264件中 101 - 110件表示
  • 水野忠宜

    水野忠宜から見た大日本印刷大日本印刷

    秀英舎編 『華族名鑑』 秀英舎、1900年、73頁。水野忠宜 フレッシュアイペディアより)

  • 永田新之允

    永田新之允から見た大日本印刷大日本印刷

    1927年(昭和2年)、実業之日本社を退社し、秀英舎取締役となった。永田新之允 フレッシュアイペディアより)

  • 小山田二郎

    小山田二郎から見た大日本印刷大日本印刷

    その後、遠縁の日本画家・小堀鞆音のもとで絵を学び、画家への道を志すが父の猛烈な反対を受ける。1934年(昭和9年)、20歳の時に帝国美術専門学校(現・武蔵野美術大学)に入学するも父の堅実な道をという理由で図案科での入学であった。諦めのつかなかった二郎は翌年に父親に黙って西洋画科へ転入し、すぐに父の知るところとなり仕送りを停止された結果中退を余儀なくされた。太平洋戦争が勃発すると画材を集めることもままならず、絵描きとしても戦争を賛美することばかりが求められる風潮に絶望して一時筆を置くが、大日本印刷が画家を集めている事を知り1944年(昭和19年)に入社した。小山田二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 青野和人

    青野和人から見た大日本印刷大日本印刷

    東海大三高校から京都産業大学を経て、1999年に大日本印刷イーグルスに入団。しかし1シーズンで廃部。青野和人 フレッシュアイペディアより)

  • シャープ堺工場

    シャープ堺工場から見た大日本印刷大日本印刷

    またガラス基板供給のためにコーニング、カラーフィルター供給のために大日本印刷と凸版印刷が構内に事業所を構えた。シャープ堺工場 フレッシュアイペディアより)

  • 明治アーク監査法人

    明治アーク監査法人から見た大日本印刷大日本印刷

    中堅の明治監査法人とアーク監査法人が2016年(平成28年)1月4日に合併し設立された。存続監査法人は明治監査法人。海外提携先は世界13位のクレストン・インターナショナルであり、アーク監査法人のものを引き継いでいる。明治監査法人は大日本印刷等の大口クライアントを数多く保有していたものの、海外提携先が存在しなかった。明治アーク監査法人 フレッシュアイペディアより)

  • 市島謙吉

    市島謙吉から見た大日本印刷大日本印刷

    明治36年(1903年)日本文庫協会(後日本図書館協会)を設立・初代館長、第一回図書館事項講習会を行い日本の司書制度の濫觴となった。大日本文明協会、国書刊行会、日清印刷(現大日本印刷)等にも携わり、印刷業界でも精力的に活動した。晩年は随筆も多く執筆した。市島謙吉 フレッシュアイペディアより)

  • 教育出版

    教育出版から見た大日本印刷大日本印刷

    教育出版株式会社(きょういくしゅっぱん)は、東京都千代田区に所在する大日本印刷グループの出版社である。小学校・中学校・高等学校の教科書や副読本の出版を主な事業とする。なお、同じ千代田区に所在するビジネス教育出版社や、岡山県岡山市に所在する大学教育出版とは一切関係ない。教育出版 フレッシュアイペディアより)

  • 丸ゴシック体

    丸ゴシック体から見た秀英舎大日本印刷

    丸ゴシック体 - 秀英舎、青山進行堂など丸ゴシック体 フレッシュアイペディアより)

  • 緑ケ原 (つくば市)

    緑ケ原 (つくば市)から見た大日本印刷大日本印刷

    地域内は日立建機、住友林業、大日本印刷をはじめ、工業用洗剤、コンベアー、パン、菓子、水処理装置、プラスチックなどを製造する工場が立ち並び、全域が工業団地となっている。緑ケ原 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

264件中 101 - 110件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード