・小林製薬も主要株主(大株主)として同社に出資している。メディセオ フレッシュアイペディアより)

  • 1958年の日本の女性史

    1958年の日本の女性史から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    1月 大日本製薬(現在の大日本住友製薬)、妊婦の睡眠薬イソミン発売。後のサリドマイド薬害の原因となる。1958年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • グリューネンタール

    グリューネンタールから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    これ以前にスイスのチバ製薬(現:ノバルティス)によりサリドマイドは合成はされていたが、薬効が見つからず、発売するには至っていなかった。その後、欧米を中心に各国で睡眠薬として販売された。翌年日本でも大日本製薬(現:大日本住友製薬)より睡眠薬として「イソミン」の名前で発売された。グリューネンタール フレッシュアイペディアより)

  • ドロキシドパ

    ドロキシドパから見た大日本製薬大日本住友製薬

    ドロキシドパは住友製薬によって神経性起立性低血圧を含む低血圧の治療のために生み出された。この薬は日本やその周辺国において低血圧治療用に1989年から使われていた。 2006年の大日本製薬との合併に伴い、大日本住友製薬とチェルシー社はドロキシドパのライセンスに関する契約を結んだ。これにより、日本、韓国、中国、台湾以外にも幅広く世界へマーケティングし、医薬品開発を行う運びとなる。そしてアメリカ合衆国における神経性起立性低血圧治療薬としての認可に先立ち効能追加を補助するために行われた透析患者の低血圧に関する治験の第二相が完了。2014年2月、アメリカ食品医薬品局(FDA)はドロキシドパを神経性起立性低血圧の症状を治療する薬として認可した。チェルシー社はアメリカにおいてドロキシドパの神経性起立性低血圧に関する希少疾病用医薬品の指定を取得して、現地アメリカでの開発を担う製薬会社となった。ドロキシドパ フレッシュアイペディアより)

  • ドロキシドパ

    ドロキシドパから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    ドロキシドパは住友製薬によって神経性起立性低血圧を含む低血圧の治療のために生み出された。この薬は日本やその周辺国において低血圧治療用に1989年から使われていた。 2006年の大日本製薬との合併に伴い、大日本住友製薬とチェルシー社はドロキシドパのライセンスに関する契約を結んだ。これにより、日本、韓国、中国、台湾以外にも幅広く世界へマーケティングし、医薬品開発を行う運びとなる。そしてアメリカ合衆国における神経性起立性低血圧治療薬としての認可に先立ち効能追加を補助するために行われた透析患者の低血圧に関する治験の第二相が完了。2014年2月、アメリカ食品医薬品局(FDA)はドロキシドパを神経性起立性低血圧の症状を治療する薬として認可した。チェルシー社はアメリカにおいてドロキシドパの神経性起立性低血圧に関する希少疾病用医薬品の指定を取得して、現地アメリカでの開発を担う製薬会社となった。ドロキシドパ フレッシュアイペディアより)

133件中 21 - 30件表示

「大日本住友製薬」のニューストピックワード