133件中 31 - 40件表示
  • 塩野香料

    塩野香料から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    1778年(安永7年)、摂津国西成郡海老江村(現・大阪市福島区)で百姓代を務める松中弥右衛門の元に三男(幼名不詳)が生まれた。1789年(寛政元年)、11歳になった三男は大阪・道修町の薬種商塩野屋藤兵衛の元へ丁稚奉公に出た。19歳になると元服し、吉兵衛(正しくは、吉の字の上部が土。14px兵衛)を名乗るようになり、30歳前には大番頭を務めた。1808年(文化5年)1月1日、主人の塩野屋藤兵衛からのれん分けを認められ、「塩野屋吉兵衛」として商売を始めた。しかし、当初は薬種中買仲間株(営業権)に空きがなく、1816年に同業の福島屋半兵衛から仲間株を購入するまでの8年間は仲買人の仕事を務めた。1830年、初代吉兵衛が52歳で急逝。吉兵衛は五男二女をもうけていたが、16歳の三男と13歳の四男を残し、他の子は早世していた。三男は藤兵衛の店で手代として働いており、元服より佶兵衛を名乗った。1833年に藤兵衛が亡くなると妻のやすが商売を継いだが、1836年6月に佶兵衛がやすの代判(後見人)を務めた。それと同時に吉兵衛を襲名し、1950年まで藤兵衛家の家業を守った。自らも1848年12月に、初代吉兵衛より譲り受けた仲間株で薬種商を始め、人参や大黄、医薬原料としての麝香などを取り扱った。二代目吉兵衛は、1870年に長男の豊太郎に吉兵衛の名を譲った。1872年に株仲間制度が廃止となり、これに代わるものとして1874年に薬種商組合が結成されたが、三代目吉兵衛は1889年に最高位の役職である総取締に選任された。1897年には大阪製薬株式会社(のちの大日本製薬→大日本住友製薬)の発起人の一人となり、1904年には大阪道修薬学校(現・大阪薬科大学)の設立に携わった。1880年に開園した愛珠幼稚園の設立にも参加し、初代園長を務めた。塩野香料 フレッシュアイペディアより)

  • サルブタモール

    サルブタモールから見た大日本製薬大日本住友製薬

    アスミドン Asmidon (MDI) - 大日本製薬→アイロミールサルブタモール フレッシュアイペディアより)

  • サルブタモール

    サルブタモールから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    アイロミール Airomir (MDI) - 大日本住友製薬 (3M社から輸入。海外ではProventil HFAなどの名前で販売)サルブタモール フレッシュアイペディアより)

  • 中枢神経刺激薬

    中枢神経刺激薬から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    覚せい剤取締法により覚せい剤である。処方箋医薬品。大日本住友製薬のヒロポンがある。中枢神経刺激薬 フレッシュアイペディアより)

  • ノルトリプチリン

    ノルトリプチリンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    塩酸塩が、大日本住友製薬からノリトレンという商品名で販売されている。ノルトリプチリン フレッシュアイペディアより)

  • 新グロモント

    新グロモントから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    1964年5月、当時の中外製薬が開発した薬用成分「グルクロノラクトン」(通称グロンサン)を配合した、アメリカ合衆国・バーモント州に伝わる民間療法「バーモント健康法」を利用したアップルビネガー&蜂蜜味の医薬品ドリンク『グロンサンバーモント』として発売。競合商品は大正製薬の『リポビタンD』、大日本製薬(現:大日本住友製薬)の『ヘルタスバーモント』、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)の『アスパラC(現在のアスパラドリンク)』、第一製薬(現:第一三共)の『マミアン』、日本製薬(発売元は武田薬品工業)の『ポリタンC』であった。のちに商品名を縮めて『グロモント』に、その後処方を強化し、現在の商品名となる。新グロモント フレッシュアイペディアより)

  • モサプリド

    モサプリドから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    モサプリド (Mosapride) は、代表的な胃腸薬であり、胃腸管神経に働いて胃腸の運動を活発にし、吐き気、嘔吐、食欲不振、膨満感、胸やけなどの症状を改善する。クエン酸塩が「ガスモチン」の商品名で大日本住友製薬より1998年に発売され、現在では後発医薬品も複数発売されている。モサプリド フレッシュアイペディアより)

  • 興和新薬

    興和新薬から見た大日本製薬大日本住友製薬

    2005年(平成17年)11月 - 大日本製薬株式会社の子会社であったマルピー薬品株式会社(2006年解散)の営業権を譲受。興和新薬 フレッシュアイペディアより)

  • 園田学園女子大学短期大学部

    園田学園女子大学短期大学部から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    これまでの実績では、日本銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・京都銀行・近畿大阪銀行・紀陽銀行・池田銀行・関西アーバン銀行・尼崎信用金庫・十三信用金庫・神戸信用金庫・日新信用金庫・中兵庫信用金庫・日本生命保険・住友生命保険・第一生命保険・明治安田生命保険・朝日生命保険・大和証券・三菱UFJ証券・新光証券・岡三証券・SMBCフレンド証券・武富士・アプラス・ニチロ・前田建設工業・森永乳業・キユーピー・カバヤ食品・グンゼ・芦森工業・ナイガイ・桑村繊維・大日本住友製薬・サカタインクス・東邦亜鉛・アライドテック・三菱重工業・ダイハツ工業・NOK・SMC・住友精密工業・トピー工業・住友金属工業・セイサ・住友電気工業・TOA・特殊電極・甲南電機・文化シャッター・パイロットコーポレーション・ノーケン・ヤマト工業・高島屋・阪急百貨店・阪神百貨店・そごう・山陽百貨店・ウエルマート・オートセブン・ミドリ電化・東京産業・カナデン・月星商事・兵庫トヨタ・ニッショー・ジャヴァグループ・レリアン・イケガミ・ファミリア・清原・瀧定・イトキン・サンエー・インターナショナル・グリーンハウス・魚国総本社・ケンタッキーフライドチキン・菱信ディーシーカード・トランスコスモス・応用地質・上組・住友倉庫・山九・オーナミ・全日空整備・阪急カーゴサービス・ジェイアール東海パッセンジャーズ・阪急観光バス・伊丹シティホテルほか園田学園女子大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • スルトプリド

    スルトプリドから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大日本住友製薬、バイエル薬品から、塩酸塩がバルネチールなどの商品名で販売されている。スルトプリド フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「大日本住友製薬」のニューストピックワード