206件中 61 - 70件表示
  • GLOBALFOUNDRIES

    GLOBALFOUNDRIESから見た大日本印刷大日本印刷

    集積回路の製造で使われるフォトマスクは、大日本印刷(DNP)、凸版印刷、HOYAの半導体フォトマスク製品を用いている。GLOBALFOUNDRIES フレッシュアイペディアより)

  • MULTOS

    MULTOSから見た大日本印刷大日本印刷

    その後、1998年にはMULTOSに関する技術の仕様規定や開発を行うために英国マスターカード社やKeycorp社等、10数社が出資し、MULTOSコンソーシアムとMAOSCO社を組織した。現在も継続してMULTOSのライセンス管理や組織運営を行っており、これには世界最大手のカードメーカージェムアルト(Gemalto)社をはじめ、大日本印刷、日立製作所など多数のICカード関係者が参加している。MULTOS フレッシュアイペディアより)

  • 京都府道201号中山稲荷線

    京都府道201号中山稲荷線から見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷 電子デバイス事業部京都工場京都府道201号中山稲荷線 フレッシュアイペディアより)

  • 市谷左内町

    市谷左内町から見た大日本印刷大日本印刷

    1990年代半ばに差し掛かる頃より業務の拡充を図る大日本印刷の関連施設が従来の住宅地域に侵食するようになっていった。市谷左内町 フレッシュアイペディアより)

  • イワタ

    イワタから見た大日本印刷大日本印刷

    1920年に岩田百蔵により蒲田に創設された岩田母型製造所が起源で、最初は築地活版や秀英舎の活字母型のセカンドソースであったが、1950年代にベントン母型父型彫刻機を導入するころから自社書体を開発しはじめ、多くの印刷所に採用せられて9ptなどの小型活字の用に充てられた。主力製品である明朝体は、大日本印刷の小ポイント活字が原点で、かなには二系統ある。新聞書体は1941年の開発になり、北海道新聞などで採用されている。金属活字のほかにも、明朝体やゴシック体が写研やモリサワより、教科書体がリョービより写植書体として販売され、電子書体では、明朝体及びゴシック体がハイデルベルグPMT(後にハイデルベルグ・ジャパン)より、教科書体がリョービより、岩田保有の多くの書体が1969年に設立したイワタエンジニアリングより発売された。2001年岩田母型製造所とイワタエンジニアリングとを統合し、イワタとなる。イワタ フレッシュアイペディアより)

  • TAC (予備校)

    TAC (予備校)から見た大日本印刷大日本印刷

    2009年9月1日に、競業の早稲田セミナー運営事業について、大日本印刷の子会社である株式会社早稲田経営出版より事業譲受をし、引き継いでいる(詳しくは、早稲田セミナーを参照)。TAC (予備校) フレッシュアイペディアより)

  • 山田哲也 (写真家)

    山田哲也 (写真家)から見た大日本印刷大日本印刷

    グラフィックデザイナーとして大日本印刷に入社。山田哲也 (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • タウンマーケット

    タウンマーケットから見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷 チラシ検索サービス『オリコミーオ!』を展開している。タウンマーケット フレッシュアイペディアより)

  • DNPフォトルシオ

    DNPフォトルシオから見た大日本印刷大日本印刷

    株式会社DNPフォトルシオは、東京都中野区に本社を置くDNP大日本印刷の写真関連事業の子会社である。DNPフォトルシオ フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽南

    赤羽南から見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷赤羽工場 - 神谷二丁目にまたがる。旧大日本梱包工場赤羽南 フレッシュアイペディアより)

206件中 61 - 70件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード