206件中 71 - 80件表示
  • 北島義俊

    北島義俊から見た大日本印刷大日本印刷

    北島義俊 (きたじまよしとし、1933年8月25日 -)は大日本印刷の社長。前社長の北島織衛の長男。妻は住友元夫の長女・喜代子。息子は北島義斉(大日本印刷の副社長)、北島元治(大日本印刷の常務取締役)。北島義俊 フレッシュアイペディアより)

  • プライバシーマーク

    プライバシーマークから見た大日本印刷大日本印刷

    中でも、大日本印刷が864万件以上という過去最大(2007年3月時点)の個人情報流出事故を起こしているが、JIPDECは認定取り消しの次に重い処分である「改善要請」を出し、認定を取り消すことがなかった。JIPDECは認定を取り消すよりも、制度の枠内で適切な再発防止策を講じさせるほうが有効であると結論付けているが、Pマーク自体の信頼性にもかかわる事件であり、認定を取り消すべきであると言う批判が相次く事態となった(ただし、当時の制度は、個人情報漏洩だけでは取消処分にはできないものであった)。なお、大日本印刷は当時JIPDECの賛助会員の一員であった(2010年11月現在も継続中)。プライバシーマーク フレッシュアイペディアより)

  • 井桁貞義

    井桁貞義から見た大日本印刷大日本印刷

    マルチメディアは文学を変えるか(1996年2月、大日本印刷井桁貞義 フレッシュアイペディアより)

  • 東宝映画

    東宝映画から見た大日本印刷大日本印刷

    東宝映画京都撮影所 (旧J.O.スタヂオ、1937年 改称 - 1941年 閉鎖・売却、現DNPテクノパック関西)東宝映画 フレッシュアイペディアより)

  • 内定

    内定から見た大日本印刷大日本印刷

    内定すなわち始期付解約権留保付労働契約における解約権とは、雇う側による内定取り消しの権利であると解される。内定に関する重要事件の一つである大日本印刷事件に対し最高裁判所によって1979年(昭和54年)7月20日に発表された判決文において、「採用内定取消事由に基づく解約権を留保した労働契約が…」という表現が見られ、また同様に内定に関する重要事件の一つであるインフォミックス事件に対し東京地方裁判所によって1997年(平成9年)10月31日によって発表された判決文において「留保解約権の行使(採用内定取消)」という表現が見られる。内定 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊アンジー

    週刊アンジーから見た大日本印刷大日本印刷

    週刊ANGIE(アンジー)は、携帯電話向けの週刊少女漫画雑誌。フェアベルが制作・発行し、大日本印刷が配信している。週刊アンジー フレッシュアイペディアより)

  • 武山政直

    武山政直から見た大日本印刷株式会社大日本印刷

    『RYOMA the Secret Story』は、2009年4月から実施された、非個人により日本国内で制作・実施された最初の欧米スタイルの典型的なARGである。慶應義塾大学経済学部 武山政直研究室、アサツー ディ・ケイ、メディアファクトリー、大日本印刷株式会社、オフィス新大陸、アルフレッドコア、エリアワークス株式会社が産学連携で設立した「ユビキタスエンターテインメント手法による事業創造コンソーシアム」による、ARGの有効性を検証することを目的とした、共同ビジネストライアルであった。武山政直 フレッシュアイペディアより)

  • 代替現実ゲーム

    代替現実ゲームから見た大日本印刷株式会社大日本印刷

    『RYOMA the Secret Story』は、2009年4月から実施された、非個人により日本国内で制作・実施された最初の欧米スタイルの典型的なARGである。慶應義塾大学経済学部 武山政直研究室、アサツー ディ・ケイ、メディアファクトリー、大日本印刷株式会社、オフィス新大陸、アルフレッドコア、エリアワークス株式会社が産学連携で設立した「ユビキタスエンターテインメント手法による事業創造コンソーシアム」による、ARGの有効性を検証することを目的とした、共同ビジネストライアルであった。代替現実ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 中村融 (SF)

    中村融 (SF)から見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷に2年間の勤務後、退社し翻訳学校に通い、翻訳家に。中村融 (SF) フレッシュアイペディアより)

  • ワンロマ

    ワンロマから見た大日本印刷大日本印刷

    国際興業バスには「特送車」と称される、貸切兼用車が在籍する。一般路線車の改造によるものが主体で、車内はシートベルト付二人掛けが主体となっている。ただし、優先席部分はロングシートのままで、前向シートもハイバックではない。車外はバックアイカメラの取付以外に変化はない。また特送車の中でも特異なものとして、淡路交通から移籍した車両がある。この車両は塗装こそ国際興業のものに改められたが、車内は淡路交通時代のままの二人掛けシートが並び、同社で運賃表示に使用されていたテレビも残される(現在テレビは映らない模様)など、内装にはほとんど手が加えられておらず、運賃箱も設置されていない。この特送専用車は数十台あり、6500番台の番号を与えられて池袋駅?椿山荘シャトルバス・通勤バス(蕨駅?大日本印刷蕨工場など)・Jリーグの観客輸送(浦和レッズ・大宮アルディージャ)・公営競技の観客輸送(川口オート・大宮競輪・戸田競艇)等で使用され、2011年に岩手県交通・秋北バスに移籍している。また、これに先立って2003年3月にも淡路交通から飯能営業所に1台が移籍している。同車は8501の車番を与えられ、当初運賃箱・運賃表示機を装備して一般路線で運用されていたが、その後これらの機材を撤去してスクールバスに転用され、2009年に秋北バスへ移籍した。ワンロマ フレッシュアイペディアより)

206件中 71 - 80件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード