206件中 51 - 60件表示
  • 吉田正 (写真家)

    吉田正 (写真家)から見た大日本印刷大日本印刷

    山口県立山口高等学校卒。大阪芸術大学写真学科卒業後、大日本印刷(株)CDC(クリエイティブ・デザイン・センター)写真部に入社、コマーシャルフォトグラファーとして10年勤務の後に独立する。学生時代にアメリカ南部(セントルイス、ニューオーリンズなど)を撮影したモノクロの心象風景が彼の写真作品の原点となり、国内外の日常的なシーンを題材に静謐で情緒的な世界を展開し、スタイリッシュなモノトーンの作品として評されている。また、詩人の中原中也とは縁戚関係にあり、詩と写真のコラボレーション作品も発表している。吉田正 (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋広

    高橋広から見た大日本印刷大日本印刷

    岩手県立黒沢尻工業高等学校卒業後、大日本印刷に入社。1975年に退社後、ちばあきおのアシスタントとなる。1978年、『すぎ鉄砲』で第17回手塚賞佳作を受賞し、1980年に『トライ!』でデビューする。高橋広 フレッシュアイペディアより)

  • 印刷雑誌

    印刷雑誌から見た大日本印刷大日本印刷

    1891年2月、印刷技術の研究と啓蒙を目的として初代『印刷雑誌』が創刊された。発行元は秀英舎(後の大日本印刷)の創業者である佐久間貞一が興した印刷雑誌社。発行人は小林新兵衛。海外の最新印刷技術、3色版印刷などを口絵付きでいち早く紹介(1899年1月)するなど、明治期らしい、かなりハイカラな雑誌だった。印刷雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • 印刷雑誌

    印刷雑誌から見た秀英舎大日本印刷

    1891年2月、印刷技術の研究と啓蒙を目的として初代『印刷雑誌』が創刊された。発行元は秀英舎(後の大日本印刷)の創業者である佐久間貞一が興した印刷雑誌社。発行人は小林新兵衛。海外の最新印刷技術、3色版印刷などを口絵付きでいち早く紹介(1899年1月)するなど、明治期らしい、かなりハイカラな雑誌だった。印刷雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • ギーゼッケ アンド デブリエント

    ギーゼッケ アンド デブリエントから見た大日本印刷大日本印刷

    日本法人である、ギーゼッケ アンド デブリエント株式会社は、日立製作所のグループ会社・日立ハイテクノロジーズとの合弁会社となっている。また、同社はソフトバンクモバイルのプリモバイルで利用するプリペイドUSIMカードの製造元となっている(端子仕様は、独自仕様のものとDNPからのOEMのものとが存在する)。ギーゼッケ アンド デブリエント フレッシュアイペディアより)

  • スナップショット・エステティック

    スナップショット・エステティックから見た大日本印刷大日本印刷

    スナップショット・エステティック - 現代美術用語辞典 (大日本印刷スナップショット・エステティック フレッシュアイペディアより)

  • ボール紙

    ボール紙から見た大日本印刷大日本印刷

    日本においては明治時代初期まで板紙の国内生産がなされておらず、輸入に頼らざるをえない状況であったが、佐久間貞一(秀英社(大日本印刷の前身)の創立者)が明治9年に国産板紙の製造に成功し、明治21年にはその量産化に成功した。ボール紙 フレッシュアイペディアより)

  • 納戸町

    納戸町から見た大日本印刷大日本印刷

    新宿区の東部に位置する。町域北東部は、中町・南町に接する。南東部は、払方町・市谷鷹匠町に接する。南部は市谷左内町に接する。西部は二十騎町・市谷加賀町に接する。北西部は、南山伏町・細工町にそれぞれ接する。(地名はいずれも新宿区)町域内を牛込中央通りが通っている。主として住宅地として利用され、マンションなども多い。町域南部では、大日本印刷の関連施設も見られる。納戸町 フレッシュアイペディアより)

  • 榎町 (新宿区)

    榎町 (新宿区)から見た大日本印刷大日本印刷

    町域内は住宅地のほか、済松寺と大日本印刷榎町工場とをはじめ、寺院や印刷関連の企業が見られる。済松寺は、三代将軍・徳川家光が祖心尼のために建立した由緒ある寺として知られている。榎町 (新宿区) フレッシュアイペディアより)

  • 市谷鷹匠町

    市谷鷹匠町から見た大日本印刷大日本印刷

    かっては立派な門構えの邸宅も見られたが1990年代に入ると急速に拡張を重ねる大日本印刷の関連施設へと姿を変えていった。市谷鷹匠町 フレッシュアイペディアより)

206件中 51 - 60件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード