264件中 71 - 80件表示
  • 木版印刷

    木版印刷から見た大日本印刷大日本印刷

    明治初期が木版印刷から活版印刷への移行期である。『学問のすゝめ』や『西国立志編』など当時のベストセラーも木版印刷・和装の本であった。1877年 (明治10年) 、秀英舎 (のちの大日本印刷) が刊行した『改正西国立志編』が活版印刷・洋装本を広めるきっかけになった。木版印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 早期アルツハイマー型痴呆診断支援システム

    早期アルツハイマー型痴呆診断支援システムから見た大日本印刷大日本印刷

    早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(そうきアルツハイマーがたにんちしょうしんだんしえんシステム、Voxel-based Specific Regional analysis system for Alzheimer's Disease, VSRAD, ブイエスラッド)とは、埼玉医科大学病院核医学診療科松田博史の総監修の下、大日本印刷ならびにエーザイが共同開発した、早期アルツハイマー病診断支援システム。アルツハイマー病診断の経験値に基づく客観的判断を目指したもの。早期アルツハイマー型痴呆診断支援システム フレッシュアイペディアより)

  • マミヤ・デジタル・イメージング

    マミヤ・デジタル・イメージングから見た大日本印刷大日本印刷

    2011年4月、マミヤ・デジタル・イメージング株式会社は、フェーズワン社、リーフ社(Leaf Medium Format Photography)との3社提携製品であるマミヤ645DFカメラ、DMデジタルバック、AFレンズ群の日本国内販売業務・サポートの提供・広告宣伝を含むマーケティング活動等を全てフェーズワン社へ移管した。この移管により国内販売、サポート、広告宣伝を含むマーケティングをデンマークのPhaseOne社の日本総代理店である株式会社DNPフォトイメージングジャパン(DNP大日本印刷の写真関連事業の子会社)が引き継ぐ。マミヤ・デジタル・イメージング株式会社は、開発と製造のみを行う。マミヤ・デジタル・イメージング フレッシュアイペディアより)

  • SH-07C

    SH-07Cから見た大日本印刷大日本印刷

    電子書籍においてはフォーマットがXMDF、.book、BookSurfing、コミック用フォーマットに対応し、日本独自の雑誌やマンガ、新聞の閲覧などができる次世代XMDFにも対応している。電子書籍のコンテンツ提供は大きく2つに対応している。1つはNTTドコモと大日本印刷が提携し立ち上げた2Dfacto(トゥ・ディファクト)が提供する電子書籍サービス。もうひとつはシャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブが提供している、電子書籍サービスであるTSUTAYA GALAPAGOSに対応している。書籍の立ち読みができるほか、新聞や雑誌の定期配信サービスや、お勧め配信サービスといった定期的な自動配信サービスなども行うことができる。さらにTSUTAYA GALAPAGOSでは、レイアウトを変えず文字だけ拡大機能、マーカー機能、書籍の文字を辞書検索する機能などを備えるほか、パソコンで購読中のしおりの同期なども可能となる。2Dfactoのサービスでは電子書籍の購入閲覧だけでなく、bk1、丸善、ジュンク堂、文教堂といった大日本印刷系列の書店等からオンラインで、紙の書籍の購入も行うことができる。SH-07C フレッシュアイペディアより)

  • 多重派遣

    多重派遣から見た大日本印刷大日本印刷

    大日本印刷 (DNP) の子会社DNPファインエレクトロニクスで働いていた46歳の男性が、さいたま地検に刑事告訴をした事件。多重派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知工科大学自動車短期大学

    愛知工科大学自動車短期大学から見た大日本印刷大日本印刷

    電子工学科:一般企業における技術職に就く人が大半となっていた。実績としてアイシン精機・富士ゼロックス愛知東・リコー中部・オリンパス・カシオ計算機・三洋電機・ソニー・大日本印刷・中部電力・千代田電子工業・東芝エンジニアリング・東海電工・ソルダーコート・長野電子工業・日本空調サービス・パナソニック電工・三菱電機・明電舎などがあげられる。愛知工科大学自動車短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 色素増感太陽電池

    色素増感太陽電池から見た大日本印刷大日本印刷

    愛知万博での展示、2008年のソーラーカーレースで色素増感太陽電池ベース車が完走するなど、実用に向けての開発が盛んに行われている。また、トヨタの夢の住宅PAPIでは外壁に常設されているものを見ることができる。企業ではフジクラ、アイシン、ソニー、パナソニック電工、シャープ、太陽誘電、大日本印刷、NEC、ジオマテック、藤森工業、ペクセルテクノロジーズなどが多くの研究成果を発表している。海外では豪Dyesol社が商業生産に向け設計開発、設備建設を進めており、色素増感太陽電池による太陽光発電所を計画している国もある。色素増感太陽電池 フレッシュアイペディアより)

  • J.O.スタヂオ

    J.O.スタヂオから見た大日本印刷大日本印刷

    1941年(昭和16年)に閉鎖。跡地は大日本印刷 京都工場となっている。J.O.スタヂオ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ミニョーラ

    マイク・ミニョーラから見た大日本印刷大日本印刷

    別冊・本とコンピュータ (6):アメリカンコミックス最前線(小野耕世・小田切博:編、大日本印刷 ICC本部、2003年4月)マイク・ミニョーラ フレッシュアイペディアより)

  • 荒川橋梁 (川越線)

    荒川橋梁 (川越線)から見た大日本印刷大日本印刷

    当橋梁は省鉄川越線の建設工事に伴って架けられたものである。川越線は1936年(昭和11年)度に建設工事が着手され、、翌年の7月支那事変勃発後も予算が削減され、新線の工事の凍結が相次ぐ中、軍事的な重要性の他、完成間近だったこともあって工事が継続された。なお、南古谷周辺の福岡村(現、ふじみ野市)には、現在の大日本印刷や新日本無線の場所に、大日本帝国陸軍の火工廠(弾薬工場)の施設があった他、高麗川村(現、日高市)には武蔵高萩駅の近傍に旧陸軍高萩飛行場が存在した。橋梁建設に当たっては、1934年(昭和9年)7月14日から1937年(昭和12年)9月7日までにわたって現地での地質調査が3回行われ、第1回および第3回は鉄道省直轄で59日間および30日間、第2回はヤマト工作所の請負において50日間実施された。橋梁の設計はD51形クラスの蒸気機関車の通過を考慮された。橋梁の工事の際は、架橋に必要な材料を運搬するために橋梁に平行するように長さ1620メートル、軌間0.76メートルの軽便線(トロッコ)が敷設されていた。橋梁は1938年(昭和13年)6月に竣工し、1940年(昭和15年)7月22日の川越線の開通に合わせて供用が開始された。荒川橋梁 (川越線) フレッシュアイペディアより)

264件中 71 - 80件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード