206件中 21 - 30件表示
  • 満点様

    満点様から見た大日本印刷大日本印刷

    インターネット学科学習システム満点様(インターネットがっかがくしゅうシステムまんてんさま)は、運転免許取得者用のIT教材。インターネットを本格的に活用した初めての学科試験対策eラーニングシステムで、自動車教習所内での学習はもちろん、同じ問題が校外(自宅や大学、職場、インターネットカフェなど)のインターネット環境のある場所ならどこででも練習問題ができる。開発元は、中部日本自動車学校と大日本印刷。その後同形態の学習システムが他社より発売されている。満点様 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷株式会社

    大日本印刷株式会社から見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • DNP

    DNPから見た大日本印刷大日本印刷

    DNP フレッシュアイペディアより)

  • J.O.スタヂオ

    J.O.スタヂオから見た大日本印刷大日本印刷

    同年、J.O.スタヂオ、P.C.L映画製作所、東宝映画配給、写真化学研究所の4社が合併、東宝映画株式会社が設立される。J.O.スタヂオは「東宝映画京都撮影所」、P.C.Lが同東京撮影所(現東宝スタジオ)となった。当初は東京が現代劇、京都が時代劇という分担だったが、東京の施設を拡充、時代劇も東京が製作するようになり、京都は東京の補助となる。やがて、1941年(昭和16年)に閉鎖された。跡地は大日本印刷 京都工場となっている。J.O.スタヂオ フレッシュアイペディアより)

  • 呉大学短期大学部

    呉大学短期大学部から見た大日本印刷大日本印刷

    全学科を含めて、一般企業への就職者が多いものとなっていた。鹿島建設・五洋建設・アヲハタ・オタフクソース・淀川製鋼所・王子製紙・帝人・リョービ・日本電気・日立製作所・三菱電機・マツダ・石川島播磨重工業・タカラスタンダード・広島ガス・福山通運・大日本印刷・花王 ・内田洋行・天満屋・ジャスコ・資生堂・そごう・広島銀行・山口銀行・呉信用金庫・伊予銀行・日興コーディアル証券・アイフルなどがある。呉大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪短期大学

    大阪短期大学から見た大日本印刷大日本印刷

    経営情報専攻:一般企業への就職者が多かった。実績の一例として東急建設・りそな銀行・伊藤忠食品・因幡電機産業・大阪トヨペット・オムロン・オンワード樫山・関西電力・川本産業・紀伊國屋書店・近鉄百貨店・シャープ・セコム・そごう・大日本印刷・中央出版・東急建設・日清食品・日本ハム・阪急百貨店・不二サッシ・マックスファクター・ユニチカなどがある。大阪短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 木村佳史

    木村佳史から見た大日本印刷大日本印刷

    大学卒業後は、大日本印刷に就職、営業マンに。サラリーマン時代に起こった漫才ブームに影響を受け、大阪シナリオ学校に入学。漫才作家をめざし、入社3年目に大日本印刷を退社。食えない漫才作家に。読売テレビの笑の会に参加。当時、宮川大助・花子の台本を多く書く。作家になって初めてのギャラを宮川大助・花子よりもらう。木村佳史 フレッシュアイペディアより)

  • 北島元治

    北島元治から見た北島織衛大日本印刷

    北島織衛 - 大日本印刷の前社長(長男は北島義俊)北島元治 フレッシュアイペディアより)

  • 北島元治

    北島元治から見た大日本印刷大日本印刷

    北島元治 (きたじまもとはる、1966年1月28日 - )は大日本印刷の常務取締役。大日本印刷社長北島義俊の息子。北島元治 フレッシュアイペディアより)

  • 府川充男

    府川充男から見た大日本印刷大日本印刷

    印刷史にとどまらず、出版史、洋学史、新聞史、教科書史、日欧交渉史、和訳聖書史、明治期国語国字改良論争史、国語書記法史、ヨーロッパ東洋学史、プロテスタント伝道史などにわたる研究成果とほとんどが新出の版面図録4000点ほどは、図書館を出て2年ほどで「字体」「書体」「仮名」という文字論の形式を取った全3篇に成稿された。1994年には大日本印刷のCTSのラインで初校ゲラが出ており、1995年中の刊行が目指されていたものの(B5判400ページある最初の単著『組版原論』はいわばその販促パンフレットとして2ヶ月ほどで速成された)、最初の版元リブロポートの社長交代、二番目の版元・第三文明社との民事訴訟などのトラブルが続き、結局、豊島正之東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授(当時)の教示にしたがい、行政法人日本学術振興会の出版助成金を得て、2005年、三省堂から『聚珍録 図説=近世・近代〈文字-印刷〉文化史』として上梓された。B5判全三千数百ページ、全部で約8.5キログラムという大冊である。府川充男 フレッシュアイペディアより)

206件中 21 - 30件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード