102件中 41 - 50件表示
  • 興和新薬

    興和新薬から見た大日本製薬大日本住友製薬

    2005年(平成17年)11月 - 大日本製薬株式会社の子会社であったマルピー薬品株式会社(2006年解散)の営業権を譲受。興和新薬 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の喫煙

    日本の喫煙から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    日本における喫煙の権利、喫煙の自由は個別の法令により制限されている。20歳未満の者は未成年者喫煙禁止法第1条(「満二十年ニ至ラサル者ハ煙草ヲ喫スルコトヲ得ス」)により全面的に喫煙の自由が制限され、全年齢では軌道運輸規程第7条(「喫煙ヲ為スヘカラス」)、旅客自動車運送事業運輸規則第53条第6号(「次に掲げる行為をしてはならない: 六 禁煙の表示のある自動車内で喫煙すること」)、消防法第3条第1項第1号(「命ずることができる: 一 喫煙...の禁止」)および第23条(「喫煙の制限をすることができる」)、地方自治体による路上喫煙禁止条例、等で制限されている。タバコ以外の薬物・ゲートウェイドラッグ、例えば大麻の喫煙は、大麻取締法で免許のない者は喫煙以前に所持等が禁止され、免許のある大麻取扱者の大麻使用方法は研究等の用途に限られている。また、かつて販売されていた大日本住友製薬のヒロポンや武田薬品工業のゼドリンのように、一般流通していたものが法的に制限(覚せい剤取締法)された事例もある。日本国憲法において包括的な自由権は、日本国憲法第13条の規定であるが、その条文によれば、「公共の福祉」が実現されなければ、その自由の権利は尊重されない。「公共の福祉」に関する喫煙者と非喫煙者の権利の衝突において、喫煙の自由による喫煙者のタバコ煙を伴う呼気および空気は非喫煙者の健康を害するが、非喫煙の自由による非喫煙者のタバコ煙が伴わない呼気および空気は喫煙者の健康を害しないのであり、個別の法令では健康増進法、地方自治体の受動喫煙防止条例等が施行されている。日本国憲法第12条によれば、「自由及び権利」は「公共の福祉」のために利用するものであり、濫用してはならない。日本の喫煙 フレッシュアイペディアより)

  • 田代喜久雄

    田代喜久雄から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    サリドマイド薬害 - 社会部長時代の1962年に「サリドマイド薬害」の第一報を朝日新聞がスクープ。当時は激しく対立した大日本製薬の宮武徳次郎社長とは、後に親しい友人となった。田代喜久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の経済

    2005年の経済から見た大日本製薬大日本住友製薬

    大手製薬メーカー大日本製薬と住友製薬が合併し、大日本住友製薬が誕生。2005年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の経済

    2005年の経済から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大手製薬メーカー大日本製薬と住友製薬が合併し、大日本住友製薬が誕生。2005年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た大日本製薬大日本住友製薬

    日本薬局方の父でもあるオランダ人アントン・ヨハネス・ゲールツから初代衛生局長長與專齋への粗悪な輸入薬品の検査・取締りを行う司薬場(薬品試験所)の開設の提言をうけ、1874年に医薬品試験機関として、官営の東京司薬場(日本橋馬喰町、後に神田和泉町へ移転)が発足。1885年の半官半民の大日本製薬合資会社(後の、大日本製薬、現在の大日本住友製薬)設立には所長を務めた長井長義が初代社長として関与し、1891年まで所員を派遣するなど、日本における製薬産業の確立に関係が深い。1887年に東京衛生試験所と改称。1914年、第一次世界大戦の影響により、医薬品の輸入が途絶えたため、重要医薬品の製造を開始し、多くの医薬品の国産化に成功した。その結果、それまで輸入に依存していた日本の製薬産業の近代化の基盤が確立された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    日本薬局方の父でもあるオランダ人アントン・ヨハネス・ゲールツから初代衛生局長長與專齋への粗悪な輸入薬品の検査・取締りを行う司薬場(薬品試験所)の開設の提言をうけ、1874年に医薬品試験機関として、官営の東京司薬場(日本橋馬喰町、後に神田和泉町へ移転)が発足。1885年の半官半民の大日本製薬合資会社(後の、大日本製薬、現在の大日本住友製薬)設立には所長を務めた長井長義が初代社長として関与し、1891年まで所員を派遣するなど、日本における製薬産業の確立に関係が深い。1887年に東京衛生試験所と改称。1914年、第一次世界大戦の影響により、医薬品の輸入が途絶えたため、重要医薬品の製造を開始し、多くの医薬品の国産化に成功した。その結果、それまで輸入に依存していた日本の製薬産業の近代化の基盤が確立された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • スルトプリド

    スルトプリドから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大日本住友製薬、バイエル薬品から、塩酸塩がバルネチールなどの商品名で販売されている。スルトプリド フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共ヘルスケアの製品

    第一三共ヘルスケアの製品から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    フロンティア錠 - シメチジンを配合したH2ブロッカー胃腸薬。ゼファーマに統合の際、既に「ガスター10」があるため、統合時に販売終了。医療用は大日本住友製薬の「タガメット」である。またかつて、ロート製薬では「パンシロンH2ベスト」として、18錠と36錠で販売されていた。第一三共ヘルスケアの製品 フレッシュアイペディアより)

  • ほくやく

    ほくやくから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    武田薬品、アステラス製薬、中外製薬、三菱ウェルファーマ、ファイザー、ノバルティス、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業、第一三共、田辺製薬、大塚製薬、塩野義製薬、持田製薬、キッセイ薬品工業、グラクソ・スミスクライン などほくやく フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「大日本住友製薬」のニューストピックワード