133件中 61 - 70件表示
  • ダンヘルスケア

    ダンヘルスケアから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    2005年に住友製薬が大日本製薬との合併による大日本住友製薬の発足と医療用医薬品に専念するのを機に大衆薬から撤退することとなり、全株を殺虫剤メーカーの大日本除虫菊に譲渡し、現社名「ダンヘルスケア」に社名変更した。ダンヘルスケア フレッシュアイペディアより)

  • ダンヘルスケア

    ダンヘルスケアから見た大日本製薬大日本住友製薬

    2005年に住友製薬が大日本製薬との合併による大日本住友製薬の発足と医療用医薬品に専念するのを機に大衆薬から撤退することとなり、全株を殺虫剤メーカーの大日本除虫菊に譲渡し、現社名「ダンヘルスケア」に社名変更した。ダンヘルスケア フレッシュアイペディアより)

  • メトホルミン

    メトホルミンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    メトホルミン()は、ビグアナイド系薬剤に分類される経口糖尿病治療薬の一つである。日本での商品名はメトグルコ、メルビン(販売中止)(ともに大日本住友製薬)や、グリコラン錠(日本新薬)が先発品として発売されている。後発医薬品としてはメデット(トーアエイヨー)やネルビス(三和化学)などがある。メトホルミン フレッシュアイペディアより)

  • ガチフロキサシン

    ガチフロキサシンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    杏林製薬の大型新薬として創薬された。まず海外では、1995年にドイツ:en:Grünenthal社、1996年にアメリカブリストル・マイヤーズ スクイブ社、1998年に韓国Handok Pharmaceuticals(韓獨薬品)社へ導出された。1998年にFDAで、2001年にドイツ連邦保健省(EU相互認証有り)で承認・発売され、2003年に韓国で発売された。日本では経口薬が「ガチフロ®」の商品名で2002年4月11日厚生労働省によって認可され、2002年6月から販売が開始された。杏林製薬が製造し、杏林製薬と大日本住友製薬が販売した。ガチフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • ペロスピロン

    ペロスピロンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    旧住友製薬が開発、現在は大日本住友製薬が製造・販売している。薬価は非定型抗精神病薬の中では安い部類に入る。ペロスピロン フレッシュアイペディアより)

  • ブロナンセリン

    ブロナンセリンから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    ブロナンセリン (Blonanserin) は、大日本住友製薬が開発した非定型抗精神病薬の一種である。主に統合失調症の治療薬として用いられる。ブロナンセリン フレッシュアイペディアより)

  • ネオテーム

    ネオテームから見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    ネオテームは米・モンサントによって開発されたが、後にネオテームの特許は同社傘下の甘味料製造会社の米・ニュートラスイートと共に譲渡され、2002年から米・ファイザーが保有している。米国では、2002年に甘味料及び風味増強剤として一般食品分野への使用がアメリカ食品医薬品局(FDA)によって許可された。日本では、2007年12月28日に食品添加物として正式に認可された。申請者は、大日本住友製薬および米・ニュートラスイート。ネオテーム フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    日本薬局方の父でもあるオランダ人アントン・ヨハネス・ゲールツから初代衛生局長長與專齋への粗悪な輸入薬品の検査・取締りを行う司薬場(薬品試験所)の開設の提言をうけ、1874年に医薬品試験機関として、官営の東京司薬場(日本橋馬喰町、後に神田和泉町へ移転)が発足。また、食品分野についても、長崎司薬場、東京司薬場で活躍したヨハン・エイクマンによる先駆的な研究がなされている。1885年の半官半民の大日本製薬合資会社(後の、大日本製薬、現在の大日本住友製薬)設立には所長を務めた長井長義が初代社長として関与し、1891年まで所員を派遣するなど、日本における製薬産業の確立に関係が深い。1887年に東京衛生試験所と改称。1914年、第一次世界大戦の影響により、医薬品の輸入が途絶えたため、重要医薬品の製造を開始し、多くの医薬品の国産化に成功した。その結果、それまで輸入に依存していた日本の製薬産業の近代化の基盤が確立された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た大日本製薬大日本住友製薬

    日本薬局方の父でもあるオランダ人アントン・ヨハネス・ゲールツから初代衛生局長長與專齋への粗悪な輸入薬品の検査・取締りを行う司薬場(薬品試験所)の開設の提言をうけ、1874年に医薬品試験機関として、官営の東京司薬場(日本橋馬喰町、後に神田和泉町へ移転)が発足。また、食品分野についても、長崎司薬場、東京司薬場で活躍したヨハン・エイクマンによる先駆的な研究がなされている。1885年の半官半民の大日本製薬合資会社(後の、大日本製薬、現在の大日本住友製薬)設立には所長を務めた長井長義が初代社長として関与し、1891年まで所員を派遣するなど、日本における製薬産業の確立に関係が深い。1887年に東京衛生試験所と改称。1914年、第一次世界大戦の影響により、医薬品の輸入が途絶えたため、重要医薬品の製造を開始し、多くの医薬品の国産化に成功した。その結果、それまで輸入に依存していた日本の製薬産業の近代化の基盤が確立された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 合併 (企業)

    合併 (企業)から見た大日本住友製薬大日本住友製薬

    大日本住友製薬(大日本製薬+住友製薬)合併 (企業) フレッシュアイペディアより)

133件中 61 - 70件表示

「大日本住友製薬」のニューストピックワード