130件中 21 - 30件表示
  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たコニカミノルタ

    コニカミノルタからフィルム事業を譲受、「センチュリア」ブランドを継承した(2009年(平成21年)製造終了済)。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た北島義俊

    2010年(平成22年)3月期の有価証券報告書で、在職30年社長の北島義俊の2010年(平成22年)3月期の報酬が7億8700万円だったと明らかになった。同社長は、前社長の北島織衛の長男。この報酬はこれまで明らかになった中では、日本人最高額である。報酬の内訳は、大日本印刷からの基本報酬が7億1000万円で大半を占めた。2010年(平成22年)3月期決算は、最終利益は232億円と、直近ピークの2006年(平成18年)3月期の3分の1程度の水準にとどまっているものの、前2009年(平成21年)3月期の最終赤字からは大幅に回復してはいる。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た教科書

    情報コミュニケーション部門 - 教科書、一般書籍、週刊・月刊・季刊等の雑誌類、広告宣伝物、有価証券類、事務用帳票類、カード類、事務用機器及びシステム、店舗及び広告宣伝媒体の企画、設計、施工、監理、教育・出版流通事業など大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た図書館流通センター

    2007年(平成19年) - 図書館流通センターと業務提携・資本提携大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た東京証券取引所

    大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、、略称DNP)は、世界最大規模の総合印刷会社。東京証券取引所一部上場。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たジュンク堂書店

    2009年(平成21年)3月 - ジュンク堂書店の株式を取得し連結子会社化大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た2Dfacto

    2010年(平成22年)11月、CHIグループと共同で国内最大級のハイブリッド型総合書店hontoを開設した。コミックから文芸・ノンフィクション、ビジネス書など、数多くのジャンルの本を取り揃え、PC・iPhone(iPod touch含む)・iPad・ドコモスマートフォン・ドコモのブックリーダーに対応している。一般書籍向けに提供する電子書籍閲覧用ソフトhonto BOOKは、電子書籍の標準的なフォーマットへの対応に加え、画像系電子書籍に対応する大日本印刷独自の「Image Viewer」を内蔵。コミックについては専用の閲覧用ソフトhonto COMICを利用する。hontoは、2011年(平成23年)1月よりエヌ・ティ・ティ・ドコモとの共同出資会社2Dfactoで運営している。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た高田早苗

    日清印刷は東京専門学校(後の早稲田大学)の印刷所として創立した。しかし、一般の印刷も引き受けるようになり、1907年(明治40年)に会社組織をつくり、工場も設置したのである。創立に関わったのは高田早苗らであった。1913年(大正2年)のオフセット印刷など、積極的な技術開発も試みた。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た佐久間貞一

    秀英舎は佐久間貞一を中心に宏仏海、大内青巒、保田久成が共同出資して、活版での印刷会社として東京京橋の弥左衛門町に創立した。社名の名付け親は勝海舟で、「英国よりもすぐれた技術を身につけよ」との思いから命名された。佐久間が大教院の教会新聞発行を引継ぎ、その印刷のために活版所を買い取ったのが由来である。秀英舎は主に新聞印刷や、中村正直の「西国立志編」の活版による再版などに代表する書物の印刷会社として発展した。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た北島元治

    北島元治 - 大日本印刷の常務取締役(北島義俊の息子)大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

130件中 21 - 30件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード