130件中 61 - 70件表示
  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たhonto

    2010年(平成22年)11月、CHIグループと共同で国内最大級のハイブリッド型総合書店hontoを開設した。コミックから文芸・ノンフィクション、ビジネス書など、数多くのジャンルの本を取り揃え、PC・iPhone(iPod touch含む)・iPad・ドコモスマートフォン・ドコモのブックリーダーに対応している。一般書籍向けに提供する電子書籍閲覧用ソフトhonto BOOKは、電子書籍の標準的なフォーマットへの対応に加え、画像系電子書籍に対応する大日本印刷独自の「Image Viewer」を内蔵。コミックについては専用の閲覧用ソフトhonto COMICを利用する。hontoは、2011年(平成23年)1月よりエヌ・ティ・ティ・ドコモとの共同出資会社2Dfactoで運営している。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たバスケットボール

    大日本印刷イーグルス - かつて存在した男子バスケットボールチーム。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た千葉県

    研究開発センター (千葉県 柏市)大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たエレクトロニクス

    1876年(明治9年)の創業以来の印刷技術と情報技術を強みとして、1950年代より他分野進出を図り、建材分野へ進出したのに始まって、情報産業や生活産業のほか、ディスプレイや電子デバイスなどのエレクトロニクス分野にも進出し、世界トップシェアを獲得している製品もある。最近では、環境、エネルギー、ライフサイエンス分野にも事業を拡大している。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た倉庫

    DNPロジスティクス - 貨物運送・倉庫業、梱包・発送業務大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た国立印刷局

    その頃活字の供給は印刷局と築地活版のみが行っており、創立当初は活字を購入していたが、1881年(明治14年)、保田の創案のもと、字母(父型)を購入し活字の自家鋳造を開始、更に1882年(明治15年)、山下町に製文堂を設置、それを本格化させた。築地活版や印刷局の書体を受け継ぐ五号系統と、筆跡新しい初号系統の2書体はここで形成された。明治30年代半ばのことである。後に秀英体(秀英型とも。特に初号系統をいう)と呼ばれた書体群で、活版印刷減衰の後も、写植書体やディジタル・タイプとして覆刻され、また、大日本印刷の書体としてポイント制活字、ベントン母型を経ながらも使用され続けている。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た書籍

    情報コミュニケーション部門 - 教科書、一般書籍、週刊・月刊・季刊等の雑誌類、広告宣伝物、有価証券類、事務用帳票類、カード類、事務用機器及びシステム、店舗及び広告宣伝媒体の企画、設計、施工、監理、教育・出版流通事業など大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見たジェネリックトップレベルドメイン

    6月 - 日本の企業として初の企業名型gTLD「.dnp」の運用を開始。大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た清涼飲料

    清涼飲料部門 - 炭酸飲料、非炭酸飲料など大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本印刷

    大日本印刷から見た情報

    情報コミュニケーション部門 - 教科書、一般書籍、週刊・月刊・季刊等の雑誌類、広告宣伝物、有価証券類、事務用帳票類、カード類、事務用機器及びシステム、店舗及び広告宣伝媒体の企画、設計、施工、監理、教育・出版流通事業など大日本印刷 フレッシュアイペディアより)

130件中 61 - 70件表示

「大日本印刷」のニューストピックワード